リリース日:2021 年 3 月 18 日

ビルドの詳細

ダウンロード ファイル名 ESXi670-202103001.zip
ビルド 17700523
ダウンロード サイズ 476.7 MB
md5sum 26f177706bce4a0432d9e8af016a5bad
sha1checksum 0263a25351d003d34321a062b391d9fe5c312bd2
ホストの再起動が必要 はい
仮想マシンの移行またはシャットダウンが必要 はい

セキュリティ パッチ

パッチ ID カテゴリ 重要度
ESXi670-202103401-BG バグ修正 最重要
ESXi670-202103402-BG バグ修正 重要
ESXi670-202103403-BG バグ修正 重要
ESXi670-202103101-SG セキュリティ 重要
ESXi670-202103102-SG セキュリティ
ESXi670-202103103-SG セキュリティ

ロールアップ パッチ

このロールアップ パッチには、ESXi 6.7 の初回リリース以降のすべての修正が入っている最新の VIB が含まれています。

パッチ ID カテゴリ 重要度
ESXi670-202103001 バグ修正 最重要

重要:VMware vSAN を使用しているクラスタの場合は、まず vCenter Server システムをアップグレードする必要があります。ESXi ホストのみのアップグレードはサポートされていません。
アップグレードの前に、ESXi、vCenter Server および vSAN の以前のバージョンから現在のバージョンまでの互換性アップグレード パスをVMware 製品の相互運用性マトリックスで確認してください。 

イメージ プロファイル

VMware のパッチおよびアップデート リリースには、一般的なイメージ プロファイルおよび重要なイメージ プロファイルが含まれています。一般的なリリース イメージ プロファイルは、新しいバグ修正に適用されます。

イメージ プロファイルの名前
ESXi-6.7.0-20210304001-standard
ESXi-6.7.0-20210304001-no-tools
ESXi-6.7.0-20210301001s-standard
ESXi-6.7.0-20210301001s-no-tools

各パッチの詳細については、「パッチのダウンロード」ページおよび「解決した問題」セクションを参照してください。

パッチ ダウンロードおよびインストール

一般的に ESXi ホストにパッチを適用する際は、VMware vSphere Update Manager を使用します。詳細については、「VMware vSphere Update Manager のインストールと管理について」を参照してください。

ESXi ホストをアップデートするには、VMware ダウンロード ページからパッチ ZIP ファイルを手動でダウンロードし、esxcli software vib コマンドを実行して VIB をインストールします。また、イメージ プロファイルと esxcli software profile コマンドを実行して、システムをアップデートできます。

詳細については、『vSphere コマンドライン インターフェイスのコンセプトおよびサンプル』および「vSphere アップグレード ガイド」を参照してください。

解決した問題

解決された問題には、次のトピックが含まれます。

ESXi670-202103401-BG
パッチのカテゴリ バグ修正
パッチの重要度 最重要
ホストの再起動が必要 はい
仮想マシンの移行またはシャットダウンが必要 はい
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
含まれる VIB
  • VMware_bootbank_vsan_6.7.0-3.143.17661912
  • VMware_bootbank_esx-update_6.7.0-3.143.17700523
  • VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-3.143.17700523
  • VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-3.143.17665851
修正されたパッチ リリース  2677275、2664834、2678794、2681680、2649392、2680976、2681253、2701199、2687411、2664504、2684836、2687729、2685806、2683749、2713397、2706021、2710158、2669702、2660017、2685772、2704741、2645044、2683393、2678705、2693303、2695382、2678639、2679986、2713569、2682261、2652285、2697898、2681921、2691872、2719154、2711959、2681786、2659768、2663643
CVE 番号 該当なし

esx-base、esx-update、vsan、および vsanhealth VIB をアップデートし、次の問題を解決します。

  • PR 2677275:ESXi ホストがメンテナンス モードを終了している間に、Xorg プロセスの再起動が失敗すると、hostd サービスが応答しなくなる場合がある

    ESXi ホストがメンテナンス モードを終了している間に、Xorg プロセスの再起動が失敗すると、hostd サービスが終了処理を完了できないために応答しなくなる場合があります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2664834:ストレージが停止すると、仮想マシンのディスク レイアウトの問題が原因で環境内でエラーが発生する場合がある

    ストレージが短時間停止した後に仮想マシンをリカバリすると、ディスク レイアウトが更新されず、不完全なままになることがあります。その結果、使用環境内でエラーが表示される場合があります。たとえば、VMware Horizon 環境の View Composer ログに、InvalidSnapshotDiskConfiguration などのエラーが繰り返し記録される場合があります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2678794:hostd サービスの失敗により、ESX ホストが応答しなくなる

    vim.VirtualDiskManager.revertToChildDisk 操作をサポートしていない仮想ディスクで、VMware vSphere Replication によってこの操作がトリガされた場合、操作中に NULL チェックが行われないために hostd サービスが失敗することがあります。結果的に、ESXi ホストは vCenter Server システムへの接続を失います。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2681680:RC4 を無効にすると、ESXi ホストで Active Directory ユーザー認証が失敗することがある

    Active Directory 構成の RC4 を無効にすると、「Failed to authenticate user」エラーが発生して ESXi ホストに対するユーザー認証が失敗することがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2649392:DvFilter エージェントのヒープが不足すると、vSphere vMotion を使用した仮想マシンの移行が失敗することがある

    DVFilter エージェントは、共通ヒープを使用して内部構造とバッファの両方に容量を割り当てます。また、vSphere vMotion の操作中にクライアント エージェントの状態を移行するために使用される一時的な割り当てにも使用されます。
    一部のデプロイおよびシナリオでは、フィルタ状態のサイズが非常に大きくなり、vSphere vMotion の操作中にヒープが枯渇することがあります。
    vmkernel ログには、次のようなエラーが記録されています。Failed waiting for dataError bad0014.Out of memory.

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2680976:ContainerView 管理対象オブジェクトの作成中にデータが見つからないため、hostd サービスが失敗する場合がある

    仮想マシン オブジェクト管理インフラストラクチャ セッション中に ContainerView 管理対象オブジェクトの作成に必要なデータの一部が見つからない場合、hostd サービスが失敗する場合があります。

    本リリースで、この問題は修正されました。この問題がすでに発生している場合、ContainerView オブジェクトの作成に使用するサードパーティ製ソリューションを削除してください。

  • PR 2681253:コンテナ ポートで競合状態が発生したために ESXi ホストが動作を停止してパープル スクリーンが表示されることがある

    まれに発生する競合状態により、コンテナ ポートがすでに保有しているロックを再取得する際に、コンテナ ポートのある仮想マシンがパワーオフ状態のときに ESXi ホストが動作を停止してパープル スクリーンが表示されることがあります。次のようなバックトレースが記録されます。
    gdb) bt #0
    LockCheckSelfDeadlockInt (lck=0x4301ad7d6094) at bora/vmkernel/core/lock.c:1820
    #1 0x000041801a911dff in Lock_CheckSelfDeadlock (lck=0x4301ad7d6094) at bora/vmkernel/private/lock.h:598
    #2 MCSLockRWContended (rwl=rwl@entry=0x4301ad7d6080, writer=writer@entry=1 '\001', downgrade=downgrade@entry=0 '\000', flags=flags@entry=MCS_ALWAYS_LOCK) at bora/vmkernel/main/mcslock.c:2078
    #3 0x000041801a9124fd in MCS_DoAcqWriteLockWithRA (rwl=rwl@entry=0x4301ad7d6080, try=try@entry=0 '\000', flags=flags@entry=MCS_ALWAYS_LOCK, ra= ) at bora/vmkernel/main/mcslock.c:2541
    #4 0x000041801a90ee41 in MCS_AcqWriteLockWithFlags (ra= , flags=MCS_ALWAYS_LOCK, rwl=0x4301ad7d6080) at bora/vmkernel/private/mcslock.h:1246
    #5 RefCountBlockSpin (ra=0x41801aa753ca, refCounter=0x4301ad7d6070) at bora/vmkernel/main/refCount.c:565
    #6 RefCountBlock (refCounter=0x4301ad7d6070, ra=ra@entry=0x41801aa753ca) at bora/vmkernel/main/refCount.c:646
    #7 0x000041801aa3c0a8 in RefCount_BlockWithRA (ra=0x41801aa753ca, refCounter= ) at bora/vmkernel/private/refCount.h:793
    #8 Portset_LockExclWithRA (ra=0x41801aa753ca, ps=0x4305d081c010) at bora/vmkernel/net/portset.h:763
    #9 Portset_GetPortExcl (portID=1329) at bora/vmkernel/net/portset.c:3254
    #10 0x000041801aa753ca in Net_WorldCleanup (initFnArgs= ) at bora/vmkernel/net/vmkernel_exports.c:1605
    #11 0x000041801a8ee8bb in InitTable_Cleanup (steps=steps@entry=0x41801acaa640, numSteps=numSteps@entry=35, clientData=clientData@entry=0x451a86f9bf28) at bora/vmkernel/main/initTable.c:381
    #12 0x000041801a940912 in WorldCleanup (world= ) at bora/vmkernel/main/world.c:1522 #13 World_TryReap (worldID= ) at bora/vmkernel/main/world.c:6113
    #14 0x000041801a90e133 in ReaperWorkerWorld (data= ) at bora/vmkernel/main/reaper.c:425
    #15 0x000041801ab107db in CpuSched_StartWorld (destWorld= , previous= )
    at bora/vmkernel/sched/cpusched.c:11957 #16 0x0000000000000000 in ?? ()​

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2701199:NFS サーバのフェイルオーバー中に仮想マシンがパワーオフされる場合がある

    NFS サーバのフェイルオーバー中に、クライアントは開いているすべてのファイルを再要求します。まれに、再要求操作が失敗し、仮想マシンがパワーオフ状態になりますが、これは NFS サーバが失敗した要求を拒否するためです。

    本リリースで、この問題は修正されました。この修正により、再要求操作が正常に実行されるようになります。 

  • PR 2687411:ESXi ホストの再起動後、vCenter Server システムにマウントされた Nutanix によるフォルト トレランス ソリューションを使用する NFS データストアが表示されないことがある

    ESXi ホストの再起動後、vCenter Server システムにマウントされた Nutanix によるフォルト トレランス ソリューションを使用する NFS データストアが表示されないことがあります。ただし、ESXi ホスト内のボリュームは表示されています。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2664504:サイズの大きいキャッシュのサイズ変更中、または無効化中に、vSAN ホストが動作を停止する

    非プリエンプティブル コンテキストで実行中の vSAN ホストがキャッシュ バッファの 256Gb 以上のメモリを解放する際に CPU への負荷が大きくなることがあります。ホストがパープル スクリーンを表示して停止することがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2684836:大きなブロック サイズを使用すると、I/O バンド幅が減少する場合がある

    一部の構成で、ストレージ デバイスでサポートされている最大転送長よりも大きいブロック サイズを使用すると、I/O バンド幅が減少する場合があります。この問題は、ロック競合の原因となる、ストレージ スタックでの I/O 分割レイヤーのバッファ割り当てによって発生します。

    本リリースで、この問題は修正されました。この修正により I/O 分割レイヤーが最適化され、新規のバッファ割り当てが行われなくなります。ただし、最適化は I/O の送信時にゲスト OS で作成されるバッファによって異なり、すべての場合で機能するわけではありません。

  • PR 2687729:I/O トラフィックが停止したため、ESXi ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがある

    優先順位の高いタスクが物理 CPU を長時間保持すると、I/O トラフィックが停止し、最終的には ESXi ホストが動作を停止して、パープル スクリーンが表示されることがあります。バックトレースには次のようなメッセージが記録されます。WARNING: PLOG: PLOGStuckIOCB:7729: Stuck IOs detected on vSAN device:xxx.

