クライアントまたはホスト上で物理ドライブを使用することも、ISO イメージを使用して CD/DVD ドライブを仮想マシンに追加することもできます。ゲスト OS と VMware Tools のインストールには、CD/DVD ドライブが必要です。

このタスクについて

次の条件があります。

  • ホスト上の USB CD/DVD ドライブでバッキングされる CD/DVD ドライブを追加する場合は、そのドライブを SCSI デバイスとして追加する必要があります。SCSI デバイスのホット アドおよびホット リムーブはサポートされていません。

  • 仮想マシンを移行する前に、ホスト上の物理 CD ドライブでバッキングされている CD ドライブを持つ仮想マシンを切断しておく必要があります。

  • ホストの CD-ROM デバイスには、エミューレーション モードでアクセスします。パススルー モードは、ローカル ホストの CD-ROM にアクセスする場合は機能しません。リモート CD に書き込んだり、リモート CD を焼いたりすることはパススルー モード アクセスの場合にのみ可能です。エミュレーション モードでは、ホストの CD-ROM デバイスからの CD-ROM の読み込みのみを実行できます。

前提条件

  • 仮想マシンがパワーオフしていることを確認します。

  • ISO イメージ ファイルがローカル データストアまたは共有データストア上で使用できない場合は、データストア ファイル ブラウザを使用してローカル システムからデータストアへ ISO イメージ ファイルをアップロードします。ゲスト OS の ISO イメージ インストール メディアのアップロード を参照してください。

  • 仮想マシン上で 仮想マシン > 設定 > デバイスの追加または削除 の権限があることを確認します。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 新しいデバイス ドロップダウン メニューから CD/DVD ドライブ を選択し、追加 をクリックします。

    新しいドライブが、仮想ハードウェア リストの下部に表示されます。

  3. 新しい CD/DVD ドライブ を展開し、デバイス タイプを選択します。

    オプション

    アクション

    クライアント デバイス

    1. vSphere Web Client にアクセスするシステム上の物理 DVD または CD デバイスに接続する CD/DVD デバイスを選択します。

    2. デバイス モード ドロップダウン メニューから、パススルー IDE を選択します。

    ホスト デバイス

    1. ホスト上の物理 DVD または CD デバイスに接続する CD/DVD デバイスを選択します。

    2. CD/DVD メディア ドロップダウン メニューから、接続するメディアを選択します。

    3. デバイス モード ドロップダウン メニューから、IDE のエミュレート を選択します。

    データストア ISO ファイル

    1. ホストからアクセス可能なデータストアに格納された ISO ファイルに接続する CD/DVD デバイスを選択します。

    2. 接続する ISO イメージ を含むファイルを参照し、OK をクリックします。

    コンテンツ ライブラリ ISO ファイル

    1. CD/DVD デバイスを選択し、コンテンツ ライブラリに格納されている ISO ファイルに接続します。

    2. 接続する ISO イメージを選択し、OK をクリックします。

    仮想マシンの サマリ タブの 仮想マシンのハードウェア パネルから、仮想マシンをパワーオンするときに接続するメディアを選択します。

  4. (オプション) : 仮想マシンがパワーオンされるときにデバイスを接続するには、パワーオン時に接続 を選択します。
  5. (オプション) : デフォルトのデバイス ノードを変更するには、仮想デバイス ノード ドロップダウン メニューから新しいモードを選択します。
  6. OK をクリックします。

次のタスク

仮想マシンをパワーオンにし、接続するメディアを選択し、ゲスト OS またはその他のアプリケーションをインストールします。