ライブラリ アイテムのコンテンツを更新またはダウンロードするには、コンテンツを同期します。

このタスクについて

購読済みライブラリの作成時に、必要なときにのみライブラリ コンテンツをダウンロードするオプションを選択した場合、関連付けられているストレージに、ライブラリ コンテンツのメタデータのみがダウンロードされます。アイテムを使用する場合、アイテムを同期して、そのコンテンツをローカル ストレージにダウンロードします。アイテムが必要なくなった場合、アイテムのコンテンツを削除して、ストレージ容量を解放できます。アイテムは購読済みライブラリに引き続き表示されますが、ストレージにはアイテムのメタデータしか残っていないため、ストレージ容量を使用しません。

前提条件

  • 必要な権限:ライブラリ アイテムのコンテンツ ライブラリ > ライブラリ アイテムの同期

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、vCenter インベントリ リスト > コンテンツ ライブラリ を選択します。
  2. リストから購読済みライブラリを選択します。
  3. 使用するアイテムを同期します。
    • テンプレート タブで、仮想マシン テンプレートまたは vApp テンプレートを右クリックし、アイテムの同期 を選択します。

    • その他のアイテム タブで、アイテムを右クリックし、アイテムの同期 を選択します。

タスクの結果

同期が完了すると、アイテムのコンテンツとメタデータが購読済みライブラリのバッキング ストレージにダウンロードされ、[ローカルに保存されたコンテンツ] 列のアイテムの値が [はい] に変わります。