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2685806:多数の VMFS データストアを含む ESXi ホストの起動に時間がかかることがある

    仮想フラッシュ ファイル システム (VFFS) を使用して仮想フラッシュ リソースを設定した場合、多数の VMFS データストアを含む ESXi ホストの起動に時間がかかることがあります。この遅延は、ファイル タイプ VFFS と VMFS を比較するプロセスによって発生します。

    本リリースで、この問題は修正されました。この修正によって、ファイル タイプの比較が実行されなくなります。

  • PR 2683749:仮想ネットワーク デバイスを含む仮想マシンが、バックトレースなしでランダムに応答しなくなる場合がある

    まれに、仮想ネットワーク デバイスを含む仮想マシンがランダムに応答しなくなる場合があり、仮想マシンをシャットダウンする必要があります。診断のためにコアダンプを生成すると失敗します。

    本リリースで、この問題は修正されました。 

  • PR 2713397:hostd サービスの再起動後、ESXi ホストの bootTime プロパティが変わることがある

    起動時間は、hostd サービスが起動されるたびに再計算されます。VMkernel は ESXi ホストのアップタイムのみを提供します。タイマーが同期して動くことはないため、hostd の再起動時に起動時間は前後に変わることがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2706021:使用可能なキャパシティが必要なキャパシティを超えると、vSAN でコンポーネント作成エラーが報告される

    vSAN で必要なキャパシティが使用可能なキャパシティより少ないことが報告されると、対応するログ メッセージが整合性のない内容になることがあります。必要な容量と使用可能な容量に報告された値が正しくないことがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2710158:FUJITSU ETERNUS ストレージの場合、ESXi ホストに要求ルールを手動で追加する必要がある

    FUJITSU ETERNUS AB/HB シリーズ ストレージ アレイの場合、ESXi ホストに要求ルールを手動で追加する必要があります。

    本リリースで、この問題は修正されました。今回の修正により、FUJITSU ETERNUS AB/HB シリーズ ストレージ アレイのデフォルト値として、Storage Array Type Plugin (SATP) が VMW_SATP_ALUA に、Path Selection Policy (PSP) が VMW_PSP_RR に、Claim Options が tpgs_on に設定されます。

  • PR 2669702:スラブ メタデータが破損したため vSAN ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがある

    LSOM/VSAN スラブで発生する Use-After-Free (UAF) エラーが原因で vSAN ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。以下のスタックで問題を確認できます。 
    cpu11:2100603)0x451c5f09bd68:[0x418027d285d2]vmk_SlabAlloc@vmkernel#nover+0x2e stack: 0x418028f981ba, 0x0, 0x431d231dbae0, 0x451c5f09bde8, 0x459c836cb960
    cpu11:2100603)0x451c5f09bd70:[0x418028f5e28c]VSANSlab_Alloc@com.vmware.vsanutil#0.0.0.1+0xd stack: 0x0, 0x431d231dbae0, 0x451c5f09bde8, 0x459c836cb960, 0x431d231f7c98
    cpu11:2100603)0x451c5f09bd80:[0x418028f981b9]LSOM_Alloc@LSOMCommon#1+0xaa stack: 0x451c5f09bde8, 0x459c836cb960, 0x431d231f7c98, 0x418028f57eb3, 0x431d231dbae0
    cpu11:2100603)0x451c5f09bdb0:[0x418028f57eb2]VSANServer_InstantiateOperation@com.vmware.vsanutil#0.0.0.1+0x5f stack: 0x1, 0x459c836cb960, 0x418029164388, 0x41802903c607, 0xffffffffffffffff
    cpu11:2100603)0x451c5f09bde0:[0x41802903c606]PLOG_GetDedupInfo@com.vmware.plog#0.0.0.1+0x87 stack: 0x459c836cb740, 0x0, 0x43218d3b7c00, 0x43036e815070, 0x451c5f0a3000
    cpu11:2100603)0x451c5f09be20:[0x418029165075]LSOMDedupComponentScannerHelper@com.vmware.lsom#0.0.0.1+0xfa stack: 0x0, 0x418027d15483, 0x451bc0580000, 0x418027d1c57a, 0x26f5abad8d0ac0
    cpu11:2100603)0x451c5f09bf30:[0x418027ceaf52]HelperQueueFunc@vmkernel#nover+0x30f stack: 0x431d231ba618, 0x431d231ba608, 0x431d231ba640, 0x451c5f0a3000, 0x431d231ba618
    cpu11:2100603)0x451c5f09bfe0:[0x418027f0eaa2]CpuSched_StartWorld@vmkernel#nover+0x77 stack: 0x0, 0x0, 0x0, 0x0, 0x0

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2660017:vSphere Client でハードウェアの健全性に関する警告が表示され、ステータスが「Unknown」であると報告される

    vSphere Client で、ハードウェアの健全性に関する警告が表示され、ESXi ホスト上の一部のセンサーのステータスが「Unknown」であると報告されます。

    本リリースで、この問題は修正されました。デコードがサポートされていないセンサーは無視されシステムの健全性レポートに含まれません。

  • PR 2685772:Wsman サービスが応答しなくなり、再起動されるまで受信要求の受け入れを停止する

    内部メモリ リークのため、一部のサーバでの wsman サービスのメモリ使用量が増えて 23 MB の上限をこえることがあります。その結果、サービスが再起動されるまで受信要求の受け入れを停止します。この問題は Dell サーバと Lenovo サーバに影響します。

    本リリースで、この問題は修正されました。ただし、この修正は特に Dell サーバに適用されます。 

  • PR 2704741:hostd サービスが断続的に応答しなくなり、仮想マシンのスナップショットがタイムアウトになる

    一部の環境では、vSphere Storage Appliance (VSA) プラグイン(別名:Security Virtual Appliance (SVA) )で TCP 接続の作成中に hostd サービスが断続的に応答しなくなることがあります。また、仮想マシンのスナップショットがタイムアウトになる場合があります。VSA は 2014 年以降サポートされていません。

    本リリースで、この問題は修正されました。以前のバージョンの場合、ESXi の再起動のたびにプラグインが /usr/lib/vmware/nas_plugins/lib64/usr/lib/vmware/nas_plugins/lib32 から削除されます。

  • PR 2645044:ロック解除されたスピンロックにより、MSCS クラスタでの仮想マシンの再起動時に ESXi ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがある

    まれに、ロック解除されたスピンロックにより、Microsoft Cluster Service (MSCS) クラスタの一部である仮想マシンの再起動時に ESXi ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。環境で VMware vSphere High Availability が有効になっている場合、この問題が多くの ESXi ホストに影響することがありますが、これは vSphere HA が他のホストの仮想マシンをパワーオンを試行するためです。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2683393:スラブ割り当ての問題により、vSAN ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがある

    スラブ割り当てエラーが RCRead パスで適切に処理されない場合、vSAN ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。次のような警告が記録されます。bora/modules/vmkernel/lsom/rc_io.c:2115 -- NOT REACHED.

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2678705:VMXNET3 ドライバがイーサネット トレーラなど、TCP パケットのトレーリング バイトをゲスト仮想マシンにコピーしない

    VMXNET3 ドライバはチェックサムを IP アドレス合計長フィールドに示されているペイロードからコピーし、計算します。ただし、VMXNET3 は、長さのフィールドに含まれないペイロードより後の追加のバイトをコピーしないため、これらのバイトはゲスト仮想マシンに渡されません。たとえば、VMXNET3 はイーサネット トレーラをコピーせず、渡しません。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2693303:障害のある vSAN デバイスが原因の一時エラーにより、遅延と輻輳が発生することがある

    vSAN ディスク グループのストレージ デバイスに読み取りエラーによる一時エラーがある場合、完全再構築の回避 (FRA) でデバイスを修復できないことがあります。この場合、FRA で再ログが実行されず、PLOG でログが構築され、これにより遅延と輻輳の問題が発生します。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2695382:ネットワーク インターフェイスからの BIOS ファームウェアでの仮想マシンの起動に時間がかかる

    ネットワーク インターフェイスから BIOS ファームウェアで仮想マシンを起動すると、ネットワークの問題が発生し、その環境のさまざまなサーバの操作に時間がかかることがあります。この問題は、ゲスト OS 実行中のネットワーク パフォーマンスに影響を与えることはありません。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2678639:リンク集約グループ内の物理ポートが停止または再起動すると、リンク集約が一時的に不安定になる場合がある

    リンク集約グループ内の物理ポートが停止または再起動し、同時に ESXi ホストが同期なしで LACP パケットを物理スイッチに送信すると、vmnic も停止する場合があります。これにより、リンク集約が一時的に不安定になることがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2679986:NFS データストアへの vSphere vMotion 操作中に仮想マシンが約 40 秒間応答しなくなることがある

    NFS データストアへの vSphere vMotion 操作中に、NFS ディスクベースのロック ファイルが削除されないことがあります。その結果、ターゲット ホストの仮想マシンが約 40 秒間応答しなくなります。

    本リリースで、この問題は修正されました。この修正により、vSphere vMotion 操作中にロック ファイルがディスクから確実に削除されます。 

  • PR 2713569:vCenter Server アラートが vSphere Client と vSphere Web Client に表示されない

    /bin/services.sh restart コマンドを使用して vCenter Server 管理サービスを再起動する場合、ESXi ホスト イベントを vCenter Server に送信する vobd デーモンが再起動しないことがあります。その結果、アラートが vSphere Client と vSphere Web Client に表示されません。

    本リリースで、この問題は修正されました。この修正により、/bin/services.sh restart の使用時に vobd デーモンがシャットダウンしません。

  • PR 2682261:vSphere HA が再起動またはフェイルオーバーすると、仮想マシン vNIC がネットワークから切断することがある

    まれに、vSphere HA が再起動またはフェイルオーバーすると、vSphere HA クラスタ上の仮想マシンが「VMXNET3 user: failed to connect 'Ethernet0' to DV Port 'xx'」などのエラーにより接続を失います。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2652285:Middlebox または TCP プロキシが SYN-ACK フェーズのタイムスタンプ オプションを削除すると、ESXi ホストへの TCP 接続が失敗する

