互換性レベルは、仮想マシンで使用できる仮想ハードウェアを設定します。仮想ハードウェアはホスト マシンで使用できる物理ハードウェアに対応しています。最新バージョンのホストに対して仮想マシンが互換性を持てるように、互換性をアップグレードできます。

このタスクについて

複数の仮想マシンのアップグレードをスケジュール設定するには、仮想マシンの互換性アップグレードのスケジュール設定を参照してください。

前提条件

  • 仮想マシンのバックアップまたはスナップショットを作成します。

  • VMware Tools の最新バージョンにアップグレードします。Microsoft Windows の仮想マシンでは、VMware Tools をアップグレードする前に互換性レベルをアップグレードすると、仮想マシンのネットワーク設定が失われる可能性があります。

  • VMFS-3、VMFS-5、NFS のデータストアの ESX/ESXi ホストで、すべての .vmdk ファイルを使用できることを確認します。

  • 仮想マシンが VMFS-3、VMFS-5、NFS のデータストアに格納されていることを確認します。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想ハードウェア タブで アップグレード を展開し、仮想マシンの互換性アップグレードのスケジュール設定 を選択します。
  3. ドロップダウン メニューから互換性を選択します。

    仮想マシンを次回に再起動するときに、仮想マシンの互換性がアップグレードされます。

  4. (オプション) : 定期的にスケジュール設定されたゲスト メンテナンスを行うときに互換性をアップグレードするには、ゲスト OS の正常なシャットダウン後にアップグレードのみを行う を選択します。

タスクの結果

仮想マシンの互換性がアップグレードされ、仮想マシンの [サマリ] タブに新しいバージョンが表示されます。