RAID 5 または RAID 6 イレージャ コーディングを使用して、データ損失からの保護とストレージの効率性を高めることができます。 イレージャ コーディングでは、ミラーリング (RAID 1) と同じレベルのデータ保護が可能であるほか、使用するストレージ容量が少なくて済みます。

RAID 5 または RAID 6 イレージャ コーディングにより、vSAN はデータストア内で最大 2 個のキャパシティ デバイスまで障害を許容できます。4 つ以上のフォルト ドメインがあるオールフラッシュ クラスタでは、RAID 5 を構成できます。 6 つ以上のフォルト ドメインがあるオールフラッシュ クラスタでは、RAID 5 または RAID 6 を構成できます。

RAID 5 または RAID 6 イレージャ コーディングでは、RAID 1 ミラーリングよりデータを保護するために必要な追加容量が少なくて済みます。 たとえば、[許容されるプライマリ レベルの障害数] 値が 1 で保護される仮想マシンで必要となる仮想ディスク サイズは、RAID 1 では 2 倍ですが、RAID 5 では 1.33 倍です。次の表に、RAID 1 と RAID 5 または RAID 6 の全般的な比較を示します。

表 1. 各 RAID レベルでデータを保存して保護するために必要な容量

RAID 構成

許容されるプライマリ レベルの障害数

データ サイズ

必要な容量

RAID 1(ミラーリング)

1

100 GB

200 GB

4 つのフォルト ドメインがある RAID 5 または RAID 6(イレージャ コーディング)

1

100 GB

133 GB

RAID 1(ミラーリング)

2

100 GB

300 GB

6 つのフォルト ドメインがある RAID 5 または RAID 6(イレージャ コーディング)

2

100 GB

150 GB

RAID 5 または RAID 6 イレージャ コーディングは、仮想マシン コンポーネントに適用できるポリシー属性です。 RAID 5 を使用するには、[障害許容の方法][RAID-5/6(イレージャ コーディング) - キャパシティ] に、[許容されるプライマリ レベルの障害数] を 1 に設定します。RAID 6 を使用するには、[障害許容の方法][RAID-5/6(イレージャ コーディング) - キャパシティ] に、[許容されるプライマリ レベルの障害数] を 2 に設定します。RAID 5 または RAID 6 イレージャ コーディングでは、[許容されるプライマリ レベルの障害数] を 3 に設定することはできません。

RAID 1 を使用するには、[障害許容の方法][RAID-1(ミラーリング) - パフォーマンス] に設定します。 RAID 1 ミラーリングではストレージ デバイスに対して必要な I/O 処理が少なくなるため、パフォーマンスが向上します。 たとえば、RAID 1 ではクラスタ再同期を完了するのにかかる時間が短くなります。

注:

vSAN ストレッチ クラスタで、[RAID-5/6(イレージャ コーディング) - キャパシティ][障害許容の方法] は、[許容されるセカンダリ レベルの障害数] にのみ適用されます。

ポリシーの構成の詳細については、vSAN ポリシーの使用を参照してください。