    TCP では 3 段階同期 (SYN) と確認 (ACK) プロセスを使用して、接続 SYN、SYN-ACK、および SYN-ACK の ACK を確立します。TCP タイムスタンプなどのオプションは、このプロセスの一部としてネゴシエートされます。トラフィック最適化のために、middlebox または TCP プロキシは SYN-ACK フェーズのタイムスタンプ オプションを削除する場合があります。その結果、これらの ESXi ホストへの TCP 接続はリセットされ、終了します。パケット キャプチャでは、TCP ハンドシェイク直後にサーバからの RST パケットが示されます。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2697898:ヒープ メモリの値が無効なため、ESXi ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがある

    まれに、ヒープ メモリの未初期化フィールドが VMFS リソース クラスタ番号に対し無効な値を返した場合、VMFS ボリューム上のこのクラスタの後続検索が失敗することがあります。その結果、ESXi ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されます。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2681921:vSphere Distributed Switch から切断中に ESXi ホストで障害が発生し、パープル スクリーンが表示されることがある

    LAG ポート読み取りロックのまれな競合状態により、Distributed Switch からの切断中に ESXi ホストが停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2691872:IORETRY キューの枯渇により I/O 障害が発生する場合がある

    高度に断片化された書き込みバッファからの、ハイブリッド vSAN アレイの 1 MB 読み取りキャッシュ行を満たすことを目的とした vSAN 読み取りキャッシュによる読み取り I/O の送信により、IORETRY で読み取りキャッシュが送信したすべての 64 KB の 読み取りキャッシュ I/O が、16 個の 4 KB の I/O に分割されることがあります。これにより、IORETRY キューが枯渇することがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。監視以外の vSAN ホストごとに次のコマンドを使用して、LSOM maxQueudIos のデフォルト値を 25,000 から 100,000 に変更できます。
    esxcfg-advcfg --set 100000 /LSOM/maxQueudIos
    新しい値は、vSAN ディスク グループの再マウント、またはホストの再起動により、各ディスク グループが再構築されると有効になります。

  • PR 2719154:vSAN データストアにアイドル状態の仮想マシンが多数含まれている場合、アクティブな仮想マシンのパフォーマンスが低下することがある

    I/O を受信していないパワーオフ状態またはサスペンド状態の仮想マシンが vSAN データストアに多数含まれている場合、vSAN の LSOM メモリの輻輳が増加するため、vSAN データストアのアクティブな仮想マシンのパフォーマンスが低下することがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2711959:オブジェクトの状態が適切でないため vSAN ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがある

    まれに、ディスク グループのオブジェクトをコミットしても、そのディスク グループを含む vSAN ホストが再起動した後にオブジェクトがコミットされていないと表示される場合は、vSAN はそのオブジェクトが適切でない状態であると誤って認識していることがあります。その結果、vSAN ホストが動作を停止し、次のようなメッセージとともにパープル スクリーンが表示されることがあります。
    Object <uuid> corrupted. lastCWLSN = <number>, pendingLSN = <number>
    PanicvPanicInt@vmkernel#nover+0x439
    Panic_vPanic@vmkernel#nover+0x23
    vmk_PanicWithModuleID@vmkernel#nover+0x41
    DOMOwnerReconcileProcessLogsStartTask@com.vmware.vsan#0.0.0.1+0x6b3
    DOMOperationStartTask@com.vmware.vsan#0.0.0.1+0xa5
    DOMOperationDispatch@com.vmware.vsan#0.0.0.1+0xce
    VSANServerMainLoop@com.vmware.vsanutil#0.0.0.1+0x5e1
    vmkWorldFunc@vmkernel#nover+0x4f
    CpuSched_StartWorld@vmkernel#nover+0x77

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2681786:電源入れ直し後、パワーオン状態の仮想マシンがパワーオフ状態と表示されることがある

    仮想マシンのハードウェア アップグレード中に vmx.reboot.powerCycle=TRUE 詳細設定を使用して電源入れ直しフラグを設定すると、hostd サービスが仮想マシンの電源状態を追跡できないことがあります。仮想マシンの再起動後、hostd でパワーオン状態の仮想マシンがパワーオフ状態として報告されることがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。この修正により、vmx.reboot.powerCycle=TRUE 設定によるアップグレード中に再起動後も仮想マシンの電源状態の追跡が維持されます。すでにこの問題が発生している場合は、パワーオフ状態のすべての仮想マシンを再ロードします。
    パワーオフ状態のすべての仮想マシンを再ロードするには、次のコマンドを使用します。
    Get-View -ViewType VirtualMachine -Property Runtime.PowerState -Filter @{ "Runtime.PowerState" = "poweredOff" }).reload()
    パワーオフ状態の仮想マシンをクラスタでフィルタリングする場合は、次のコマンドを使用します。
    $ClusterName = "MyClusterName" ; (Get-View -ViewType VirtualMachine -Property Runtime.PowerState -Filter @{ "Runtime.PowerState" = "poweredOff" } -SearchRoot $(Get-View -ViewType "ClusterComputeResource" -Property Name -Filter @{"Name"="$ClusterName"}).MoRef).reload()

  • PR 2659768:仮想マシン ディスク統合操作中のロックにより ESXi ホストが応答しなくなることがある

    スナップショット ディスクの統合など、仮想マシン ディスクの統合操作中に、hostd サービスが長時間ロックすることがあります。その結果、hostd でその他のタスクや状態要求への応答が遅くなります。したがって、ディスク統合タスクに時間がかかりすぎると、ESXi ホストは応答しなくなります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • PR 2663643:vSphere vMotion を使用して移行操作を行った後に、仮想マシンのネットワーク接続が切断される

    vSphere vMotion を使用して移行した後などに、仮想マシンの UUID が変更された場合、仮想マシンに NSX-T の管理対象スイッチ上にある vNIC が設定されていると、仮想マシンのネットワーク接続は失われます。vNIC は再接続できません。

    本リリースで、この問題は修正されました。

ESXi670-202103402-BG
パッチのカテゴリ バグ修正
パッチの重要度 重要
ホストの再起動が必要 はい
仮想マシンの移行またはシャットダウンが必要 はい
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
含まれる VIB
  • VMW_bootbank_vmw-ahci_2.0.7-2vmw.670.3.143.17700523
修正されたパッチ リリース  2666166
CVE 番号 該当なし

vmw-ahci VIB を更新して次の問題を解決します。

  • PR 2666166:ESXi ホストが断続的に応答しなくなる

    VMware AHCI SATA ストレージ コントローラ ドライバでの競合状態により、1 台以上の ESXi ホストが断続的に応答しなくなることがあります。vmkernel.log ファイルには、次のようなメッセージが多数記録されています。​
    …ahciAbortIO:(curr) HWQD: 0 BusyL: 0

    本リリースで、この問題は修正されました。

ESXi670-202103403-BG
パッチのカテゴリ バグ修正
パッチの重要度 重要
ホストの再起動が必要 はい
仮想マシンの移行またはシャットダウンが必要 はい
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
含まれる VIB
  • VMW_bootbank_vmkusb_0.1-1vmw.670.3.143.17700523
修正されたパッチ リリース  2688190
CVE 番号 該当なし

vmkusb VIB を更新して、次の問題を解決します。

  • PR 2688190:USB デバイスのプロセス制御 I/O が 1K を超えると、ESXi ホスト上の仮想マシンへの I/O トラフィックが停止することがある

    ESXi USB ドライバ vmkusb で 1K を超える制御 I/O を処理できないことがあります。その結果、一部の USB デバイスで ESXi ホスト上の仮想マシンへの I/O トラフィックの障害が発生します。

    本リリースで、この問題は修正されました。

ESXi670-202103101-SG
パッチのカテゴリ セキュリティ
パッチの重要度 重要
ホストの再起動が必要 はい
仮想マシンの移行またはシャットダウンが必要 はい
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
含まれる VIB
  • VMware_bootbank_esx-update_6.7.0-3.139.17700514
  • VMware_bootbank_vsan_6.7.0-3.139.17598146
  • VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-3.139.17598147
  • VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-3.139.17700514
修正されたパッチ リリース  2704743 
CVE 番号 該当なし

esx-baseesx-updatevsan、および vsanhealth VIB を更新し、次の問題を解決します。

  • OpenSSH のアップデート

    OpenSSH バージョンが 8.4p1 にアップデートされています。

  • Python ライブラリのアップデート

    Python サードパーティ ライブラリがバージョン 3.5.10 に更新されています。

  • OpenSSL ライブラリのアップデート

    ESXi userworld OpenSSL ライブラリはバージョン openssl-1.0.2x にアップデートされています。

ESXi670-202103102-SG
パッチのカテゴリ セキュリティ
パッチの重要度
ホストの再起動が必要 なし
仮想マシンの移行またはシャットダウンが必要 なし
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
含まれる VIB
  • VMware_locker_tools-light_11.2.5.17337674-17700514
修正されたパッチ リリース  2713501
CVE 番号 該当なし

tools-light VIB を更新します。

ESXi670-202103103-SG
パッチのカテゴリ セキュリティ
パッチの重要度
ホストの再起動が必要 はい
仮想マシンの移行またはシャットダウンが必要 はい
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
含まれる VIB
  • VMware_bootbank_cpu-microcode_6.7.0-3.139.17700514
修正されたパッチ リリース  2673509
関連する CVE 番号 該当なし

