ESXi ホストから USB デバイスを仮想マシンに接続すると、このデバイス接続で自動接続機能が有効になります。仮想マシンからデバイス接続を削除しないかぎり、無効になりません。

自動接続が有効になっていると、次のような場合にデバイスは再接続されます。

  • 仮想マシンでパワーオフ/パワーオン、リセット、一時停止/レジュームなどの電力サイクル状態が切り替わる場合。

  • デバイスがホストから取り外されたあと、再び同じ USB ポートに戻された場合。

  • デバイスは電力サイクルで管理されているものの、物理接続パスに変更がない場合。

  • デバイスが使用中に ID を変更する場合。

  • 新しい仮想 USB デバイスが追加される場合。

USB パススルーの自動接続機能では、ホスト上のデバイスの USB パスを使用してデバイスを識別します。デバイスの ID ではなく、物理トポロジとポートの位置で識別します。自動接続機能ではデバイス ID によって接続対象を一致させていると想像していた場合、この特徴は混乱の原因になることがあります。

同じデバイスを別の USB ポートを使ってホストに戻すと、仮想マシンとの接続を再確立することはできません。ホストからデバイスを取り外し、別のデバイスを同じ USB パスに接続した場合、前のデバイス接続で有効になっていた自動接続機能により、その新しいデバイスが表示されて仮想マシンに接続されます。

自動接続は、使用中にデバイスが変わるような場合に便利です。たとえば iPhone のようなデバイスでは、ソフトウェアやファームウェアのアップグレードに伴い、デバイスの VID:PID が変わります。アップグレード中にデバイスが USB ポートから切断され、再接続されます。

USB ポートは速度が決まっています。自動接続機能では、デバイスが USB 1.1 (低速/フル スピード)と USB 2.0 (高速)間で遷移されることを想定していません。USB 2.0 高速デバイスを USB 1.1 のデバイスとは交換できません。たとえば、あるポートに USB 2.0 High Speed デバイスを接続したあと、そのデバイスを仮想マシンに接続しようとしているとします。そのデバイスをホストから抜き取り、USB 1.1 のデバイスを同じポートに差し込むと、このデバイスは仮想マシンに接続されません。

ESXi ホストから仮想マシンへのパススルーがサポートされている USB デバイスのリストについては、http://kb.vmware.com/kb/1021345 にある VMware のナレッジ ベースの記事を参照してください。