通常、仮想マシンには、オペレーティング システム、VMware Tools、仮想リソースおよびハードウェアがあり、物理コンピュータとほぼ同じ方法で管理します。

仮想マシンへのゲスト OS のインストール方法は、物理コンピュータにオペレーティング システムをインストールする方法と同じです。オペレーティング システムのベンダーから、インストール ファイルが格納された CD/DVD-ROM または ISO イメージを入手する必要があります。

VMware Tools は、仮想マシンのゲスト OS のパフォーマンスを強化し、仮想マシンの管理機能を向上させるための一連のユーティリティです。VMware Tools を使用すると、仮想マシン インターフェイスをより自由に制御できます。

vSphere Web Client では、互換性の設定を適用することで、それぞれの仮想マシンを互換性のある ESXi ホスト バージョン、クラスタ、またはデータセンターに割り当てます。互換性の設定では、仮想マシンを実行できる ESXi ホスト バージョンや、仮想マシンで使用できるハードウェア機能を設定できます。

仮想マシンのプロパティ エディタに一覧表示されたハードウェア デバイスが、仮想マシンの詳細を表しています。すべてのデバイスを構成できるわけではありません。一部のハードウェア デバイスは仮想マザーボードの一部であり、仮想マシンのプロパティ エディタの拡張デバイス リストに表示されますが、変更または削除することはできません。ハードウェア デバイスとその機能のリストについては、vSphere 仮想マシンで利用可能な仮想マシンのハードウェア を参照してください。

仮想マシンへのアクセスは、vSphere 管理者が制御します。