このパッチは cpu-microcode​ VIB をアップデートします。

  • cpu-microcode VIB には、次の Intel マイクロコードが含まれています。
    コード名 FMS Plt ID MCU のリビジョン MCU の日付 ブランド名
    Nehalem EP 0x106a5 0x03 0x0000001d 5/11/2018 Intel Xeon 35xx Series
    Intel Xeon 55xx Series
    Lynnfield 0x106e5 0x13 0x0000000a 5/8/2018 Intel Xeon 34xx Lynnfield Series
    Clarkdale 0x20652 0x12 0x00000011 5/8/2018 Intel i3/i5 Clarkdale Series
    Intel Xeon 34xx Clarkdale Series
    Arrandale 0x20655 0x92 0x00000007 4/23/2018 Intel Core i7-620LE Processor
    Sandy Bridge DT 0x206a7 0x12 0x0000002f 2/17/2019 Intel Xeon E3-1100 Series
    Intel Xeon E3-1200 Series
    Intel i7-2655-LE Series
    Intel i3-2100 Series
    Westmere EP 0x206c2 0x03 0x0000001f 5/8/2018 Intel Xeon 56xx Series
    Intel Xeon 36xx Series
    Sandy Bridge EP 0x206d6 0x6d 0x00000621 3/4/2020 Intel Pentium 1400 Series
    Intel Xeon E5-1400 Series
    Intel Xeon E5-1600 Series
    Intel Xeon E5-2400 Series
    Intel Xeon E5-2600 Series
    Intel Xeon E5-4600 Series
    Sandy Bridge EP 0x206d7 0x6d 0x0000071a 3/24/2020 Intel Pentium 1400 Series
    Intel Xeon E5-1400 Series
    Intel Xeon E5-1600 Series
    Intel Xeon E5-2400 Series
    Intel Xeon E5-2600 Series
    Intel Xeon E5-4600 Series
    Nehalem EX 0x206e6 0x04 0x0000000d 5/15/2018 Intel Xeon 65xx Series
    Intel Xeon 75xx Series
    Westmere EX 0x206f2 0x05 0x0000003b 5/16/2018 Intel Xeon E7-8800 Series
    Intel Xeon E7-4800 Series
    Intel Xeon E7-2800 Series
    Ivy Bridge DT 0x306a9 0x12 0x00000021 2/13/2019 Intel i3-3200 Series
    Intel i7-3500-LE/UE
    Intel i7-3600-QE
    Intel Xeon E3-1200-v2 Series
    Intel Xeon E3-1100-C-v2 Series
    Intel Pentium B925C
    Haswell DT 0x306c3 0x32 0x00000028 11/12/2019 Intel Xeon E3-1200-v3 Series
    Intel i7-4700-EQ Series
    Intel i5-4500-TE Series
    Intel i3-4300 Series
    Ivy Bridge EP 0x306e4 0xed 0x0000042e 3/14/2019 Intel Xeon E5-4600-v2 Series
    Intel Xeon E5-2600-v2 Series
    Intel Xeon E5-2400-v2 Series
    Intel Xeon E5-1600-v2 Series
    Intel Xeon E5-1400-v2 Series
    Ivy Bridge EX 0x306e7 0xed 0x00000715 3/14/2019 Intel Xeon E7-8800/4800/2800-v2 Series
    Haswell EP 0x306f2 0x6f 0x00000044 5/27/2020 Intel Xeon E5-4600-v3 Series
    Intel Xeon E5-2600-v3 Series
    Intel Xeon E5-2400-v3 Series
    Intel Xeon E5-1600-v3 Series
    Intel Xeon E5-1400-v3 Series
    Haswell EX 0x306f4 0x80 0x00000016 6/17/2019 Intel Xeon E7-8800/4800-v3 Series
    Broadwell H 0x40671 0x22 0x00000022 11/12/2019 Intel Core i7-5700EQ
    Intel Xeon E3-1200-v4 Series
    Avoton 0x406d8 0x01 0x0000012d 9/16/2019 Intel Atom C2300 Series
    Intel Atom C2500 Series
    Intel Atom C2700 Series
    Broadwell EP/EX 0x406f1 0xef 0x0b000038 6/18/2019 Intel Xeon E7-8800/4800-v4 Series
    Intel Xeon E5-4600-v4 Series
    Intel Xeon E5-2600-v4 Series
    Intel Xeon E5-1600-v4 Series
    Skylake SP 0x50654 0xb7 0x02006a08 6/16/2020 Intel Xeon Platinum 8100 Series
    Intel Xeon Gold 6100/5100、Silver 4100、Bronze 3100 Series
    Intel Xeon D-2100 Series
    Intel Xeon D-1600 Series
    Intel Xeon W-3100 Series
    Intel Xeon W-2100 Series
    Cascade Lake B-0 0x50656 0xbf 0x04003003 6/18/2020 Intel Xeon Platinum 9200/8200 Series
    Intel Xeon Gold 6200/5200
    Intel Xeon Silver 4200/Bronze 3200
    Intel Xeon W-3200
    Cascade Lake 0x50657 0xbf 0x05003003 6/18/2020 Intel Xeon Platinum 9200/8200 Series
    Intel Xeon Gold 6200/5200
    Intel Xeon Silver 4200/Bronze 3200
    Intel Xeon W-3200
    Cooper Lake 0x5065b 0xbf 0x0700001f 9/17/2020 Intel Xeon Platinum 8300 Series
    Intel Xeon Gold 6300/5300
    Broadwell DE 0x50662 0x10 0x0000001c 6/17/2019 Intel Xeon D-1500 Series
    Broadwell DE 0x50663 0x10 0x07000019 6/17/2019 Intel Xeon D-1500 Series
    Broadwell DE 0x50664 0x10 0x0f000017 6/17/2019 Intel Xeon D-1500 Series
    Broadwell NS 0x50665 0x10 0x0e00000f 6/17/2019 Intel Xeon D-1600 Series
    Skylake H/S 0x506e3 0x36 0x000000e2 7/14/2020 Intel Xeon E3-1500-v5 Series
    Intel Xeon E3-1200-v5 Series
    Denverton 0x506f1 0x01 0x00000032 3/7/2020 Intel Atom C3000 Series
    Snow Ridge 0x80665 0x01 0x0b000007 2/25/2020 Intel Atom P5000 Series
    Kaby Lake H/S/X 0x906e9 0x2a 0x000000de 5/26/2020 Intel Xeon E3-1200-v6 Series
    Intel Xeon E3-1500-v6 Series
    Coffee Lake 0x906ea 0x22 0x000000de 5/25/2020 Intel Xeon E-2100 Series
    Intel Xeon E-2200 Series(4 コアまたは 6 コア)
    Coffee Lake 0x906eb 0x02 0x000000de 5/25/2020 Intel Xeon E-2100 Series
    Coffee Lake 0x906ec 0x22 0x000000de 6/3/2020 Intel Xeon E-2100 Series
    Coffee Lake Refresh 0x906ed 0x22 0x000000de 5/24/2020 Intel Xeon E-2200 Series(8 コア)
ESXi-6.7.0-20210304001-standard
プロファイル名 ESXi-6.7.0-20210304001-standard
ビルド ビルドの詳細については、「本リリースに含まれるパッチ」を参照してください。
ベンダー VMware, Inc.
リリース日 2021 年 3 月 18 日
許容レベル PartnerSupported
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
影響のある VIB
  • VMware_bootbank_vsan_6.7.0-3.143.17661912
  • VMware_bootbank_esx-update_6.7.0-3.143.17700523
  • VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-3.143.17700523
  • VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-3.143.17665851
  • VMW_bootbank_vmw-ahci_2.0.7-2vmw.670.3.143.17700523
  • VMW_bootbank_vmkusb_0.1-1vmw.670.3.143.17700523
  • VMware_locker_tools-light_11.2.5.17337674-17700514
  • VMware_bootbank_cpu-microcode_6.7.0-3.139.17700514
修正されたパッチ リリース 2677275、2664834、2678794、2681680、2649392、2680976、2681253、2701199、2687411、2664504、2684836、2687729、2685806、2683749、2713397、2706021、2710158、2669702、2660017、2685772、2704741、2645044、2683393、2678705、2693303、2695382、2678639、2679986、2713569、2682261、2652285、2697898、2681921、2691872、2719154、2711959、2681786、2659768、2663643、2666166、2688190
関連する CVE 番号 該当なし
  • このパッチでは、以下の問題がアップデートされています。
    • ESXi ホストがメンテナンス モードを終了している間に、Xorg プロセスの再起動が失敗すると、hostd サービスが終了処理を完了できないために応答しなくなる場合があります。

    • ストレージが短時間停止した後に仮想マシンをリカバリすると、ディスク レイアウトが更新されず、不完全なままになることがあります。その結果、使用環境内でエラーが表示される場合があります。たとえば、VMware Horizon 環境の View Composer ログに、InvalidSnapshotDiskConfiguration などのエラーが繰り返し記録される場合があります。

    • vim.VirtualDiskManager.revertToChildDisk 操作をサポートしていない仮想ディスクで、VMware vSphere Replication によってこの操作がトリガされた場合、操作中に NULL チェックが行われないために hostd サービスが失敗することがあります。結果的に、ESXi ホストは vCenter Server システムへの接続を失います。

    • Active Directory 構成の RC4 を無効にすると、「Failed to authenticate user」エラーが発生して ESXi ホストに対するユーザー認証が失敗することがあります。

    • DVFilter エージェントは、共通ヒープを使用して内部構造とバッファの両方に容量を割り当てます。また、vSphere vMotion の操作中にクライアント エージェントの状態を移行するために使用される一時的な割り当てにも使用されます。
      一部のデプロイおよびシナリオでは、フィルタ状態のサイズが非常に大きくなり、vSphere vMotion の操作中にヒープが枯渇することがあります。
      vmkernel ログには、次のようなエラーが記録されています。Failed waiting for dataError bad0014.Out of memory.

    • 仮想マシン オブジェクト管理インフラストラクチャ セッション中に ContainerView 管理対象オブジェクトの作成に必要なデータの一部が見つからない場合、hostd サービスが失敗する場合があります。

    • まれに発生する競合状態により、コンテナ ポートがすでに保有しているロックを再取得する際に、コンテナ ポートのある仮想マシンがパワーオフ状態のときに ESXi ホストが動作を停止してパープル スクリーンが表示されることがあります。次のようなバックトレースが記録されます。
      gdb) bt #0
      LockCheckSelfDeadlockInt (lck=0x4301ad7d6094) at bora/vmkernel/core/lock.c:1820
      #1 0x000041801a911dff in Lock_CheckSelfDeadlock (lck=0x4301ad7d6094) at bora/vmkernel/private/lock.h:598
      #2 MCSLockRWContended (rwl=rwl@entry=0x4301ad7d6080, writer=writer@entry=1 '\001', downgrade=downgrade@entry=0 '\000', flags=flags@entry=MCS_ALWAYS_LOCK) at bora/vmkernel/main/mcslock.c:2078
      #3 0x000041801a9124fd in MCS_DoAcqWriteLockWithRA (rwl=rwl@entry=0x4301ad7d6080, try=try@entry=0 '\000', flags=flags@entry=MCS_ALWAYS_LOCK, ra=) at bora/vmkernel/main/mcslock.c:2541
      #4 0x000041801a90ee41 in MCS_AcqWriteLockWithFlags (ra=, flags=MCS_ALWAYS_LOCK, rwl=0x4301ad7d6080) at bora/vmkernel/private/mcslock.h:1246
      #5 RefCountBlockSpin (ra=0x41801aa753ca, refCounter=0x4301ad7d6070) at bora/vmkernel/main/refCount.c:565
      #6 RefCountBlock (refCounter=0x4301ad7d6070, ra=ra@entry=0x41801aa753ca) at bora/vmkernel/main/refCount.c:646
      #7 0x000041801aa3c0a8 in RefCount_BlockWithRA (ra=0x41801aa753ca, refCounter=) at bora/vmkernel/private/refCount.h:793
      #8 Portset_LockExclWithRA (ra=0x41801aa753ca, ps=0x4305d081c010) at bora/vmkernel/net/portset.h:763
      #9 Portset_GetPortExcl (portID=1329) at bora/vmkernel/net/portset.c:3254
      #10 0x000041801aa753ca in Net_WorldCleanup (initFnArgs=) at bora/vmkernel/net/vmkernel_exports.c:1605
      #11 0x000041801a8ee8bb in InitTable_Cleanup (steps=steps@entry=0x41801acaa640, numSteps=numSteps@entry=35, clientData=clientData@entry=0x451a86f9bf28) at bora/vmkernel/main/initTable.c:381
      #12 0x000041801a940912 in WorldCleanup (world=) at bora/vmkernel/main/world.c:1522 #13 World_TryReap (worldID=) at bora/vmkernel/main/world.c:6113
      #14 0x000041801a90e133 in ReaperWorkerWorld (data=) at bora/vmkernel/main/reaper.c:425
      #15 0x000041801ab107db in CpuSched_StartWorld (destWorld=, previous=)
      at bora/vmkernel/sched/cpusched.c:11957 #16 0x0000000000000000 in ?? ()​

