組織の ESXi ホストが vSAN のハードウェア要件を満たすことを確認します。

ストレージ デバイスの要件

vSAN 構成に含まれるすべてのキャパシティ デバイス、ドライバ、およびファームウェア バージョンが、『VMware 互換性ガイド』の「vSAN」セクションのリストに記載され、認定されている必要があります。

表 1. vSAN ホストでのストレージ デバイスの要件

ストレージ コンポーネント

要件

キャッシュ

  • 1 個の SAS または SATA 半導体ディスク (SSD) または PCIe フラッシュ デバイス。

  • [許容されるプライマリ レベルの障害数] を計算する前に、各ディスク グループのフラッシュ キャッシュ デバイスのサイズを確認します。ハイブリッド クラスタの場合、キャパシティ デバイス上で使用する予定のストレージ容量の少なくとも 10%(ミラーなどのレプリカを含まない)を提供する必要があります。オール フラッシュ クラスタのキャッシュ比率決定に関する詳細は、「Designing vSAN Disk groups – All Flash Cache Ratio Update」を参照してください。

  • vSphere Flash Read Cache が、vSAN のキャッシュ用に予約しているフラッシュ デバイスを一切使用しないようにする必要があります。

  • キャッシュ フラッシュ デバイスは、VMFS や別のファイル システムによってフォーマットしないようにする必要があります。

仮想マシンのデータ ストレージ

  • ハイブリッド グループ構成の場合は、SAS または NL-SAS 磁気ディスクが少なくとも 1 個使用できることを確認します。

  • オールフラッシュ ディスク グループ構成の場合は、少なくとも 1 個の SAS または SATA 半導体ディスク (SSD) または PCIe フラッシュ デバイス利用できることを確認します。

ストレージ コントローラ

SAS または SATA ホスト バス アダプタ (HBA)、またはパススルー モードか RAID 0 モードの RAID コントローラ 1 個。

同じストレージ コントローラが vSAN ディスクと非 vSAN ディスクの両方をバッキングしている場合は、問題を回避するために次の点を考慮します。

vSAN ディスクと非 vSAN ディスクに異なるコントローラ モードを設定して、一貫しない方法でディスク処理を行うことは避けてください。vSAN の運用に悪影響となる場合があります。

  • vSAN ディスクがパススルー モードまたは JBOD モードの場合は、非 vSAN ディスクもパススルー モードまたは JBOD モードにする必要があります。

  • vSAN ディスクが RAID モードの場合は、非 vSAN ディスクも RAID モードにする必要があります。

VMFS に非 vSAN ディスクを使用する場合は、VMFS データストアをスクラッチ、ログ記録、およびコア ダンプ専用にします。

vSAN ディスクまたは RAID グループとコントローラを共有するディスクまたは RAID グループで仮想マシンを実行しないでください。

非 vSAN ディスクを Raw デバイス マッピング (RDM) として仮想マシンのゲストにパススルーしないでください。

詳細については、https://kb.vmware.com/s/article/2129050を参照してください。

パススルーや RAID など、コントローラでサポートされている機能については、vSAN HCL (https://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php?deviceCategory=vsan) を参照してください。

メモリ

vSAN のメモリ要件は、ESXi ハイパーバイザーが管理するディスク グループとデバイス数によって決まります。各ホストに 32 GB 以上のメモリを搭載して、最大 5 個のディスク グループと、ディスク グループあたり最大 7 個のキャパシティ デバイスに対応できるようにする必要があります。

フラッシュ起動デバイス

ESXi インストーラは、インストール中、起動デバイスにコア ダンプ パーティションを作成します。コア ダンプ パーティションのデフォルトのサイズは、ほとんどすべてのインストール環境の要件を満たすことができます。

  • ESXi ホストのメモリが 512 GB 以下であれば、USB、SD、または SATADOM デバイスからホストを起動できます。vSAN を USB デバイスや SD カードから起動する場合、起動デバイスのサイズは少なくとも 4 GB にする必要があります。

  • ESXi ホストのメモリが 512 GB を超える場合は、次のガイドラインを検討します。

    • 16 GB 以上のサイズの SATADOM またはディスク デバイスからホストを起動することができます。SATADOM デバイスを使用する場合は、シングル レベル セル (SLC) デバイスを使用します。

    • vSAN 6.5 以降を使用している場合、USB/SD デバイスから起動するには、ESXi ホストのコアダンプ パーティションのサイズを変更する必要があります。詳細については、VMware のナレッジベースの記事http://kb.vmware.com/kb/2147881を参照してください。

ESXi 6.0 以降のホストを USB デバイスまたは SD カードから起動する場合、vSAN トレース ログは RAM ディスクに書き込まれます。シャットダウンやシステム クラッシュ(パニック)が発生すると、これらのログは永続メディアへ自動的にオフロードされます。これは、ESXi を USB スティックまたは SD カードから起動する際、vSAN トレースの処理にサポートされている唯一の方法です。電源障害が発生した場合、vSAN トレース ログは保存されません。

ESXi 6.0 以降のホストを SATADOM デバイスから起動する場合、vSAN トレース ログは直接 SATADOM デバイスに書き込まれます。したがって、SATADOM デバイスが、このガイドで説明している仕様を満たしていることが重要です。