コンテンツ ライブラリの設定は変更することができます。

このタスクについて

コンテンツ ライブラリの管理者は、vCenter Server インスタンスからローカル ライブラリを公開し、複数の vCenter Server システム間でそのコンテンツを共有することができます。[設定の編集] ダイアログ ボックスからライブラリの URL を取得し、他のユーザーが購読できるように送信することができます。ライブラリがすでに公開されている場合は、認証用のパスワードを変更することができます。ライブラリに登録されるユーザーは、公開ライブラリへのアクセスを維持するため、パスワードを更新する必要があります。

前提条件

必要な権限:コンテンツ ライブラリ > ライブラリの更新 および コンテンツ ライブラリ > ローカル ライブラリの更新(ライブラリが対象)

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、vCenter インベントリ リスト > コンテンツ ライブラリ を選択します。
  2. コンテンツ ライブラリを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  3. ライブラリの設定を編集します。

    コンテンツ ライブラリのタイプ

    アクション

    ローカルのコンテンツ ライブラリ

    ローカル ライブラリを公開して、そのコンテンツを他のユーザーと共有することができます。

    1. このライブラリの外部公開 チェック ボックスを選択します。

    2. ライブラリに対する認証用のパスワードを設定するかどうかを選択します。ライブラリがパスワード保護されている場合は、ライブラリの購読を希望するユーザーに URL とパスワードの両方を提供する必要があります。

    公開されるコンテンツ ライブラリ

    公開されるライブラリの次の設定は変更することができます。

    • ライブラリは、このライブラリの外部公開 を選択解除することによって公開解除することができます。このライブラリを現在購読しているユーザーは、ライブラリ コンテンツを使用できなくなります。

    • ライブラリの認証を有効または無効にしたり、認証用のパスワードを変更したりできます。

    • サブスクリプション URL をライブラリにコピーし、他のユーザーが購読できるように送信することができます。

  4. OK をクリックします。