3D グラフィックを有効にすると、ハードウェアまたはソフトウェアのグラフィック レンダラを選択し、仮想マシンに割り当てられたグラフィック メモリを最適化できます。グラフィック要件が満たされるように、マルチモニタ構成で表示数を増やし、ビデオ カード設定を変更できます。

このタスクについて

デフォルトのビデオ RAM 合計は、デスクトップの最低解像度に適切な値に設定されています。より複雑な状況の場合は、デフォルトのメモリを変更できます。通常、3D アプリケーションでは 64MB から 512MB のビデオ メモリが必要です。

3D グラフィックが有効になっている仮想マシンに対しては、Fault Tolerance はサポートされていません。

前提条件

  • 仮想マシンがパワーオフされていることを確認します。

  • 仮想マシンが ESXi 5.0 以降との互換性があることを確認します。

  • Windows 8 ゲスト OS を実行している仮想マシンで 3D グラフィックを有効にするには、仮想マシンの互換性が ESXi 5.1 以降である必要があります。

  • ハードウェア 3D レンダラを使用するには、グラフィックス ハードウェアを使用できることを確認します。3D グラフィックスの構成を参照してください。

  • 仮想マシンの互換性を ESXi 5.1 以降から ESXi 5.5 以降に更新する場合、VMware Tools を再インストールして最新の SVGA 仮想グラフィック ドライバと Windows Display Driver Model ドライバを取得します。

  • 仮想マシン上で 仮想マシン > 設定 > デバイス設定の変更 の権限があることを確認します。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想ハードウェア タブで、ビデオ カード を展開します。
  3. ドロップダウン メニューから、ディスプレイのカスタム設定または自動設定を選択します。

    オプション

    説明

    設定の自動検出

    共通のビデオ設定をゲスト OS に適用します。

    カスタム設定の指定

    ディスプレイ数とビデオ メモリの総量を選択できます。

  4. ドロップダウン メニューからディスプレイの数を選択します。

    ディスプレイの数を設定して、ディスプレイ間で画面を拡張できます。

  5. 必要なビデオ メモリを入力します。
  6. (オプション) : ビデオ メモリ計算機 をクリックして、ゲスト OS がサポートする必要のあるディスプレイの最大数および解像度に基づいて必要なビデオ メモリを計算し、OK をクリックします。
  7. (オプション) : 3D サポートを有効化 をクリックします。

    このチェック ボックスは、VMware が 3D をサポートしているゲスト OS についてのみ有効です。

  8. (オプション) : 3D レンダラを選択します。

    オプション

    説明

    自動

    この仮想マシンに適切なオプション (ソフトウェアまたはハードウェア) を選択します。

    ソフトウェア

    3D の計算に通常の CPU 処理を使用します。

    ハードウェア

    より高速な 3D 計算のためのグラフィックス ハードウェア (GPU) が必要です。

    注:

    グラフィックス ハードウェアが使用できない場合、仮想マシンはパワーオンしません。

  9. OK をクリックします。

タスクの結果

この仮想マシンのグラフィックに十分なメモリ割り当てが設定されます。