ハードウェアやアプリケーションを新しく追加したり更新するためにテンプレートを再構成するには、テンプレートを仮想マシンに変換してから、もう一度テンプレートへ仮想マシンのクローンを作成する必要があります。テンプレートが必要なくなったら、テンプレートを仮想マシンに変換することもできます。

このタスクについて

仮想マシンの有効な親オブジェクトであるインベントリの任意のオブジェクトから、新規仮想マシン ウィザードを開始できます。または、テンプレートから直接ウィザードを開くことができます。ウィザードでは、仮想マシンとテンプレートを作成およびデプロイするためのさまざまなオプションを選択できます。

テンプレートからウィザードを開いた場合、[作成タイプの選択] ページは表示されません。

このタスクでは、テンプレートを仮想マシンに変換します。テンプレートに仮想マシンのクローンをもう一度作成するには、vSphere Web Client での、テンプレートへの仮想マシンのクローン作成 を参照してください。

手順

テンプレートを仮想マシンに変換する方法を選択します。

オプション

説明

インベントリの任意のオブジェクトから 新規仮想マシン ウィザードを開きます。

  1. 仮想マシンの有効な親オブジェクトである任意のインベントリ オブジェクト(データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホストなど)を右クリックして、新規仮想マシン を選択します。

  2. テンプレートへの仮想マシンの変換 を選択し、次へ をクリックします。

    [リソースの選択] ページが開きます。

テンプレートから、テンプレートを仮想マシンに変換 ウィザードを開きます。

  1. テンプレートを検索または参照します。

  2. テンプレートを右クリックし、仮想マシンへの変換 を選択します。

    [リソースの選択] ページが開きます。