    • NFS サーバのフェイルオーバー中に、クライアントは開いているすべてのファイルを再要求します。まれに、再要求操作が失敗し、仮想マシンがパワーオフ状態になりますが、これは NFS サーバが失敗した要求を拒否するためです。

    • ESXi ホストの再起動後、vCenter Server システムにマウントされた Nutanix によるフォルト トレランス ソリューションを使用する NFS データストアが表示されないことがあります。ただし、ESXi ホスト内のボリュームは表示されています。

    • 非プリエンプティブル コンテキストで実行中の vSAN ホストがキャッシュ バッファの 256Gb 以上のメモリを解放する際に CPU への負荷が大きくなることがあります。ホストがパープル スクリーンを表示して停止することがあります。

    • 一部の構成で、ストレージ デバイスでサポートされている最大転送長よりも大きいブロック サイズを使用すると、I/O バンド幅が減少する場合があります。この問題は、ロック競合の原因となる、ストレージ スタックでの I/O 分割レイヤーのバッファ割り当てによって発生します。

    • 優先順位の高いタスクが物理 CPU を長時間保持すると、I/O トラフィックが停止し、最終的には ESXi ホストが動作を停止して、パープル スクリーンが表示されることがあります。バックトレースには次のようなメッセージが記録されます。WARNING: PLOG: PLOGStuckIOCB:7729: Stuck IOs detected on vSAN device:xxx.

    • 仮想フラッシュ ファイル システム (VFFS) を使用して仮想フラッシュ リソースを設定した場合、多数の VMFS データストアを含む ESXi ホストの起動に時間がかかることがあります。この遅延は、ファイル タイプ VFFS と VMFS を比較するプロセスによって発生します。

    • まれに、仮想ネットワーク デバイスを含む仮想マシンがランダムに応答しなくなる場合があり、仮想マシンをシャットダウンする必要があります。診断のためにコアダンプを生成すると失敗します。

    • 起動時間は、hostd サービスが起動されるたびに再計算されます。VMkernel は ESXi ホストのアップタイムのみを提供します。タイマーが同期して動くことはないため、hostd の再起動時に起動時間は前後に変わることがあります。

    • vSAN で必要なキャパシティが使用可能なキャパシティより少ないことが報告されると、対応するログ メッセージが整合性のない内容になることがあります。必要な容量と使用可能な容量に報告された値が正しくないことがあります。

    • FUJITSU ETERNUS AB/HB シリーズ ストレージ アレイの場合、ESXi ホストに要求ルールを手動で追加する必要があります。

    • LSOM/VSAN スラブで発生する Use-After-Free (UAF) エラーが原因で vSAN ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。以下のスタックで問題を確認できます。 
      cpu11:2100603)0x451c5f09bd68:[0x418027d285d2]vmk_SlabAlloc@vmkernel#nover+0x2e stack: 0x418028f981ba, 0x0, 0x431d231dbae0, 0x451c5f09bde8, 0x459c836cb960
      cpu11:2100603)0x451c5f09bd70:[0x418028f5e28c]VSANSlab_Alloc@com.vmware.vsanutil#0.0.0.1+0xd stack: 0x0, 0x431d231dbae0, 0x451c5f09bde8, 0x459c836cb960, 0x431d231f7c98
      cpu11:2100603)0x451c5f09bd80:[0x418028f981b9]LSOM_Alloc@LSOMCommon#1+0xaa stack: 0x451c5f09bde8, 0x459c836cb960, 0x431d231f7c98, 0x418028f57eb3, 0x431d231dbae0
      cpu11:2100603)0x451c5f09bdb0:[0x418028f57eb2]VSANServer_InstantiateOperation@com.vmware.vsanutil#0.0.0.1+0x5f stack: 0x1, 0x459c836cb960, 0x418029164388, 0x41802903c607, 0xffffffffffffffff
      cpu11:2100603)0x451c5f09bde0:[0x41802903c606]PLOG_GetDedupInfo@com.vmware.plog#0.0.0.1+0x87 stack: 0x459c836cb740, 0x0, 0x43218d3b7c00, 0x43036e815070, 0x451c5f0a3000
      cpu11:2100603)0x451c5f09be20:[0x418029165075]LSOMDedupComponentScannerHelper@com.vmware.lsom#0.0.0.1+0xfa stack: 0x0, 0x418027d15483, 0x451bc0580000, 0x418027d1c57a, 0x26f5abad8d0ac0
      cpu11:2100603)0x451c5f09bf30:[0x418027ceaf52]HelperQueueFunc@vmkernel#nover+0x30f stack: 0x431d231ba618, 0x431d231ba608, 0x431d231ba640, 0x451c5f0a3000, 0x431d231ba618
      cpu11:2100603)0x451c5f09bfe0:[0x418027f0eaa2]CpuSched_StartWorld@vmkernel#nover+0x77 stack: 0x0, 0x0, 0x0, 0x0, 0x0

    • vSphere Client で、ハードウェアの健全性に関する警告が表示され、ESXi ホスト上の一部のセンサーのステータスが「Unknown」であると報告されます。

    • 内部メモリ リークのため、一部のサーバでの wsman サービスのメモリ使用量が増えて 23 MB の上限をこえることがあります。その結果、サービスが再起動されるまで受信要求の受け入れを停止します。この問題は Dell サーバと Lenovo サーバに影響します。

    • 一部の環境では、vSphere Storage Appliance (VSA) プラグイン(別名:Security Virtual Appliance (SVA) )で TCP 接続の作成中に hostd サービスが断続的に応答しなくなることがあります。また、仮想マシンのスナップショットがタイムアウトになる場合があります。VSA は 2014 年以降サポートされていません。

    • まれに、ロック解除されたスピンロックにより、Microsoft Cluster Service (MSCS) クラスタの一部である仮想マシンの再起動時に ESXi ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。環境で VMware vSphere High Availability が有効になっている場合、この問題が多くの ESXi ホストに影響することがありますが、これは vSphere HA が他のホストの仮想マシンをパワーオンを試行するためです。

    • スラブ割り当てエラーが RCRead パスで適切に処理されない場合、vSAN ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。次のような警告が記録されます。bora/modules/vmkernel/lsom/rc_io.c:2115 -- NOT REACHED.

    • VMXNET3 ドライバはチェックサムを IP アドレス合計長フィールドに示されているペイロードからコピーし、計算します。ただし、VMXNET3 は、長さのフィールドに含まれないペイロードより後の追加のバイトをコピーしないため、これらのバイトはゲスト仮想マシンに渡されません。たとえば、VMXNET3 はイーサネット トレーラをコピーせず、渡しません。

    • vSAN ディスク グループのストレージ デバイスに読み取りエラーによる一時エラーがある場合、完全再構築の回避 (FRA) でデバイスを修復できないことがあります。この場合、FRA で再ログが実行されず、PLOG でログが構築され、これにより遅延と輻輳の問題が発生します。

    • ネットワーク インターフェイスから BIOS ファームウェアで仮想マシンを起動すると、ネットワークの問題が発生し、その環境のさまざまなサーバの操作に時間がかかることがあります。この問題は、ゲスト OS 実行中のネットワーク パフォーマンスに影響を与えることはありません。

    • リンク集約グループ内の物理ポートが停止または再起動し、同時に ESXi ホストが同期なしで LACP パケットを物理スイッチに送信すると、vmnic も停止する場合があります。これにより、リンク集約が一時的に不安定になることがあります。

    • NFS データストアへの vSphere vMotion 操作中に、NFS ディスクベースのロック ファイルが削除されないことがあります。その結果、ターゲット ホストの仮想マシンが約 40 秒間応答しなくなります。

    • /bin/services.sh restart コマンドを使用して vCenter Server 管理サービスを再起動する場合、ESXi ホスト イベントを vCenter Server に送信する vobd デーモンが再起動しないことがあります。その結果、アラートが vSphere Client と vSphere Web Client に表示されません。

    • まれに、vSphere HA が再起動またはフェイルオーバーすると、vSphere HA クラスタ上の仮想マシンが「VMXNET3 user: failed to connect 'Ethernet0' to DV Port 'xx'」などのエラーにより接続を失います。

    • TCP では 3 段階同期 (SYN) と確認 (ACK) プロセスを使用して、接続 SYN、SYN-ACK、および SYN-ACK の ACK を確立します。TCP タイムスタンプなどのオプションは、このプロセスの一部としてネゴシエートされます。トラフィック最適化のために、middlebox または TCP プロキシは SYN-ACK フェーズのタイムスタンプ オプションを削除する場合があります。その結果、これらの ESXi ホストへの TCP 接続はリセットされ、終了します。パケット キャプチャでは、TCP ハンドシェイク直後にサーバからの RST パケットが示されます。

    • まれに、ヒープ メモリの未初期化フィールドが VMFS リソース クラスタ番号に対し無効な値を返した場合、VMFS ボリューム上のこのクラスタの後続検索が失敗することがあります。その結果、ESXi ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されます。

    • LAG ポート読み取りロックのまれな競合状態により、Distributed Switch からの切断中に ESXi ホストが停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。

    • 高度に断片化された書き込みバッファからの、ハイブリッド vSAN アレイの 1 MB 読み取りキャッシュ行を満たすことを目的とした vSAN 読み取りキャッシュによる読み取り I/O の送信により、IORETRY で読み取りキャッシュが送信したすべての 64 KB の 読み取りキャッシュ I/O が、16 個の 4 KB の I/O に分割されることがあります。これにより、IORETRY キューが枯渇することがあります。

    • I/O を受信していないパワーオフ状態またはサスペンド状態の仮想マシンが vSAN データストアに多数含まれている場合、vSAN の LSOM メモリの輻輳が増加するため、vSAN データストアのアクティブな仮想マシンのパフォーマンスが低下することがあります。

    • まれに、ディスク グループのオブジェクトをコミットしても、そのディスク グループを含む vSAN ホストが再起動した後にオブジェクトがコミットされていないと表示される場合は、vSAN はそのオブジェクトが適切でない状態であると誤って認識していることがあります。その結果、vSAN ホストが動作を停止し、次のようなメッセージとともにパープル スクリーンが表示されることがあります。
      Object <uuid> corrupted. lastCWLSN = <number>, pendingLSN = <number>
      PanicvPanicInt@vmkernel#nover+0x439
      Panic_vPanic@vmkernel#nover+0x23
      vmk_PanicWithModuleID@vmkernel#nover+0x41
      DOMOwnerReconcileProcessLogsStartTask@com.vmware.vsan#0.0.0.1+0x6b3
      DOMOperationStartTask@com.vmware.vsan#0.0.0.1+0xa5
      DOMOperationDispatch@com.vmware.vsan#0.0.0.1+0xce
      VSANServerMainLoop@com.vmware.vsanutil#0.0.0.1+0x5e1
      vmkWorldFunc@vmkernel#nover+0x4f
      CpuSched_StartWorld@vmkernel#nover+0x77

