vCenter Server6.7 へのアップグレードは、データセンターのその他のソフトウェア コンポーネントに影響を与えます。

vCenter Serverおよび関連する VMware 製品とコンポーネントのアップグレードでは、vCenter Server のアップグレードがデータセンターのコンポーネントに及ぼす影響について概説します。

vCenter Server6.7 では、ESXi バージョン 6.0 または 6.5 のホストを ESXi 6.7 ホストと同じクラスタで管理できます。vCenter Server 6.7ESXi 5.5 以前のバージョンのホストを管理できません。

vSphere では、vCenter Server6.0 以降から vCenter Server 6.7 へのアップデートをサポートします。vCenter Server 5.0、5.1 または 5.5 からアップグレードするには、まず vCenter Server インスタンスをバージョン 6.0 以降のリリースにアップグレードしてから、vCenter Server 6.7 にアップデートする必要があります。vCenter Server 5.0、5.1 または 5.5 をバージョン 6.0 または 6.5 にアップグレードする方法については、『VMware vSphere 6.0 ドキュメント』または『VMware vSphere 6.5 ドキュメント』を参照してください。

表 1. vCenter Serverおよび関連する VMware 製品とコンポーネントのアップグレード

製品またはコンポーネント

互換性

vCenter Server

vCenter Serverの既存のバージョンから、アップグレード予定のバージョンへのアップグレード パスがサポートされていることを確認します。VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php

vCenter Serverデータベース

データベースが、アップグレード後のvCenter Serverバージョンでサポートされていることを確認します。必要に応じてデータベースをアップグレードします。VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php

注:

バージョン6.7の vCenter Server Appliance では、組み込みのデータベースに PostgreSQL を使用します。vCenter Server Appliance 6.7は、外部データベースをサポートしません。

vSphere Web Client

vSphere Web Client がアップグレード後のvCenter Serverバージョンと連携することを確認します。最高のパフォーマンスと互換性を実現するには、vSphere Web Client を vCenter Server と同じバージョンにアップグレードします。VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php

ESX ホストおよび ESXi ホスト

ESX または ESXi が、アップグレード後のvCenter Serverバージョンと連携することを確認します。vCenter Server6.7 では、ESXi ホスト バージョン 6.0 以降が必要です。必要に応じてアップグレードします。VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php

VMware ホスト プロファイル

ホスト プロファイルは、ESX および ESXi ホストの設計およびデプロイ用の vCenter Server ツールです。ホスト プロファイル バージョン 6.0 以降が使用されていることを確認してください。ナレッジべースの記事 KB 52932 を参照してください。

ホスト プロファイルに関連するアップグレード問題の詳細については、ホスト プロファイルを含む vCenter Serverのアップグレード問題、および『vSphere ホスト プロファイル』ドキュメントのホスト プロファイルの推奨アップグレード ワークフローに関するセクションを参照してください。

VMFS-3 ボリューム

ESXi および vCenter Server は VMFS3、VMFS5、VMFS6 データストアをサポートします。既存の VMFS-3 データストアは引き続き使用できますが、新しい VMFS-3 データストアを作成することはできません。VMFS-3 データストアを使用している場合、VMFS-6 にアップグレードします。VMFS データストアの詳細については、『vSphere ストレージ』ドキュメントを参照してください。

仮想マシン

現在の使用バージョンによってアップグレード オプションが異なります。仮想マシンのアップグレードの詳細については、『ESXi アップグレード』ドキュメントを参照してください。

VMware Tools

現在の使用バージョンによってアップグレード オプションが異なります。VMware Tools のアップグレードの詳細については、『ESXi アップグレード』ドキュメントを参照してください。

Auto Deploy

互換性と最高のパフォーマンスを確保するには、vCenter Server6.7 にアップグレードするときに、Auto Deploy を使用して ESXi ホストを同じバージョンにアップグレードします。

vSphere Distributed Switch (DVS)

DVS バージョン 6.0 以降にアップグレードしてから、vCenter Server6.7 にアップデートする必要があります。ナレッジべースの記事 KB 52826 を参照してください。

vSphere Network I/O Control

DVS バージョン 6.0 以降は、Network I/O Control バージョン 3 のみをサポートします。Network I/O Control の以前のバージョンを使用している場合は、Network I/O Control バージョン 3 にアップグレードする必要があります。詳細については、『vSphere ネットワーク』ドキュメントを参照してください。

vSAN

vCenter Server および ESXi の vSAN サポートが異なるために障害が発生する可能性をなくすには、vCenter Server と ESXi のバージョンを同期させます。vCenter Server および ESXi の vSAN コンポーネント間の統合を最適化するには、これらの 2 つの vSphere コンポーネントの最新バージョンをデプロイします。詳細については、『ESXi のインストールとセットアップ』、『vCenter Server のインストールとセットアップ』、『ESXi のアップグレード』、および『 vCenter Server のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

vSAN ディスクのバージョン

vSAN には、クラスタのバージョンおよびアップグレード履歴に応じて使用可能な、さまざまなオンディスク フォーマット バージョンがあります。オンディスク フォーマット バージョンには一時的なものや、長期的な本番環境向けのものがあります。vSAN 機能によってはオンディスク フォーマットのバージョンに関連付けられていることがあるため、相互運用性を決定する場合は、フォーマットのバージョンを考慮する必要があります。ナレッジべースの記事 KB 2145267 を参照してください。

レガシー Fault Tolerance

vCenter Server インベントリに、レガシー VMware Fault Tolerance (FT) で使用されている仮想マシンが含まれている場合は、この機能をオフにするまで、アップグレードまたは移行はブロックされます。レガシー Fault Tolerance の詳細については、ナレッジべースの記事KB 2143127 を参照してください。レガシー Fault Tolerance を無効にする、またはオフにする方法については、ナレッジべースの記事KB 1008026 を参照してください。