不揮発性メモリ (NVM) とも呼ばれる永続的なメモリ (PMEM) は、電源が停止した後でもデータを保持することができます。PMEM は、ダウンタイムの影響を受けやすく高いパフォーマンスが必要なアプリケーションで使用できます。

仮想マシンは、スタンドアローン ホスト上またはクラスタ内で PMEM を使用するように構成できます。PMEM は、ローカル データストアとして扱われます。永続的なメモリは、ストレージの遅延を大幅に軽減します。ESXi では、PMEM で構成されている仮想マシンを作成することができ、これらの仮想マシン内のアプリケーションはこの高速化を利用できます。仮想マシンが最初にパワーオンされたときに、仮想マシンがパワーオンされているかパワーオフされているかに関係なく、PMEM が仮想マシン用に予約されます。この PMEM は、仮想マシンが移行または削除されるまで予約済みのままです。

永続的なメモリは、2 つの異なるモードで仮想マシンによって使用できます。レガシーのゲスト OS では、仮想永続的なメモリ ディスクの機能も利用できます。

  • [仮想永続的なメモリ (vPMem)]

    vPMem を使用すると、メモリは仮想 NVDIMM としてゲスト OS に公開されます。これにより、ゲスト OS は PMEM をバイト アドレスが指定可能なランダム モードで使用することができます。

    注:

    仮想マシン ハードウェア バージョン 14 と NVM テクノロジーをサポートするゲスト OS を使用する必要があります。

  • [仮想永続的なメモリ ディスク (vPMemDisk)]

    vPMemDisk を使用すると、ゲスト OS は仮想 SCSI デバイスとしてメモリにアクセスできますが、仮想ディスクは PMEM データストアに格納されます。

PMEM で仮想マシンを作成すると、ハード ディスクの作成時にメモリが仮想マシン用に予約されます。アドミッション コントロールもハード ディスクの作成時に実行されます。

クラスタでは、各仮想マシンに PMEM 用の一部の容量があります。PMEM の合計量は、クラスタで使用可能な合計量よりも大きくする必要があります。PMEM の使用量には、パワーオン状態の仮想マシンとパワーオフ状態の仮想マシンの両方が含まれます。仮想マシンが PMEM を使用するように構成されており、DRS を使用しない場合は、仮想マシンを配置するのに十分な PMEM があるホストを手動で選択する必要があります。

[NVDIMM と従来のストレージ]

NVDIMM はメモリとしてアクセスされます。従来のストレージを使用すると、アプリケーションとストレージ デバイスの間にソフトウェアが配置されるため、処理時間が遅延することがあります。PMEM を使用すると、アプリケーションはストレージを直接使用します。つまり、PMEM のパフォーマンスは従来のストレージよりも優れています。ストレージがホストに対してローカルです。ただし、システム ソフトウェアは変更を追跡できないため、バックアップや HA などのソリューションは現在 PMEM では動作しません。

[名前空間]

PMEM の名前空間は、ESXi が起動する前に構成されます。名前空間は、システム上のディスクと似ています。ESXi は名前空間を読み取り、GPT ヘッダーを書き込むことで複数の名前空間を 1 つの論理ボリュームにまとめます。以前にこれを設定していない場合、デフォルトで自動的にフォーマットされます。すでにフォーマットされている場合は、ESXi は PMEM をマウントします。

[GPT テーブル]

PMEM ストレージ内のデータが破損していると、ESXi が動作しなくなることがあります。これを回避するため、ESXi は PMEM のマウント時にメタデータのエラーをチェックします。

[PMEM 領域]

PMEM 領域とは、単一の vNVDimm または vPMemDisk を表す連続したバイト ストリームです。各 PMEM ボリュームは 1 台のホストに属しています。これは、管理者が多数のホストを持つクラスタ内の各ホストを管理する必要がある場合には、管理が難しいことがあります。ただし、個々のデータストアを管理する必要はありません。代わりに、クラスタ内の PMEM 容量全体を 1 つのデータストアと見なすことができます。

vCenter Server および DRS は PMEM データストアの初期配置を自動化します。仮想マシンを作成したとき、またはデバイスを仮想マシンに追加したときに、ローカルの PMEM ストレージ プロファイルを選択します。残りの設定は自動化されています。ESXi では仮想マシン ホームを PMEM データストアに配置することができないという制限があります。これは、仮想マシン ログと統計情報ファイルを保存するのに貴重な容量を必要とするためです。これらの領域は、仮想マシン データを表すために使用され、バイト アドレス指定可能な nvDimms または VpMem ディスクとして公開できます。

[移行]

PMEM はローカル データストアであるため、仮想マシンを移動する場合は Storage vMotion を使用する必要があります。vPMem を持つ仮想マシンは、PMEM リソースを持つ ESX ホストにのみ移行することができます。vPMemDisk を持つ仮想マシンは、PMEM リソースなしで ESX ホストに移行できます。

[エラー処理と NVDimm の管理]

ホスト障害により、可用性が失われる可能性があります。致命的なエラーが発生した場合は、すべてのデータが失われる可能性があるため、手動で PMEM を再フォーマットする必要があります。

vSphere Client での vSphere の永続的なメモリ

永続的なメモリの簡単な概要については、以下を参照してください。

vSphere Client と PMEM の併用に対する機能向上

PMEM と併用する際の HTML5 ベース vSphere Client の機能向上の概要については、以下を参照してください:

PMEM を使用した vSphere Client での仮想マシンの移行およびクローン作成

PMem を使用する仮想マシンの移行およびクローン作成の詳細については、以下を参照してください: