VMware vSphere Update Manager 6.5 Update 3t for Windows OS | 2022 年 5 月 12 日 | ISO ビルド 19672171

vCenter Server 6.5 Update 3t | 2022 年 5 月 12 日 | ISO ビルド 19757181

vCenter Server Appliance 6.5 Update 3t の VMware vSphere Update Manager サービス | 2022 年 5 月 12 日 | ISO ビルド 19672171

各リリース ノートで、追加および更新された機能をご確認ください。

リリース ノートの概要

本リリース ノートには、次のトピックが含まれています。

Update Manager リリース ノートには、VMware vCenter Server のオプションである VMware vSphere Update Manager に関する情報が記載されています。VMware vSphere Update Manager の詳細については、『VMware vSphere Update Manager のインストールと管理』を参照してください。

新機能

Update Manager 6.5 Update 3t に組み込みのオープン ソース コンポーネントの一部は、今回のリリースで次のアップデートが行われました。

  • cURL はバージョン 7.81.0 にアップデートされました。
  • OpenSSL ライブラリはバージョン openssl 1.0.2zb にアップデートされました。
  • Expat XML パーサーはバージョン 2.4.6 にアップデートされました。
  • Oracle (Sun) JRE および JDK パッケージはバージョン 1.8.0.321 にアップデートされました。

vSphere Client と vSphere Web Client における Update Manager の機能の違い

注:vSphere Client(HTML5 ベースの GUI)での Update Manager 機能の使用は、vCenter Server Appliance で実行される Update Manager でのみサポートされます。

サポートされる vSphere Update Manager の機能

6.5.0
vSphere Web Client

6.5 Update 3t vSphere Client

Update Manager ホーム - > コンプライアンスの統計情報

いいえ

はい

Update Manager ホーム - > 監視タブ- > イベントと通知

はい

一部対応(Update Manager イベントを手動でフィルタした場合)

Update Manager ホーム - > ベースライン タブ

はい

はい

ベースラインおよびベースライン グループの複製

いいえ

はい

Update Manager ホーム - > アップデート タブ

はい

はい

ベースライン別アップデートのフィルタ

いいえ

はい

1 回の手順でのパッチのアップロード

いいえ

はい

Update Manager ホーム - > ESXi イメージ タブ

はい

はい

1 回の手順での ESXi イメージのアップロード

いいえ

はい

ESXi イメージ コンテンツの表示

はい

いいえ

Update Manager ホーム - > 設定タブ - > 修正の設定

いいえ

一部 1

vCenter Server オブジェクト -> アップデート タブ -> ホスト/クラスタ コンプライアンス

はい

はい

Quick Boot のサポート

はい いいえ

修正の自動事前チェック

いいえ

はい

1 回の手順での修正

いいえ

はい

[ベースラインの添付] ダイアログからの [ベースラインの作成] プロセスの呼び出し

はい

いいえ

修正のスケジュール設定

はい

一部(繰り返しのオプションが少なくなります) 

修正設定の変更

はい

一部 2

現在のホスト修正タスクのみの設定を選択

はい

いいえ

複数のベースラインまたはベースライン グループに対するホスト/クラスタの同時修正

はい

いいえ

ベースラインまたはベースライン グループの選択したパッチに対するホスト/クラスタの修正

はい

いいえ

同一画面上でのスキャンおよび修正ボタンの配置

はい

いいえ

vCenter Server オブジェクト -> アップデート タブ -> 仮想マシン コンプライアンス

はい

はい

1 回のクリックによる、再起動時の VMware Tools のアップグレード

いいえ

はい

1 回のクリックによる、仮想マシンの修正

いいえ

はい

仮想マシンのベースライン

はい

いいえ 3

vCenter Server オブジェクト - > アップデート タブ - > スキャンのスケジュール設定

はい

一部(繰り返しのオプションが少なくなります) 

vCenter Server オブジェクト - > 監視タブ - > タスクおよびイベント - > スケジュール設定されたスキャンの編集

はい

いいえ

vCenter Server オブジェクト - > コンテキスト メニューのアクション

はい

一部(メニューの操作が少なくなります)

グリッド コンテンツのエクスポート(ベースライン コンテンツのエクスポートなど)

はい

一部(カスタム項目の選択なし)

1 以下のホスト/クラスタの修正設定は、Update Manager の全般設定では使用できません。

  • 並行修正を有効にする
  • Quick Boot の有効化
  • すべてのリムーバブル メディア デバイスを無効にする
  • Distributed Power Management (DPM) を無効にする
  • High Availability のアドミッション コントロールを無効にする
  • Fault Tolerance (FT) の無効化

2. 修正中、Update Manager はホスト/クラスタの設定を次のように処理します︰

  • 並行修正の有効化オプション、リムーバブル メディア デバイスの無効化オプション、対象外ハードウェア デバイスに関する警告を無視するオプション、サポートされなくなった VMFS データストアに関する警告を無視するオプションはアクティブになりません。
  • Quick Boot の有効化オプション、Distributed Power Management (DPM) の無効化オプション、High Availability のアドミッション コントロール (HAC) の無効化オプション、Fault Tolerance (FT) の無効化オプションはアクティブになります。

3. 仮想マシン ベースラインは使用されなくなりました。仮想マシンのハードウェアのバージョンおよび VMware Tools のバージョンを直接アップデートできます。

その他の互換性、インストール、アップグレード、製品サポートに関する注意事項、および機能については、「VMware vSphere Update Manager 6.5 Update 2 リリース ノート」を参照してください。

以前のバージョンからの既知の問題

以前からの既知の問題のリストを表示するには、ここをクリックします。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon