vSphere Web Client で、仮想マシンの設定を表示、または変更することができます。すべての仮想マシンで全オプションを使用できるわけではなく、オプションによってはデフォルトから変更する必要がほとんどないものもあります。

仮想マシンが実行されているホストおよびゲスト OS は、設定した構成をサポートしている必要があります。

仮想マシンの右ボタン メニューから 設定の編集 を選択して 仮想マシン オプション をクリックすると、次のオプションから 1 つ選択できます。

表 1. 仮想マシンのオプション

オプション

説明

一般オプション

仮想マシン名、仮想マシン構成ファイルの場所、および仮想マシンの作業場所。ゲスト OS のタイプとバージョンを表示および変更します。

VMware Remote Console オプション

同時接続のためのロック動作と設定

VMware Tools

電源制御動作、VMware Tools スクリプト、自動更新、ゲストとホスト間の時刻同期。

電力管理

仮想マシンのサスペンド動作と Wake on LAN。

起動オプション

仮想マシンの起動オプション。起動前遅延の追加、BIOS または EFI 設定画面の強制表示、再起動オプションの設定を行います。

詳細

仮想マシンの詳細オプション。次の表を参照してください。

ファイバ チャネル NPIV

仮想ノード、およびポートの World Wide Name (WWN)。

仮想マシンの右ボタン メニューから 設定の編集 を選択して 仮想マシン オプション をクリックし、続いて 詳細 をクリックすると、次のオプションから 1 つ選択できます。

表 2. 仮想マシンの詳細オプション

詳細オプション

説明

設定

アクセラレーション設定とログ設定を指定します。

デバッグと統計

収集されるデバッグ情報のレベルを指定します。

スワップ ファイルの場所

スワップ ファイルの場所を指定します。

構成パラメータ

構成パラメータを表示、修正、追加します。

待ち時間感度

待ち時間感度の値を設定します。