    • 仮想マシンのハードウェア アップグレード中に vmx.reboot.powerCycle=TRUE 詳細設定を使用して電源入れ直しフラグを設定すると、hostd サービスが仮想マシンの電源状態を追跡できないことがあります。仮想マシンの再起動後、hostd でパワーオン状態の仮想マシンがパワーオフ状態として報告されることがあります。

    • スナップショット ディスクの統合など、仮想マシン ディスクの統合操作中に、hostd サービスが長時間ロックすることがあります。その結果、hostd でその他のタスクや状態要求への応答が遅くなります。したがって、ディスク統合タスクに時間がかかりすぎると、ESXi ホストは応答しなくなります。

    • vSphere vMotion を使用して移行した後などに、仮想マシンの UUID が変更された場合、仮想マシンに NSX-T の管理対象スイッチ上にある vNIC が設定されていると、仮想マシンのネットワーク接続は失われます。vNIC は再接続できません。
      VMware AHCI SATA ストレージ コントローラ ドライバでの競合状態により、1 台以上の ESXi ホストが断続的に応答しなくなることがあります。vmkernel.log ファイルには、次のようなメッセージが多数記録されています。​
      …ahciAbortIO:(curr) HWQD: 0 BusyL: 0

    • ESXi USB ドライバ vmkusb で 1K を超える制御 I/O を処理できないことがあります。その結果、一部の USB デバイスで ESXi ホスト上の仮想マシンへの I/O トラフィックの障害が発生します。

ESXi-6.7.0-20210304001-no-tools
プロファイル名 ESXi-6.7.0-20210304001-no-tools
ビルド ビルドの詳細については、「本リリースに含まれるパッチ」を参照してください。
ベンダー VMware, Inc.
リリース日 2021 年 3 月 18 日
許容レベル PartnerSupported
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
影響のある VIB
  • VMware_bootbank_vsan_6.7.0-3.143.17661912
  • VMware_bootbank_esx-update_6.7.0-3.143.17700523
  • VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-3.143.17700523
  • VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-3.143.17665851
  • VMW_bootbank_vmw-ahci_2.0.7-2vmw.670.3.143.17700523
  • VMW_bootbank_vmkusb_0.1-1vmw.670.3.143.17700523
  • VMware_bootbank_cpu-microcode_6.7.0-3.139.17700514
修正されたパッチ リリース 2677275、2664834、2678794、2681680、2649392、2680976、2681253、2701199、2687411、2664504、2684836、2687729、2685806、2683749、2713397、2706021、2710158、2669702、2660017、2685772、2704741、2645044、2683393、2678705、2693303、2695382、2678639、2679986、2713569、2682261、2652285、2697898、2681921、2691872、2719154、2711959、2681786、2659768、2663643、2666166、2688190
関連する CVE 番号 該当なし
  • このパッチでは、以下の問題がアップデートされています。
    • ESXi ホストがメンテナンス モードを終了している間に、Xorg プロセスの再起動が失敗すると、hostd サービスが終了処理を完了できないために応答しなくなる場合があります。

    • ストレージが短時間停止した後に仮想マシンをリカバリすると、ディスク レイアウトが更新されず、不完全なままになることがあります。その結果、使用環境内でエラーが表示される場合があります。たとえば、VMware Horizon 環境の View Composer ログに、InvalidSnapshotDiskConfiguration などのエラーが繰り返し記録される場合があります。

    • vim.VirtualDiskManager.revertToChildDisk 操作をサポートしていない仮想ディスクで、VMware vSphere Replication によってこの操作がトリガされた場合、操作中に NULL チェックが行われないために hostd サービスが失敗することがあります。結果的に、ESXi ホストは vCenter Server システムへの接続を失います。

    • Active Directory 構成の RC4 を無効にすると、「Failed to authenticate user」エラーが発生して ESXi ホストに対するユーザー認証が失敗することがあります。

    • DVFilter エージェントは、共通ヒープを使用して内部構造とバッファの両方に容量を割り当てます。また、vSphere vMotion の操作中にクライアント エージェントの状態を移行するために使用される一時的な割り当てにも使用されます。
      一部のデプロイおよびシナリオでは、フィルタ状態のサイズが非常に大きくなり、vSphere vMotion の操作中にヒープが枯渇することがあります。
      vmkernel ログには、次のようなエラーが記録されています。Failed waiting for dataError bad0014.Out of memory.

    • 仮想マシン オブジェクト管理インフラストラクチャ セッション中に ContainerView 管理対象オブジェクトの作成に必要なデータの一部が見つからない場合、hostd サービスが失敗する場合があります。

    • まれに発生する競合状態により、コンテナ ポートがすでに保有しているロックを再取得する際に、コンテナ ポートのある仮想マシンがパワーオフ状態のときに ESXi ホストが動作を停止してパープル スクリーンが表示されることがあります。次のようなバックトレースが記録されます。
      gdb) bt #0
      LockCheckSelfDeadlockInt (lck=0x4301ad7d6094) at bora/vmkernel/core/lock.c:1820
      #1 0x000041801a911dff in Lock_CheckSelfDeadlock (lck=0x4301ad7d6094) at bora/vmkernel/private/lock.h:598
      #2 MCSLockRWContended (rwl=rwl@entry=0x4301ad7d6080, writer=writer@entry=1 '\001', downgrade=downgrade@entry=0 '\000', flags=flags@entry=MCS_ALWAYS_LOCK) at bora/vmkernel/main/mcslock.c:2078
      #3 0x000041801a9124fd in MCS_DoAcqWriteLockWithRA (rwl=rwl@entry=0x4301ad7d6080, try=try@entry=0 '\000', flags=flags@entry=MCS_ALWAYS_LOCK, ra=) at bora/vmkernel/main/mcslock.c:2541
      #4 0x000041801a90ee41 in MCS_AcqWriteLockWithFlags (ra=, flags=MCS_ALWAYS_LOCK, rwl=0x4301ad7d6080) at bora/vmkernel/private/mcslock.h:1246
      #5 RefCountBlockSpin (ra=0x41801aa753ca, refCounter=0x4301ad7d6070) at bora/vmkernel/main/refCount.c:565
      #6 RefCountBlock (refCounter=0x4301ad7d6070, ra=ra@entry=0x41801aa753ca) at bora/vmkernel/main/refCount.c:646
      #7 0x000041801aa3c0a8 in RefCount_BlockWithRA (ra=0x41801aa753ca, refCounter=) at bora/vmkernel/private/refCount.h:793
      #8 Portset_LockExclWithRA (ra=0x41801aa753ca, ps=0x4305d081c010) at bora/vmkernel/net/portset.h:763
      #9 Portset_GetPortExcl (portID=1329) at bora/vmkernel/net/portset.c:3254
      #10 0x000041801aa753ca in Net_WorldCleanup (initFnArgs=) at bora/vmkernel/net/vmkernel_exports.c:1605
      #11 0x000041801a8ee8bb in InitTable_Cleanup (steps=steps@entry=0x41801acaa640, numSteps=numSteps@entry=35, clientData=clientData@entry=0x451a86f9bf28) at bora/vmkernel/main/initTable.c:381
      #12 0x000041801a940912 in WorldCleanup (world=) at bora/vmkernel/main/world.c:1522 #13 World_TryReap (worldID=) at bora/vmkernel/main/world.c:6113
      #14 0x000041801a90e133 in ReaperWorkerWorld (data=) at bora/vmkernel/main/reaper.c:425
      #15 0x000041801ab107db in CpuSched_StartWorld (destWorld=, previous=)
      at bora/vmkernel/sched/cpusched.c:11957 #16 0x0000000000000000 in ?? ()​

    • NFS サーバのフェイルオーバー中に、クライアントは開いているすべてのファイルを再要求します。まれに、再要求操作が失敗し、仮想マシンがパワーオフ状態になりますが、これは NFS サーバが失敗した要求を拒否するためです。

    • ESXi ホストの再起動後、vCenter Server システムにマウントされた Nutanix によるフォルト トレランス ソリューションを使用する NFS データストアが表示されないことがあります。ただし、ESXi ホスト内のボリュームは表示されています。

    • 非プリエンプティブル コンテキストで実行中の vSAN ホストがキャッシュ バッファの 256Gb 以上のメモリを解放する際に CPU への負荷が大きくなることがあります。ホストがパープル スクリーンを表示して停止することがあります。

    • 一部の構成で、ストレージ デバイスでサポートされている最大転送長よりも大きいブロック サイズを使用すると、I/O バンド幅が減少する場合があります。この問題は、ロック競合の原因となる、ストレージ スタックでの I/O 分割レイヤーのバッファ割り当てによって発生します。

    • 優先順位の高いタスクが物理 CPU を長時間保持すると、I/O トラフィックが停止し、最終的には ESXi ホストが動作を停止して、パープル スクリーンが表示されることがあります。バックトレースには次のようなメッセージが記録されます。WARNING: PLOG: PLOGStuckIOCB:7729: Stuck IOs detected on vSAN device:xxx.

    • 仮想フラッシュ ファイル システム (VFFS) を使用して仮想フラッシュ リソースを設定した場合、多数の VMFS データストアを含む ESXi ホストの起動に時間がかかることがあります。この遅延は、ファイル タイプ VFFS と VMFS を比較するプロセスによって発生します。

    • まれに、仮想ネットワーク デバイスを含む仮想マシンがランダムに応答しなくなる場合があり、仮想マシンをシャットダウンする必要があります。診断のためにコアダンプを生成すると失敗します。

    • 起動時間は、hostd サービスが起動されるたびに再計算されます。VMkernel は ESXi ホストのアップタイムのみを提供します。タイマーが同期して動くことはないため、hostd の再起動時に起動時間は前後に変わることがあります。

    • vSAN で必要なキャパシティが使用可能なキャパシティより少ないことが報告されると、対応するログ メッセージが整合性のない内容になることがあります。必要な容量と使用可能な容量に報告された値が正しくないことがあります。

