購読済みライブラリが、必要な場合にのみライブラリのコンテンツをダウンロードするオプションを選択して作成されている場合は、関連付けらているライブラリ ストレージに、そのライブラリ アイテムのメタデータのみが保存されています。たとえば、仮想マシン テンプレートを使用して仮想マシンをデプロイする場合は、アイテムを同期して、関連付けられているストレージに、コンテンツ全体をダウンロードする必要があります。テンプレートを使用してデプロイした後は、アイテムのコンテンツを削除して、ストレージ容量を解放できます。ライブラリに関連付けられたストレージにはテンプレートのメタデータが残っているため、テンプレートは購読済みライブラリでその後も認識されます。これは、vApp テンプレートと、購読済みライブラリに存在するその他のファイルについても同様です。

前提条件

必要な権限: コンテンツ ライブラリ > ライブラリ アイテムの消去

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、vCenter インベントリ リスト > コンテンツ ライブラリ を選択します。
  2. 購読済みライブラリを選択します。
  3. アイテムのコンテンツを削除します。
    • テンプレート タブから、ライブラリのテンプレートを右クリックし、アイテム コンテンツの削除 を選択します。

    • その他のアイテム タブから、テンプレートではないライブラリのファイルを右クリックし、アイテム コンテンツの削除 を選択します。

タスクの結果

アイテムのコンテンツが削除され、ストレージ容量が解放されます。アイテムのメタデータのみがストレージに残されます。