2 ホスト構成の vSAN クラスタやストレッチ クラスタで、データ トラフィックと監視トラフィックを分離することができます。

vSAN のデータ トラフィックは、低遅延で高いバンド幅のリンクを必要とします。監視トラフィックの場合、高遅延、低帯域幅、かつルーティング可能なリンクを使用できます。データ トラフィックを監視トラフィックから分離するために、vSAN の監視トラフィック専用の VMkernel ネットワーク アダプタを構成できます。

vSAN ストレッチ クラスタで vSAN データ トラフィックを配信するために、直接ネットワーク交差接続のサポートを追加できます。監視トラフィック用に、別のネットワーク接続を構成できます。クラスタの各データ ホストで、管理 VMkernel ネットワーク アダプタを構成して、ここでも監視トラフィックを伝送できるようにします。監視ホスト上に監視トラフィック タイプを構成しないでください。

注:

ネットワーク アドレス変換 (NAT) は、vSAN データ ホストと監視ホスト間ではサポートされていません。

前提条件

  • データ サイトから監視トラフィックへの接続に、1,000 vSAN コンポーネントあたり 2 Mbps の最小バンド幅があることを確認します。

  • 以下の遅延についての要件を確認します。

    • 2 ホスト構成の vSAN クラスタでは、RTT を 500 ミリ秒未満にする必要があります。

    • サイトあたりのホスト数が 11 台未満のストレッチ クラスタでは、RTT を 200 ミリ秒未満にする必要があります。

    • サイトあたりのホスト数が 11 台以上のストレッチ クラスタでは、RTT を 100 ミリ秒未満にする必要があります。

  • vSAN データ接続が、次の要件を満たしていることを確認します。

    • 2 ホスト構成の vSAN クラスタで直接接続されているホストの場合、ホスト間で 10 Gbps の直接接続を使用します。ハイブリッド クラスタでは、ホスト間で 1 Gbps クロス接続も使用できます。

    • スイッチ インフラストラクチャに接続されたホストの場合、10 Gbps の共有の接続(オール フラッシュ クラスタには必須)か、1 Gbps の専用の接続を使用します。

  • データ トラフィックと監視トラフィックで同じ IP バージョンが使用されていることを確認します。

手順

  1. ESXi ホストへの SSH 接続を開きます。
  2. esxcli network ip interface list コマンドを使用して、管理トラフィックに使用する VMkernel ネットワーク アダプタを決定します。

    例:

    esxcli network  ip interface list
    [vmk0]
       Name: vmk0
       MAC Address: e4:11:5b:11:8c:16
       Enabled: true
       Portset: vSwitch0
       Portgroup: [Management Network]
       Netstack Instance: defaultTcpipStack
       VDS Name: N/A
       VDS UUID: N/A
       VDS Port: N/A
       VDS Connection: -1
       Opaque Network ID: N/A
       Opaque Network Type: N/A
       External ID: N/A
       MTU: 1500
       TSO MSS: 65535
       Port ID: 33554437
    
    [vmk1]
       Name: vmk1
       MAC Address: 00:50:56:6a:3a:74
       Enabled: true
       Portset: vSwitch1
       Portgroup: [vsandata]
       Netstack Instance: defaultTcpipStack
      VDS Name: N/A
       VDS UUID: N/A
       VDS Port: N/A
       VDS Connection: -1
       Opaque Network ID: N/A
       Opaque Network Type: N/A
       External ID: N/A
       MTU: 9000
       TSO MSS: 65535
       Port ID: 50331660
    
    注:

    後方互換性のため、マルチキャスト情報が含まれます。vSAN 6.6 以降のリリースでは、マルチキャストは必要ありません。

  3. esxcli vsan network ip add コマンドを使用して、監視トラフィックをサポートするように管理 VMkernel ネットワーク アダプタを構成します。
    esxcli vsan network ip add -i vmkx -T=witness 
  4. esxcli vsan network list コマンドを使用して、新しいネットワーク構成を確認します。

    例:

    esxcli vsan network list
    Interface
       VmkNic Name: [vmk0]
       IP Protocol: IP
       Interface UUID: 8cf3ec57-c9ea-148b-56e1-a0369f56dcc0
       Agent Group Multicast Address: 224.2.3.4
       Agent Group IPv6 Multicast Address: ff19::2:3:4
       Agent Group Multicast Port: 23451
       Master Group Multicast Address: 224.1.2.3
       Master Group IPv6 Multicast Address: ff19::1:2:3
       Master Group Multicast Port: 12345
       Host Unicast Channel Bound Port: 12321
       Multicast TTL: 5
       Traffic Type: [witness]
    
    Interface
       VmkNic Name: [vmk1]
       IP Protocol: IP
       Interface UUID: 6df3ec57-4fb6-5722-da3d-a0369f56dcc0
       Agent Group Multicast Address: 224.2.3.4
       Agent Group IPv6 Multicast Address: ff19::2:3:4
       Agent Group Multicast Port: 23451
       Master Group Multicast Address: 224.1.2.3
       Master Group IPv6 Multicast Address: ff19::1:2:3
       Master Group Multicast Port: 12345
       Host Unicast Channel Bound Port: 12321
       Multicast TTL: 5
       Traffic Type: [vsan]
    

タスクの結果

vSphere Client で、vSAN トラフィック用に管理 VMkernel ネットワーク インターフェイスが選択されていません。vSphere Client でインターフェイスを再度有効にしないでください。