vApp のクローン作成は、仮想マシンのクローン作成と似ています。vApp のクローン作成をする場合は、vApp 内のすべての仮想マシンと vApp のクローン作成をします。

前提条件

vApp のクローン作成をする場合は、フォルダ、スタンドアロン ホスト、リソース プール、DRS が有効なクラスタ、または他の vApp にそのクローンを追加できます。

データセンターで次のオブジェクトのいずれかが使用できることを確認します。

  • ESX 3.0 以降を実行するスタンドアロン ホスト。

  • DRS が有効なクラスタが選択されている。

手順

  1. DRS が有効になっているクラスタに移動し、新規 vApp を作成します アイコン(vApp のクローン作成)をクリックします。
  2. 既存 vApp のクローン作成 を選択します。
  3. インベントリを展開し、クローン作成をする既存の vApp を選択し、次へ をクリックします。
  4. vApp を実行する有効なホスト、vApp、またはリソース プールを選択し、次へ をクリックします。
  5. vApp 名 テキスト ボックスに、vApp の名前を入力します。
  6. vApp をデプロイするデータセンターまたはフォルダを選択し、次へ をクリックします。
  7. 仮想ディスク フォーマットとターゲット データストアを選択し、次へ をクリックします。
  8. クローン作成された vApp 用のネットワークを選択し、次へ をクリックします。
  9. vApp 設定を確認し、終了 をクリックします。