特定の vCenter Server を別の vSphere ドメイン内の Platform Services Controller に移動できます。また、特定の vSphere ドメイン内のすべての vCenter Server を別のドメインに一度に移動して、ドメインを統合することもできます。タグ付け、ライセンス付与などのサービスは、新しい Platform Services Controller に移行されます。

vSphere ドメインを統合するだけでなく、既存のドメインを分割することもできます。次の使用事例がサポートされています。

  • 独立した外部 Platform Services Controller をポイントする 1 つ以上の vCenter Server インスタンスを移動して、別のドメイン内の新しい Platform Services Controller をポイントできます。

  • 特定の外部 Platform Services Controller をポイントする 1 つ以上の vCenter Server インスタンスを移動して、別のドメイン内の別の Platform Services Controller をポイントできます。

  • 組み込みの Platform Services Controller の一部である vCenter Server を別のドメイン内の外部 Platform Services Controller に移動できます。別のドメイン内の Platform Services Controller を再ポイントする前に、まず外部 Platform Services Controller ノードに対してノードを再構成する必要があります。

前提条件

  • ドメイン間の再ポイントがサポートされるのは、Platform Services Controller6.7 および vCenter Server 6.7 のみです。

  • vCenter Server および vCenter Server の各ノードが良好な状態である必要があります。

  • データ損失が発生しないようにするには、各ノードのスナップショットまたはバックアップを作成してから、vCenter Server または Platform Services Controller を再ポイントします。

手順

  1. (オプション) 事前チェック モード コマンドを実行します。事前チェック モードでは、Platform Services Controller からタグ付け(タグおよびカテゴリ)や認証(ロールおよび権限)のデータが取得されます。タグ付けおよび認証のデータに対して競合をチェックできます。事前チェックを実行してもデータは移行されませんが、競合をチェックし、結果を JSON ファイルに書き込みことができます。たとえば、次の CLI を使用して事前チェックを実行します。
    cmsso-util domain-repoint --mode pre-check --src-psc-admin source_PSC_admin_userid --dest-psc-fqdn target_PSC_FQDN --dest-psc-admin target_PSC_admin_userid --dest-domain-name target_FQDN --dest-vc-fqdn target_vCenter_server

    管理者パスワードを求められます。

    事前チェックを実行すると、競合の詳細、および事前チェックの後に指定された場所が JSON ファイルに書き込まれます。

  2. (オプション) 競合ファイルを編集して、すべての競合に解決策を適用するか、または競合ごとに個別の解決策を適用します。

    競合の解決策は次のとおりです。

    • コピー︰ターゲット Platform Services Controller 内にデータの重複コピーを作成します。

    • スキップ︰ターゲット Platform Services Controller 内へのデータのコピーをスキップします。

    • マージ︰複製を作成しないで、競合をマージします。

    タグ authZ データの競合をチェックするには、ターゲット Platform Services ControllervCenter Server パートを指定する必要があります。そうしないと、競合はチェックされません。

  3. 実行モード コマンドを実行します。実行モードでは、事前チェック モード中に生成されたデータが JSON ファイルから読み取られて、ターゲット Platform Services Controller にインポートされます。ライセンス データが元の Platform Services Controller からエクスポートされます。その後、vCenter Server がターゲット Platform Services Controller に再ポイントされます。たとえば、次のように指定して実行コマンドを実行します。
    cmsso-util domain-repoint --mode execute --src-psc-admin Source_PSC_admin_userid --dest-psc-fqdn target_PSC_FQDN  --dest-psc-admin target_PSC_admin_userid --dest-domain-name target_FQDN --dest-vc-fqdn target_vCenter_server

    管理者パスワードを求められます。

    注:

    事前チェック コマンドを実行しない場合は、まずデータがエクスポートされ、その次に Platform Services Controller ターゲットにインポートされます。実行モード中に競合を編集することはできません。事前チェック コマンドを使用すると、競合の詳細を確認し、競合ファイルを編集してさまざまな競合の処理方法について詳細に入力することができます。競合を避けるには、まず事前チェック モードを実行して競合の内容を把握してから、実行モードで実行します。

    タグおよびカテゴリが移行されていて、必要なすべてのサービスが実行されていることを確認します。

    注:

    再ポイントに失敗した場合は、サポート バンドルを収集し、このプロセスの前に作成されたスナップショットに戻します。

    vCenter Server がターゲット Platform Services Controller に再ポイントされている場合は、カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) への参加に関する環境設定が更新されて、ターゲット ドメインの環境設定に指定されます。

次のタスク

vSphere High Availability クラスタで構成された vCenter Server Appliance を再ポイントした場合は、vSphere HA 構成を再構成できます。vSphere HA の構成の詳細については、vSphere の可用性を参照してください。

再ポイントに成功した後に、vCenter Server に登録されたソリューションまたはプラグインを再登録する必要があります。

ID ソースは手動で移行する必要があります。SSO 設定は移行されません。ユーザーおよびポリシーは手動で操作する必要があります。