vCenter Server Appliance のデプロイ後に、DNS 設定を編集して、使用する DNS サーバを選択できます。vCenter Server Appliance の IP アドレス設定を編集できます。IPv4 と IPv6 のどちらを使用するか、およびアプライアンスによる IP アドレスの取得方法についても選択できます。

前提条件

  • アプライアンスの IP アドレスを変更する場合は、アプライアンスのシステム名が完全修飾ドメイン名 (FQDN) であることを確認します。アプライアンスのデプロイ中にシステム名として IP アドレスを設定すると、デプロイ後に IP アドレスを変更できなくなります。システム名は、常にプライマリ ネットワークの識別子として使用されます。

  • vCenter Server AppliancevCenter Server インスタンスにログインしているユーザーが、vCenter Single Sign-On の SystemConfiguration.Administrators グループのメンバーであることを確認します。

注: vCenter Server 6.7 では、デュアル IP スタック(IPv4 と IPv6)の使用はサポートされていません。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して、vCenter Server AppliancevCenter Server インスタンスに administrator@your_domain_name としてログインします。
    アドレスのタイプは、http:// appliance-IP-address-or-FQDN/vsphere-client です。
  2. vSphere Web Client のメイン ページで [ホーム] をクリックし、[システム設定] を選択します。
  3. [システム構成] で、[ノード] をクリックします。
  4. [ノード] で、ノードを選択し、[管理] タブをクリックします。
  5. [ネットワーク] を選択し、[編集] をクリックします。
  6. [DNS] を展開して、設定を編集します。
    オプション 説明
    DNS サーバ アドレスを自動的に取得 ネットワークから DNS 設定を自動的に取得します。
    設定を手動で入力してください DNS アドレス設定は手動で指定できます。このオプションを選択する場合は、次を指定する必要があります。
    • vCenter Server Appliance マシンの [ホスト名]
    • [優先 DNS サーバ] の IP アドレス。
    • [代替 DNS サーバ] の IP アドレス。
    • [ドメインの検索](アドレスを検索するときにドメインを制限する場合)。入力したドメインは、入力された順番で検索されます。有効な名前が見つかると検索が中止されます。
  7. ネットワーク インターフェイス名を展開して、IP アドレス設定を編集します。
  8. IPv4 アドレス設定を編集します。
    オプション 説明
    IPv4 設定がありません IPv4 アドレスを無効にします。アプライアンスでは、IPv6 アドレスのみが使用されます。
    IPv4 設定を自動的に取得します ネットワークからアプライアンスの IPv4 アドレスを自動的に取得します。
    次の IPv4 設定を使用 手動で設定した IPv4 アドレスを使用します。IP アドレス、サブネット プリフィックス長、およびデフォルト ゲートウェイを入力する必要があります。
  9. IPv6 アドレス設定を編集します。
    オプション 説明
    [DHCP を使用して IPv6 設定を自動的に取得] DHCP を使用することで、ネットワークからアプライアンスに IPv6 アドレスを自動的に割り当てます。
    [ルーターのアドバタイズを使用して IPv6 設定を自動的に取得] ルーターのアドバタイズを使用することにより、ネットワークから自動的にアプライアンスに IPv6 アドレスを割り当てます。
    [固定 IPv6 アドレスを使用] 手動で設定した固定 IPv6 アドレスを使用します。
    1. このチェックボックスをクリックします。
    2. IPv6 アドレスとサブネット プリフィックス長を入力します。
    3. [追加] をクリックして、追加の IPv6 アドレスを入力します。
    4. [保存] をクリックします。

    アプライアンスは、DHCP およびルーターのアドバタイズの両方を使用して IPv6 設定を自動的に取得するように設定できます。同時に、固定 IPv6 アドレスを割り当てることも可能です。

  10. (オプション) 動的 IPv6 アドレスを削除します。
    1. [アドレスを削除] をクリックします。
    2. 削除する IP アドレスを選択して、[削除] アイコン () をクリックします。
    3. [OK] をクリックします。
  11. [OK] をクリックして、編集内容を保存します。

次のタスク

dnsmasq サービスを再起動して古いキャッシュ データをフラッシュします。

  1. SSH を使用して vCenter Server Appliance に接続します。
  2. shell コマンドを入力して、BASH シェルを変更します。
  3. service dnsmasq restart を実行して、dnsmasq サービスを再起動します。