VMware Host Client リリース ノート

|

更新日:2016 年 11 月 15 日

VMware Host Client 1.8.0 | 2016 年 11 月 15 日 | 4454356

リリース ノートに追加または更新された内容をご確認ください。

リリース ノートの概要

本リリース ノートには、次のトピックが含まれています。

VMware Host Client の概要

VMware Host Client は HTML5 ベースのクライアントであり、単一の ESXi ホストに接続してそのホストを管理するために使用します。これは、仮想マシン、ネットワーク、ストレージなどのホスト リソースを管理する管理タスクを実行するために使用することができます。VMware Host Client は、vCenter Server や vSphere Web Client が使用できない場合に、個別の仮想マシンやホストのトラブルシューティングを行う場合にも役立ちます。

詳細については、vSphere 6.5 ドキュメント センターを参照してください。

VMware Host Client と vSphere Client のサポートの更新

vSphere 6.5 以降において、VMware Host Client は vSphere Client に代わってホスト ベースの管理をサポートする唯一のユーザー インターフェイスであり、vCenter Server や ESXi ホストを管理するためのインストール可能なクライアントです。

このリリースの新機能

ESXi 6.5 には、次の追加機能を実装する VMware Host Client のアップデート済みバージョンが含まれています。

  • ホストや仮想マシンのユーザー、ロール、権限割り当ての追加、削除、編集
  • ディスクおよびネットワークのパフォーマンス監視
  • Virtual SAN メンテナンス モード オプションのサポート
  • 自動起動構成のユーザー インターフェイス設定
  • 仮想マシンの編集、センサー監視、データストア ブラウザ、列表示、ログ検索、ハイライトにおける画面およびユーザー エクスペリエンスの向上
  • 注釈やゲスト OS など、仮想マシン テーブルで追加情報を表示するための新規列の追加
  • 異なるブラウザやユーザー マシン間での VMware Host Client 設定の保持
  • フル スクリーン コンソール モードでの仮想マシンへのアクセス アクションの許可
  • アプリケーション内からすぐにフィードバックとスクリーンショットを提供できるビルトイン フィードバック ダイアログの設置

以前のリリース

  • VMware Host Client 1.4
  • VMware Host Client 1.2
  • VMware Host Client 1.0

既知の問題

  • VMware Tools がインストールされるまで一部の Windows ゲスト OS でマウスが動作しないことがある
    Web ブラウザを使用して ESXi 6.0 以降のホストのコンソールにアクセスしている場合、新しい Windows ゲスト OS をインストールする際にマウスが利用できないことがあります。
    回避策:キーボードを使用して、VMware Tools をインストールします。Windows の起動後に、VMware Tools ISO をマウントしてから、キーボードを使用して VMware Tools インストーラを起動します。

  • ゲスト OS の画面解像度が、自動的に変化しない場合がある
    コンソールをフル スクリーン モードにしたとき、VMware Tools がインストールされている場合でも、拡大縮小の操作がないと、ゲスト OSの画面解像度が画面全体に広がるように自動的に変更されないことがあります。
    回避策:ゲスト OS に、新しい解像度を処理できる十分なビデオ メモリが割り当てられていることを確認します。仮想マシンの設定を編集して、十分なビデオ メモリを割り当てることができます。

  • 仮想マシン エディタやウィザードで、リモート CD やフロッピー デバイスを設定できない
    VMware Host Client では、ESXi ホストで動作する仮想マシンに対してローカル CD やフロッピー デバイス、および ISO イメージの接続をサポートしていません。
    回避策:まず ISO イメージまたはフロッピー イメージを ESXi サーバ データストアにアップロードし、次にそのイメージを接続します。

  • [VMware Tools のアップグレード] をクリックしてもアップグレード プロセスが始まらない
    VMware Host Client にある仮想マシンの VMware Tools をアップグレードしようとしても、アップグレードが自動的に完了しません。
    回避策:VMware Host Client のアップグレード オプションは VMware Tools インストーラ ISO をマウントします。アップグレードを実行するには、ゲスト OS で VMware Tools インストーラ アプリケーションを開きます。

    Windows では、CD ドライブが自動開始を使用していない場合、[マイ コンピューター] を開き、CD/DVD ドライブをダブルクリックして、VMware Tools Installer.exe をダブルクリックします。

    Linux では、CD ドライブをマウントして VMware Tools インストーラを実行し、コマンド ラインから手動でインストーラを実行します。

  • ホスト オブジェクトに対する権限がない場合、VMware Host Client が応答を停止する
    ESXi ホスト オブジェクトに対して読み取り専用権限を持っていない場合、VMware Host Client が応答を停止する場合があります。
    回避策:VMware Host Client を非管理ユーザーとして使用するには、ホスト オブジェクト階層全体に対する読み取り専用権限を持つ必要があります。読み取り専用権限を取得するには、VMware Host Client ナビゲータでホストを右クリックし、[権限] をクリックして、読み取り専用のロールを持つユーザーを追加し、[すべての子へ伝達] を選択します。

  • シン仮想ディスクを拡張できない
    VMware Host Client は、現在、シン仮想ディスクの拡張をサポートしていません。
    回避策:シン仮想ディスクを拡張するには、管理しているホストで SSH を有効にしてログインします。そして、vmkfstools を使用してディスクを拡張します。

    例:

    ssh user@ESX ホストの IP アドレスまたはホスト名

    # vmkfstools --inflatedisk vmdk ファイルへのパス

  • VMware Host Client バージョン 1.8 から USB コントローラを削除できない
    VMware Host Client バージョン 1.8 で仮想マシンに USB コントローラを追加すると、USB コントローラを削除できません。
    回避策:VMware Host Client バージョン 1.8 から USB コントローラを削除するには、次のいずれかの操作を実行します。

    VMware Host Client を使用してログインしている ESXi ホストが vCenter Server によって管理されている場合は、vCenter Server を使用して USB コントローラを削除します。

    VMware Host Client を使用してログインしている ESXi ホストが vCenter Server によって管理されていない場合は、VMware Remote Console (VMRC) を使用して USB コントローラを削除します。VMware Host Client を使用して仮想マシンに USB 2.0 コントローラを追加した場合は、VMRC を使用して直接コントローラを削除します。VMware Host Client を使用して仮想マシンに USB 3.0 コントローラを追加した場合は、VMRC にそのコントローラは表示されません。コントローラを削除するには、VMRC を使用して新しい USB 3.0 コントローラを追加してから、コントローラを VMRC から削除します。

  • VMware Host Client の .vmx 構成ファイルから USB デバイスを削除できない
    VMware Host Client で ESXi ホストを管理しており、USB デバイスを ESXi ホストからパワーオフ状態の仮想マシンに接続している場合は、その USB デバイスを VMware Host Client から削除することはできません。仮想マシンをパワーオンして USB デバイスを削除すると、そのデバイスは仮想マシンに表示されなくなりますが、.vmx 構成ファイルには残っているため、仮想マシンをパワーオフすると VMware Host Client に再び表示されます。
    回避策:USB デバイスを削除するには、vCenter Server を使用して ESXi ホストを管理し、そこでデバイスを削除します。