    • FUJITSU ETERNUS AB/HB シリーズ ストレージ アレイの場合、ESXi ホストに要求ルールを手動で追加する必要があります。

    • LSOM/VSAN スラブで発生する Use-After-Free (UAF) エラーが原因で vSAN ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。以下のスタックで問題を確認できます。 
      cpu11:2100603)0x451c5f09bd68:[0x418027d285d2]vmk_SlabAlloc@vmkernel#nover+0x2e stack: 0x418028f981ba, 0x0, 0x431d231dbae0, 0x451c5f09bde8, 0x459c836cb960
      cpu11:2100603)0x451c5f09bd70:[0x418028f5e28c]VSANSlab_Alloc@com.vmware.vsanutil#0.0.0.1+0xd stack: 0x0, 0x431d231dbae0, 0x451c5f09bde8, 0x459c836cb960, 0x431d231f7c98
      cpu11:2100603)0x451c5f09bd80:[0x418028f981b9]LSOM_Alloc@LSOMCommon#1+0xaa stack: 0x451c5f09bde8, 0x459c836cb960, 0x431d231f7c98, 0x418028f57eb3, 0x431d231dbae0
      cpu11:2100603)0x451c5f09bdb0:[0x418028f57eb2]VSANServer_InstantiateOperation@com.vmware.vsanutil#0.0.0.1+0x5f stack: 0x1, 0x459c836cb960, 0x418029164388, 0x41802903c607, 0xffffffffffffffff
      cpu11:2100603)0x451c5f09bde0:[0x41802903c606]PLOG_GetDedupInfo@com.vmware.plog#0.0.0.1+0x87 stack: 0x459c836cb740, 0x0, 0x43218d3b7c00, 0x43036e815070, 0x451c5f0a3000
      cpu11:2100603)0x451c5f09be20:[0x418029165075]LSOMDedupComponentScannerHelper@com.vmware.lsom#0.0.0.1+0xfa stack: 0x0, 0x418027d15483, 0x451bc0580000, 0x418027d1c57a, 0x26f5abad8d0ac0
      cpu11:2100603)0x451c5f09bf30:[0x418027ceaf52]HelperQueueFunc@vmkernel#nover+0x30f stack: 0x431d231ba618, 0x431d231ba608, 0x431d231ba640, 0x451c5f0a3000, 0x431d231ba618
      cpu11:2100603)0x451c5f09bfe0:[0x418027f0eaa2]CpuSched_StartWorld@vmkernel#nover+0x77 stack: 0x0, 0x0, 0x0, 0x0, 0x0

    • vSphere Client で、ハードウェアの健全性に関する警告が表示され、ESXi ホスト上の一部のセンサーのステータスが「Unknown」であると報告されます。

    • 内部メモリ リークのため、一部のサーバでの wsman サービスのメモリ使用量が増えて 23 MB の上限をこえることがあります。その結果、サービスが再起動されるまで受信要求の受け入れを停止します。この問題は Dell サーバと Lenovo サーバに影響します。

    • 一部の環境では、vSphere Storage Appliance (VSA) プラグイン(別名:Security Virtual Appliance (SVA) )で TCP 接続の作成中に hostd サービスが断続的に応答しなくなることがあります。また、仮想マシンのスナップショットがタイムアウトになる場合があります。VSA は 2014 年以降サポートされていません。

    • まれに、ロック解除されたスピンロックにより、Microsoft Cluster Service (MSCS) クラスタの一部である仮想マシンの再起動時に ESXi ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。環境で VMware vSphere High Availability が有効になっている場合、この問題が多くの ESXi ホストに影響することがありますが、これは vSphere HA が他のホストの仮想マシンをパワーオンを試行するためです。

    • スラブ割り当てエラーが RCRead パスで適切に処理されない場合、vSAN ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。次のような警告が記録されます。bora/modules/vmkernel/lsom/rc_io.c:2115 -- NOT REACHED.

    • VMXNET3 ドライバはチェックサムを IP アドレス合計長フィールドに示されているペイロードからコピーし、計算します。ただし、VMXNET3 は、長さのフィールドに含まれないペイロードより後の追加のバイトをコピーしないため、これらのバイトはゲスト仮想マシンに渡されません。たとえば、VMXNET3 はイーサネット トレーラをコピーせず、渡しません。

    • vSAN ディスク グループのストレージ デバイスに読み取りエラーによる一時エラーがある場合、完全再構築の回避 (FRA) でデバイスを修復できないことがあります。この場合、FRA で再ログが実行されず、PLOG でログが構築され、これにより遅延と輻輳の問題が発生します。

    • ネットワーク インターフェイスから BIOS ファームウェアで仮想マシンを起動すると、ネットワークの問題が発生し、その環境のさまざまなサーバの操作に時間がかかることがあります。この問題は、ゲスト OS 実行中のネットワーク パフォーマンスに影響を与えることはありません。

    • リンク集約グループ内の物理ポートが停止または再起動し、同時に ESXi ホストが同期なしで LACP パケットを物理スイッチに送信すると、vmnic も停止する場合があります。これにより、リンク集約が一時的に不安定になることがあります。

    • NFS データストアへの vSphere vMotion 操作中に、NFS ディスクベースのロック ファイルが削除されないことがあります。その結果、ターゲット ホストの仮想マシンが約 40 秒間応答しなくなります。

    • /bin/services.sh restart コマンドを使用して vCenter Server 管理サービスを再起動する場合、ESXi ホスト イベントを vCenter Server に送信する vobd デーモンが再起動しないことがあります。その結果、アラートが vSphere Client と vSphere Web Client に表示されません。

    • まれに、vSphere HA が再起動またはフェイルオーバーすると、vSphere HA クラスタ上の仮想マシンが「VMXNET3 user: failed to connect 'Ethernet0' to DV Port 'xx'」などのエラーにより接続を失います。

    • TCP では 3 段階同期 (SYN) と確認 (ACK) プロセスを使用して、接続 SYN、SYN-ACK、および SYN-ACK の ACK を確立します。TCP タイムスタンプなどのオプションは、このプロセスの一部としてネゴシエートされます。トラフィック最適化のために、middlebox または TCP プロキシは SYN-ACK フェーズのタイムスタンプ オプションを削除する場合があります。その結果、これらの ESXi ホストへの TCP 接続はリセットされ、終了します。パケット キャプチャでは、TCP ハンドシェイク直後にサーバからの RST パケットが示されます。

    • まれに、ヒープ メモリの未初期化フィールドが VMFS リソース クラスタ番号に対し無効な値を返した場合、VMFS ボリューム上のこのクラスタの後続検索が失敗することがあります。その結果、ESXi ホストが動作を停止し、パープル スクリーンが表示されます。

    • LAG ポート読み取りロックのまれな競合状態により、Distributed Switch からの切断中に ESXi ホストが停止し、パープル スクリーンが表示されることがあります。

    • 高度に断片化された書き込みバッファからの、ハイブリッド vSAN アレイの 1 MB 読み取りキャッシュ行を満たすことを目的とした vSAN 読み取りキャッシュによる読み取り I/O の送信により、IORETRY で読み取りキャッシュが送信したすべての 64 KB の 読み取りキャッシュ I/O が、16 個の 4 KB の I/O に分割されることがあります。これにより、IORETRY キューが枯渇することがあります。

    • I/O を受信していないパワーオフ状態またはサスペンド状態の仮想マシンが vSAN データストアに多数含まれている場合、vSAN の LSOM メモリの輻輳が増加するため、vSAN データストアのアクティブな仮想マシンのパフォーマンスが低下することがあります。

    • まれに、ディスク グループのオブジェクトをコミットしても、そのディスク グループを含む vSAN ホストが再起動した後にオブジェクトがコミットされていないと表示される場合は、vSAN はそのオブジェクトが適切でない状態であると誤って認識していることがあります。その結果、vSAN ホストが動作を停止し、次のようなメッセージとともにパープル スクリーンが表示されることがあります。
      Object <uuid> corrupted. lastCWLSN = <number>, pendingLSN = <number>
      PanicvPanicInt@vmkernel#nover+0x439
      Panic_vPanic@vmkernel#nover+0x23
      vmk_PanicWithModuleID@vmkernel#nover+0x41
      DOMOwnerReconcileProcessLogsStartTask@com.vmware.vsan#0.0.0.1+0x6b3
      DOMOperationStartTask@com.vmware.vsan#0.0.0.1+0xa5
      DOMOperationDispatch@com.vmware.vsan#0.0.0.1+0xce
      VSANServerMainLoop@com.vmware.vsanutil#0.0.0.1+0x5e1
      vmkWorldFunc@vmkernel#nover+0x4f
      CpuSched_StartWorld@vmkernel#nover+0x77

    • 仮想マシンのハードウェア アップグレード中に vmx.reboot.powerCycle=TRUE 詳細設定を使用して電源入れ直しフラグを設定すると、hostd サービスが仮想マシンの電源状態を追跡できないことがあります。仮想マシンの再起動後、hostd でパワーオン状態の仮想マシンがパワーオフ状態として報告されることがあります。

    • スナップショット ディスクの統合など、仮想マシン ディスクの統合操作中に、hostd サービスが長時間ロックすることがあります。その結果、hostd でその他のタスクや状態要求への応答が遅くなります。したがって、ディスク統合タスクに時間がかかりすぎると、ESXi ホストは応答しなくなります。

    • vSphere vMotion を使用して移行した後などに、仮想マシンの UUID が変更された場合、仮想マシンに NSX-T の管理対象スイッチ上にある vNIC が設定されていると、仮想マシンのネットワーク接続は失われます。vNIC は再接続できません。
      VMware AHCI SATA ストレージ コントローラ ドライバでの競合状態により、1 台以上の ESXi ホストが断続的に応答しなくなることがあります。vmkernel.log ファイルには、次のようなメッセージが多数記録されています。​
      …ahciAbortIO:(curr) HWQD: 0 BusyL: 0

    • ESXi USB ドライバ vmkusb で 1K を超える制御 I/O を処理できないことがあります。その結果、一部の USB デバイスで ESXi ホスト上の仮想マシンへの I/O トラフィックの障害が発生します。

ESXi-6.7.0-20210301001s-standard
プロファイル名 ESXi-6.7.0-20210301001s-standard
ビルド ビルドの詳細については、「本リリースに含まれるパッチ」を参照してください。
ベンダー VMware, Inc.
リリース日 2021 年 3 月 18 日
許容レベル PartnerSupported
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
影響のある VIB
  • VMware_bootbank_esx-update_6.7.0-3.139.17700514
  • VMware_bootbank_vsan_6.7.0-3.139.17598146
  • VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-3.139.17598147
  • VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-3.139.17700514
  • VMware_locker_tools-light_11.2.5.17337674-17700514
  • VMware_bootbank_cpu-microcode_6.7.0-3.139.17700514
修正されたパッチ リリース 2704743、2713501、2673509
関連する CVE 番号 該当なし
  • このパッチでは、以下の問題がアップデートされています。
    • OpenSSH バージョンが 8.4p1 にアップデートされています。

