OVF は、製品およびプラットフォーム間での仮想アプライアンスの交換をサポートするためのファイル フォーマットです。OVA は同一のファイル パッケージを単一のファイルとして配布するための形式です。

OVF および OVA 形式には以下のメリットがあります。

  • OVF および OVA ファイルは圧縮されているので、より短い時間でダウンロードを行えます。

  • vSphere Web Client は OVF または OVA ファイルをインポートする前に検証し、インポート先のサーバと互換性があることを確認します。アプライアンスが選択したホストと互換性がない場合は、インポートできずにエラー メッセージが表示されます。

  • OVF および OVA では、多重階層アプリケーションや複数の仮想マシンをカプセル化できます。

OVF または OVA テンプレートをエクスポートすると、ほかのユーザーがインポート可能な仮想アプライアンスを作成できます。エクスポート機能を使用して、仮想アプライアンスとしてプリインストール ソフトウェアを配布したり、テンプレート仮想マシンをユーザーに配布したりできます。vCenter Server インベントリにアクセスできないユーザーに対し、OVF または OVA ファイルを利用できるようにすることができます。

OVF または OVA テンプレートをデプロイすることで、事前に設定された仮想マシンまたは vApp を vCenter Server または ESXi インベントリに追加できます。OVF または OVA テンプレートをデプロイすることは、テンプレートから仮想マシンをデプロイすることに似ています。ただし、OVF または OVA テンプレートの場合は、vSphere Web Client でアクセスできるすべてのローカル ファイル システム、またはリモート Web サーバからデプロイできます。ローカル ファイル システムには、ローカル ディスク (C: ドライブなど)、リムーバブル メディア (CD または USB キーチェーン ドライブなど)、および共有ネットワーク ドライブを含めることができます。