vCenter Server から管理対象ホストを削除して、このホストに対する vCenter Server の監視および管理をすべて停止します。

可能であれば、接続中に管理対象ホストを削除します。接続されていないホストを削除しても、管理対象ホストから vCenter Server エージェントは削除されません。

前提条件

NFS マウントがアクティブであることを確認します。NFS マウントが応答しないと、操作は失敗します。

手順

  1. [ホーム] > [ホストおよびクラスタ] の順に選択して、ホストを選択します。
  2. (オプション) ホストがクラスタの一部である場合は、メンテナンス モードにする必要があります。
    1. ホストを右クリックし、ポップアップ メニューで [メンテナンス モード] > [メンテナンス モードへの切り替え] を選択します。

      ホスト上のすべての仮想マシンがパワーオフされていないと、ホストはメンテナンス モードになりません。

      DRS が有効なクラスタ内のホストがメンテナンス モードになると、DRS は vMotion を使用して、パワーオン状態の仮想マシンをそのホストから退避しさせます。

    2. 確認のダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

      確認のダイアログ ボックスでは、パワーオン状態でない仮想マシンをホストから退避させるかどうかも尋ねられます。これは、パワーオン状態でない仮想マシンをクラスタ内のホストに登録したままにする場合に便利です。

      ホストのアイコンが変わり、名前に「メンテナンス モード」と括弧書きで追加されます。

  3. ホストが Distributed Switch に接続されている場合は、まずスイッチからホストを削除する必要があります。

    詳細については、『vSphere ネットワーク』の「vSphere Distributed Switch からのホストの削除」を参照してください。

  4. インベントリ パネルで適切なホストを右クリックし、ポップアップ メニューから [インベントリからの除去] を選択します。
  5. 表示される確認ダイアログ ボックスで [はい] をクリックして、ホストを削除します。

    vCenter Server によって、ホストとそれに関連する仮想マシンが vCenter Server 環境から削除されます。その後、vCenter Server により、すべての関連するプロセッサおよび移行ライセンスのステータスが使用可能に戻されます。