USB デバイスが不要になったら、仮想マシンから取り外すことができます。USB デバイスを仮想マシンから取り外すと、デバイスは仮想マシンから解放されてクライアント コンピュータに戻され、そのデバイスを使用して起動されます。

前提条件

  • データ損失のリスクを最小限に抑えるには、オペレーティング システムのハードウェアを手順に従って安全にアンマウントまたは取り出してください。安全にハードウェアを取り外せば、蓄積されたデータはファイルに転送されます。Windows オペレーティング システムでは通常、システム トレイに「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンがあります。Linux オペレーティング システムでは umount コマンドを使用します。

    注:

    Linux やその他の UNIX オペレーティング システムでは、たとえば dd コマンドのあとに、umount コマンドの代わりにまたは追加で sync コマンドを使用する必要がある場合があります。

  • 必要な権限: 仮想マシン > 設定 > デバイスの追加または削除

手順

  1. ゲスト OS から USB デバイスをアンマウントまたは取り出します。
  2. 仮想マシンの サマリ タブで、USB デバイス エントリの右側にある切断アイコンをクリックします。
  3. ドロップダウン メニューから切断するデバイスを選択します。

    切断が進行中であることを示す 切断中 ラベルとスピナーが表示されます。デバイスが切断されると、少し経って サマリ タブが更新され、デバイスが仮想マシンの構成から削除されます。

タスクの結果

デバイスは、クライアント コンピュータに再接続します。また、ほかの仮想マシンに追加することもできます。たとえば、Windows エクスプローラは、デバイスを検出し、クライアント コンピュータでダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスは終了できます。