ディスク容量が枯渇し、シン プロビジョニングしたディスクを拡張できない場合は、仮想マシンが起動できなくなります。シン プロビジョニング フォーマットで仮想ディスクを作成した場合は、それをシック プロビジョニング フォーマットに変換できます。

このタスクについて

シン プロビジョニング ディスクは、最初は小さく、初期処理に必要なストレージ容量のみを使用します。ディスクの変換後は、ディスクがその最大容量まで拡大し、ディスクの作成時にプロビジョニングされたデータストア容量全体を使用するようになります。

手順

  1. 仮想マシンを探します。
    1. データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホスト、または vApp を選択します。
    2. 仮想マシン タブ > 仮想マシン の順にクリックします。
  2. 仮想マシンをダブルクリックし、データストア タブをクリックします。

    仮想マシン ファイルを保存するデータストアが一覧表示されます。

  3. デーテストア リンクをクリックし、データストア管理パネルを開きます。
  4. 構成 タブをクリックし、ファイル をクリックします。
  5. 仮想マシン フォルダを開き、変換したい仮想ディスク ファイルを参照します。

    ファイルには .vmdk という拡張子が付いています。

  6. 仮想ディスク ファイルを右クリックし、拡張 を選択します。

タスクの結果

拡張された仮想ディスクは、最初にプロビジョニングされたデータストア容量全体を専有します。