仮想マシンをアップグレードするとき、必要なダウンタイムはゲスト OS と実行するアップグレードの種類によって異なります。

VMware Tools のアップグレード時に予測されるダウンタイムは、次のとおりです。

  • vCenter Server ではダウンタイムは必要ありません。

  • ESXi ホストではダウンタイムは必要ありません。

  • Windows ゲスト OS では、アップグレードを有効にするために、アップグレード手順の最後、またはそのあとで、仮想マシンを再起動する必要があります。VMware Tools のアップグレード後、および仮想マシン互換性のアップグレード後は、常に仮想マシンを再起動する必要があります。

  • Linux ゲスト OS では、仮想マシンを再起動して VMXNET、VMXNET3、および PVSCSI ドライバの新しいバージョンをロードする必要があります。手動でドライバを再ロードすることもできます。ドライバが Linux カーネルで構成されていることと、仮想ハードウェアが利用可能であることを確認するには、ナレッジ ベースの記事 http://kb.vmware.com/kb/2050364 を参照してください。カーネル バージョン 3.10 を使用する Linux ゲスト OS の場合、手動での再起動は不要です。

  • BSD、NetWare、Solaris、および Mac OS X ゲスト OS の場合には、手順の最後に再起動する必要はありません。

仮想マシンの互換性のアップグレード時には、すべてのゲスト OS で仮想マシンをシャットダウンする必要があります。

表 1. ゲスト OS ごとの仮想マシンのダウンタイム

ゲスト OS

VMware Tools のアップグレード

仮想マシンの互換性のアップグレード

Microsoft Windows

ゲスト OS を再起動するダウンタイム。

仮想マシンをシャットダウンしてパワーオンするダウンタイム。

Linux

ゲスト OS を再起動するダウンタイムがドライバをロードするのに必要。

仮想マシンをシャットダウンしてパワーオンするダウンタイム。

NetWare

ダウンタイム不要。

仮想マシンをシャットダウンしてパワーオンするダウンタイム。

Solaris

ダウンタイム不要。

仮想マシンをシャットダウンしてパワーオンするダウンタイム。

FreeBSD

ダウンタイム不要。

仮想マシンをシャットダウンしてパワーオンするダウンタイム。

Mac OS X

ダウンタイム不要。

仮想マシンをシャットダウンしてパワーオンするダウンタイム。