vApp をパワーオンすると、そのすべての仮想マシンおよび子 vApp をパワーオンすることができます。仮想マシンは、起動順序の構成に従ってパワーオンされます。

このタスクについて

DRS クラスタで vApp を手動モードでパワーオンすると、仮想マシンの配置に関する DRS 推奨が生成されません。仮想マシンの初期配置について DRS が半自動または自動モードで実行されている場合と同様に、パワーオン操作が実行されます。これは、vMotion 推奨には影響を与えません。実行中の vApp 用に、仮想マシンの個別のパワーオンおよびパワーオフについての推奨も作成されます。

前提条件

必要な権限: vApp > パワーオン (vApp が対象)

手順

  1. パワー オンする vApp に移動します。
  2. vApp を右クリックし、パワーオン を選択します。

    vApp の仮想マシンの起動設定に遅延時間が設定されている場合、vApp は、設定された時間が経過してからその仮想マシンをパワーオンします。

タスクの結果

サマリ タブで、vApp が起動し使用可能になった時間が ステータス で示されます。