VMware では、仮想マシンで追加または構成可能なデバイス、リソース、プロファイル、および vService を用意しています。

仮想マシンのハードウェア

すべての仮想マシンで、すべてのハードウェア デバイスを利用できるわけではありません。仮想マシンが実行されているホストおよびゲスト OS は、追加するデバイスや、デバイスに対して行う構成をサポートしている必要があります。環境でのデバイスのサポートを確認するには、『VMware 互換性ガイド』 (http://www.vmware.com/resources/compatibility) または『ゲスト OS インストール ガイド』(http://partnerweb.vmware.com/GOSIG/home.html)を参照してください。

場合によっては、リソースまたはデバイスの使用に必要な vSphere ライセンスがホストにないことがあります。vSphere のライセンスは、ESXi ホスト、vCenter Server、およびソリューションに適用され、各製品の仕様に応じてさまざまな基準に基づきます。vSphere ライセンス管理の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』ドキュメントを参照してください。

PCI および SIO は、仮想マザーボードに含まれる仮想ハードウェア デバイスですが、構成または削除できません。

表 1. 仮想マシンのハードウェアと説明

ハードウェア デバイス

説明

CPU

ESXi ホスト上で実行される仮想マシンは、仮想プロセッサを 1 つ以上搭載するように構成できます。仮想マシンで構成できる仮想 CPU の数は、ホストに実装される論理 CPU の実際の数が上限となります。仮想マシンに割り当てられる CPU の数は変更可能です。また、CPU 識別マスクやハイパースレッド コア共有などの高度な CPU 機能を構成できます。

チップセット

マザーボードには、次のチップを基盤とした VMware 専用デバイスが使用されています。

  • Intel 440BX AGPset 82443BX Host Bridge/Controller

  • Intel 82371AB (PIIX4) PCI ISA IDE Xcelerator

  • National Semiconductor PC87338 ACPI 1.0 and PC98/99 Compliant SuperI/O

  • Intel 82093AA I/O Advanced Programmable Interrupt Controller

DVD/CD-ROM ドライブ

vSphere 仮想マシンを新規作成すると、デフォルトでインストールされます。クライアント デバイス、ホスト デバイス、またはデータストア ISO ファイルに接続するように DVD/CD-ROM デバイスを構成できます。DVD/CD-ROM デバイスは、追加、削除または構成できます。

フロッピー ドライブ

vSphere 仮想マシンを新規作成すると、デフォルトでインストールされます。ESXi ホスト上のフロッピー ドライブ、フロッピー イメージ(.flp)、またはローカル システムのフロッピー ドライブに接続できます。フロッピー デバイスは、追加、削除、または構成できます。

ハード ディスク

仮想マシンのオペレーティング システム、プログラム ファイル、および仮想マシンが行うアクティビティに関連するデータが格納されます。仮想ディスクは、サイズの大きな物理ファイルまたはファイルのセットであり、ほかのファイル同様、容易にコピー、移動、アーカイブ、バックアップできます。

IDE 0、IDE 1

デフォルトでは、2 つの IDE (Integrated Drive Electronics)インターフェイスが仮想マシンで利用できます。IDE インターフェイス(コントローラ)は、仮想マシンにストレージ デバイス(フロッピー ドライブ、ハード ドライブ、および CD-ROM ドライブ)を接続する際に標準的に使用されます。

キーボード

仮想マシン コンソールに最初に接続したときに、そのコンソールに接続されているキーボードをそのまま反映します。

メモリ

仮想ハードウェアのメモリ サイズでは、その仮想マシン内で実行されているアプリケーションで使用可能なメモリの容量を特定します。仮想マシンは、仮想ハードウェアのメモリ サイズとして構成されたメモリ リソース以上のメモリ リソースを利用できません。

ネットワーク アダプタ

ESXi のネットワーク機能では、同一ホスト上の仮想マシン間、異なるホスト上の仮想マシン間、ほかの仮想マシンおよび物理マシン間の通信が提供されます。仮想マシンを構成するときに、ネットワーク アダプタ(NIC)を追加し、アダプタ タイプを指定できます。

パラレル ポート

周辺機器を仮想マシンに接続するためのインターフェイスです。仮想パラレル ポートはファイルに接続できます。仮想パラレル ポートは、追加、削除、または構成できます。

PCI コントローラ

仮想マシンのマザーボード上のバスであり、ハード ディスクやその他のデバイスなどのコンポーネントとの間の通信に使用されます。仮想マシンで利用可能な PCI コントローラは 1 つです。このデバイスは構成または削除できません。

PCI デバイス

仮想マシンには、最大 16 個の PCI vSphere DirectPath デバイスを追加できます。これらのデバイスは、仮想マシンが実行されているホストの PCI パススルー用に予約されている必要があります。スナップショットは、DirectPath I/O パススルー デバイスではサポートされません。

ポインティング デバイス

仮想マシン コンソールに最初に接続したときに、そのコンソールに接続されているポインティング デバイスをそのまま反映します。

シリアルポート

周辺機器を仮想マシンに接続するためのインターフェイスです。仮想シリアル ポートは、物理シリアル ポートやホスト コンピュータ上のファイルに接続できるほか、ネットワーク経由での接続も行えます。また、2 台の仮想マシンを直接接続したり、仮想マシンとホスト コンピュータ上のアプリケーションを接続する際にも使用できます。仮想マシンは、最大 32 個のシリアル ポートを搭載するように構成できます。仮想シリアル ポートは、追加、削除、または構成できます。

SATA コントローラ

仮想ディスクと DVD/CD-ROM デバイスへのアクセスを提供します。SATA 仮想コントローラは、AHCI SATA コントローラとして仮想マシンに表示されます。

SCSI コントローラ

仮想ディスクへのアクセスを提供します。SCSI 仮想コントローラは、LSI Logic パラレル、LSI Logic SAS、および VMware 準仮想化など、さまざまなタイプのコントローラとして仮想マシンに認識されます。SCSI コントローラのタイプの変更、仮想マシンのバスの共有の割り当て、または準仮想化 SCSI コントローラの追加が可能です。

SCSI デバイス

仮想マシンでは、デフォルトで SCSI デバイス インターフェイスを使用できます。SCSI インターフェイスは、仮想マシンにストレージ デバイス(フロッピー ドライブ、ハード ドライブ、および DVD/CD-ROM)を接続する際に標準的に使用されます。SCSI デバイスは、追加、削除、または構成できます。

SIO コントローラ

シリアルおよびパラレル ポート、フロッピー デバイスを提供し、システム管理動作を実行します。仮想マシンで利用可能な SIO コントローラは 1 つです。このデバイスは構成または削除できません。

USB コントローラ

自分が管理している USB ポートに USB 機能を提供する USB ハードウェア チップです。仮想 USB コントローラとは、仮想マシン内の USB ホスト コントローラ機能をソフトウェア レベルで仮想化したものです。

USB デバイス

セキュリティ ドングルや大容量ストレージ デバイスなど、複数の USB デバイスを仮想マシンに追加することが可能です。USB デバイスは、ESXi ホストまたはクライアント コンピュータに接続できます。

VMCI

仮想マシン通信インターフェイス(VMCI)デバイスです。仮想マシンとハイパーバイザーの間に高速通信チャネルを提供します。VMCI デバイスは追加または削除できません。