vCenter Solutions Manager には、ESX/ESXi ホスト上の関連するエージェントのデプロイおよび管理に使用される vSphere ESX Agent Manager エージェントが表示されます。

Solutions Manager を使用すると、ソリューションのエージェントが期待どおりに機能しているかどうかを追跡できます。未解決の問題は、ソリューションの ESX Agent Manager のステータスおよび問題のリストに反映されます。

ソリューションの状態が変わると、Solutions Manager によって ESX Agent Manager のサマリのステータスと状態が更新されます。管理者はこのステータスを使用して、目標状態に達しているかどうかを追跡します。

エージェントの健全性ステータスは、次の特定の色で示されます。

表 1. ESX Agent Manager の健全性ステータス

ステータス

説明

ESX Agent Manager を続行するには、ソリューションの介入が必要です。たとえば、計算リソース上で仮想マシン エージェントが手動でパワーオフされたあと、ESX Agent Manager がそのエージェントのパワーオンを試みないとします。ESX Agent Manager はこの動作をソリューションに報告し、ソリューションは管理者にそのエージェントをパワーオンするよう警告します。

黄色

ESX Agent Manager は目標状態に達するよう実行中です。目標状態は、有効、無効、またはアンインストールのいずれかです。たとえば、ソリューションが登録されると、ESX Agent Manager によってソリューション エージェントが指定されたすべての計算リソースにデプロイされるまで、そのステータスは黄色です。ESX Agent Manager が自身の健全性ステータスを黄色として報告する場合、ソリューションの介入は必要ありません。

ソリューションおよびそのすべてのエージェントが、適切な目標状態に達しています。