    • Python サードパーティ ライブラリがバージョン 3.5.10 に更新されています。

    • ESXi userworld OpenSSL ライブラリはバージョン openssl-1.0.2x にアップデートされています。

    • 次の VMware Tools ISO イメージが ESXi 670-202103001 にバンドルされます。

    • コード名 FMS Plt ID MCU のリビジョン MCU の日付 ブランド名
      Nehalem EP 0x106a5 0x03 0x0000001d 5/11/2018 Intel Xeon 35xx Series
      Intel Xeon 55xx Series
      Lynnfield 0x106e5 0x13 0x0000000a 5/8/2018 Intel Xeon 34xx Lynnfield Series
      Clarkdale 0x20652 0x12 0x00000011 5/8/2018 Intel i3/i5 Clarkdale Series
      Intel Xeon 34xx Clarkdale Series
      Arrandale 0x20655 0x92 0x00000007 4/23/2018 Intel Core i7-620LE Processor
      Sandy Bridge DT 0x206a7 0x12 0x0000002f 2/17/2019 Intel Xeon E3-1100 Series
      Intel Xeon E3-1200 Series
      Intel i7-2655-LE Series
      Intel i3-2100 Series
      Westmere EP 0x206c2 0x03 0x0000001f 5/8/2018 Intel Xeon 56xx Series
      Intel Xeon 36xx Series
      Sandy Bridge EP 0x206d6 0x6d 0x00000621 3/4/2020 Intel Pentium 1400 Series
      Intel Xeon E5-1400 Series
      Intel Xeon E5-1600 Series
      Intel Xeon E5-2400 Series
      Intel Xeon E5-2600 Series
      Intel Xeon E5-4600 Series
      Sandy Bridge EP 0x206d7 0x6d 0x0000071a 3/24/2020 Intel Pentium 1400 Series
      Intel Xeon E5-1400 Series
      Intel Xeon E5-1600 Series
      Intel Xeon E5-2400 Series
      Intel Xeon E5-2600 Series
      Intel Xeon E5-4600 Series
      Nehalem EX 0x206e6 0x04 0x0000000d 5/15/2018 Intel Xeon 65xx Series
      Intel Xeon 75xx Series
      Westmere EX 0x206f2 0x05 0x0000003b 5/16/2018 Intel Xeon E7-8800 Series
      Intel Xeon E7-4800 Series
      Intel Xeon E7-2800 Series
      Ivy Bridge DT 0x306a9 0x12 0x00000021 2/13/2019 Intel i3-3200 Series
      Intel i7-3500-LE/UE
      Intel i7-3600-QE
      Intel Xeon E3-1200-v2 Series
      Intel Xeon E3-1100-C-v2 Series
      Intel Pentium B925C
      Haswell DT 0x306c3 0x32 0x00000028 11/12/2019 Intel Xeon E3-1200-v3 Series
      Intel i7-4700-EQ Series
      Intel i5-4500-TE Series
      Intel i3-4300 Series
      Ivy Bridge EP 0x306e4 0xed 0x0000042e 3/14/2019 Intel Xeon E5-4600-v2 Series
      Intel Xeon E5-2600-v2 Series
      Intel Xeon E5-2400-v2 Series
      Intel Xeon E5-1600-v2 Series
      Intel Xeon E5-1400-v2 Series
      Ivy Bridge EX 0x306e7 0xed 0x00000715 3/14/2019 Intel Xeon E7-8800/4800/2800-v2 Series
      Haswell EP 0x306f2 0x6f 0x00000044 5/27/2020 Intel Xeon E5-4600-v3 Series
      Intel Xeon E5-2600-v3 Series
      Intel Xeon E5-2400-v3 Series
      Intel Xeon E5-1600-v3 Series
      Intel Xeon E5-1400-v3 Series
      Haswell EX 0x306f4 0x80 0x00000016 6/17/2019 Intel Xeon E7-8800/4800-v3 Series
      Broadwell H 0x40671 0x22 0x00000022 11/12/2019 Intel Core i7-5700EQ
      Intel Xeon E3-1200-v4 Series
      Avoton 0x406d8 0x01 0x0000012d 9/16/2019 Intel Atom C2300 Series
      Intel Atom C2500 Series
      Intel Atom C2700 Series
      Broadwell EP/EX 0x406f1 0xef 0x0b000038 6/18/2019 Intel Xeon E7-8800/4800-v4 Series
      Intel Xeon E5-4600-v4 Series
      Intel Xeon E5-2600-v4 Series
      Intel Xeon E5-1600-v4 Series
      Skylake SP 0x50654 0xb7 0x02006a08 6/16/2020 Intel Xeon Platinum 8100 Series
      Intel Xeon Gold 6100/5100、Silver 4100、Bronze 3100 Series
      Intel Xeon D-2100 Series
      Intel Xeon D-1600 Series
      Intel Xeon W-3100 Series
      Intel Xeon W-2100 Series
      Cascade Lake B-0 0x50656 0xbf 0x04003003 6/18/2020 Intel Xeon Platinum 9200/8200 Series
      Intel Xeon Gold 6200/5200
      Intel Xeon Silver 4200/Bronze 3200
      Intel Xeon W-3200
      Cascade Lake 0x50657 0xbf 0x05003003 6/18/2020 Intel Xeon Platinum 9200/8200 Series
      Intel Xeon Gold 6200/5200
      Intel Xeon Silver 4200/Bronze 3200
      Intel Xeon W-3200
      Cooper Lake 0x5065b 0xbf 0x0700001f 9/17/2020 Intel Xeon Platinum 8300 Series
      Intel Xeon Gold 6300/5300
      Broadwell DE 0x50662 0x10 0x0000001c 6/17/2019 Intel Xeon D-1500 Series
      Broadwell DE 0x50663 0x10 0x07000019 6/17/2019 Intel Xeon D-1500 Series
      Broadwell DE 0x50664 0x10 0x0f000017 6/17/2019 Intel Xeon D-1500 Series
      Broadwell NS 0x50665 0x10 0x0e00000f 6/17/2019 Intel Xeon D-1600 Series
      Skylake H/S 0x506e3 0x36 0x000000e2 7/14/2020 Intel Xeon E3-1500-v5 Series
      Intel Xeon E3-1200-v5 Series
      Denverton 0x506f1 0x01 0x00000032 3/7/2020 Intel Atom C3000 Series
      Snow Ridge 0x80665 0x01 0x0b000007 2/25/2020 Intel Atom P5000 Series
      Kaby Lake H/S/X 0x906e9 0x2a 0x000000de 5/26/2020 Intel Xeon E3-1200-v6 Series
      Intel Xeon E3-1500-v6 Series
      Coffee Lake 0x906ea 0x22 0x000000de 5/25/2020 Intel Xeon E-2100 Series
      Intel Xeon E-2200 Series(4 コアまたは 6 コア)
      Coffee Lake 0x906eb 0x02 0x000000de 5/25/2020 Intel Xeon E-2100 Series
      Coffee Lake 0x906ec 0x22 0x000000de 6/3/2020 Intel Xeon E-2100 Series
      Coffee Lake Refresh 0x906ed 0x22 0x000000de 5/24/2020 Intel Xeon E-2200 Series(8 コア)
ESXi-6.7.0-20210301001s-no-tools
プロファイル名 ESXi-6.7.0-20210301001s-no-tools
ビルド ビルドの詳細については、「本リリースに含まれるパッチ」を参照してください。
ベンダー VMware, Inc.
リリース日 2021 年 3 月 18 日
許容レベル PartnerSupported
影響を受けるハードウェア 該当なし
影響を受けるソフトウェア 該当なし
影響のある VIB
  • VMware_bootbank_esx-update_6.7.0-3.139.17700514
  • VMware_bootbank_vsan_6.7.0-3.139.17598146
  • VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-3.139.17598147
  • VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-3.139.17700514
  • VMware_bootbank_cpu-microcode_6.7.0-3.139.17700514
修正されたパッチ リリース 2704743、2713501、2673509
関連する CVE 番号 該当なし
  • このパッチでは、以下の問題がアップデートされています。
    • OpenSSH バージョンが 8.4p1 にアップデートされています。

    • Python サードパーティ ライブラリがバージョン 3.5.10 に更新されています。

    • ESXi userworld OpenSSL ライブラリはバージョン openssl-1.0.2x にアップデートされています。

    • 次の VMware Tools ISO イメージが ESXi 670-202103001 にバンドルされます。

    • コード名 FMS Plt ID MCU のリビジョン MCU の日付 ブランド名
      Nehalem EP 0x106a5 0x03 0x0000001d 5/11/2018 Intel Xeon 35xx Series
      Intel Xeon 55xx Series
      Lynnfield 0x106e5 0x13 0x0000000a 5/8/2018 Intel Xeon 34xx Lynnfield Series
      Clarkdale 0x20652 0x12 0x00000011 5/8/2018 Intel i3/i5 Clarkdale Series
      Intel Xeon 34xx Clarkdale Series
      Arrandale 0x20655 0x92 0x00000007 4/23/2018 Intel Core i7-620LE Processor
      Sandy Bridge DT 0x206a7 0x12 0x0000002f 2/17/2019 Intel Xeon E3-1100 Series
      Intel Xeon E3-1200 Series
      Intel i7-2655-LE Series
      Intel i3-2100 Series
      Westmere EP 0x206c2 0x03 0x0000001f 5/8/2018 Intel Xeon 56xx Series
      Intel Xeon 36xx Series
      Sandy Bridge EP 0x206d6 0x6d 0x00000621 3/4/2020 Intel Pentium 1400 Series
      Intel Xeon E5-1400 Series
      Intel Xeon E5-1600 Series
      Intel Xeon E5-2400 Series
      Intel Xeon E5-2600 Series
      Intel Xeon E5-4600 Series
      Sandy Bridge EP 0x206d7 0x6d 0x0000071a 3/24/2020 Intel Pentium 1400 Series
      Intel Xeon E5-1400 Series
      Intel Xeon E5-1600 Series
      Intel Xeon E5-2400 Series
      Intel Xeon E5-2600 Series
      Intel Xeon E5-4600 Series
      Nehalem EX 0x206e6 0x04 0x0000000d 5/15/2018 Intel Xeon 65xx Series
      Intel Xeon 75xx Series
      Westmere EX 0x206f2 0x05 0x0000003b 5/16/2018 Intel Xeon E7-8800 Series
      Intel Xeon E7-4800 Series
      Intel Xeon E7-2800 Series
      Ivy Bridge DT 0x306a9 0x12 0x00000021 2/13/2019 Intel i3-3200 Series
      Intel i7-3500-LE/UE
      Intel i7-3600-QE
      Intel Xeon E3-1200-v2 Series
      Intel Xeon E3-1100-C-v2 Series
      Intel Pentium B925C
      Haswell DT 0x306c3 0x32 0x00000028 11/12/2019 Intel Xeon E3-1200-v3 Series
      Intel i7-4700-EQ Series
      Intel i5-4500-TE Series
      Intel i3-4300 Series
      Ivy Bridge EP 0x306e4 0xed 0x0000042e 3/14/2019 Intel Xeon E5-4600-v2 Series
      Intel Xeon E5-2600-v2 Series
      Intel Xeon E5-2400-v2 Series
      Intel Xeon E5-1600-v2 Series
      Intel Xeon E5-1400-v2 Series
      Ivy Bridge EX 0x306e7 0xed 0x00000715 3/14/2019 Intel Xeon E7-8800/4800/2800-v2 Series
      Haswell EP 0x306f2 0x6f 0x00000044 5/27/2020 Intel Xeon E5-4600-v3 Series
      Intel Xeon E5-2600-v3 Series
      Intel Xeon E5-2400-v3 Series
      Intel Xeon E5-1600-v3 Series
      Intel Xeon E5-1400-v3 Series
      Haswell EX 0x306f4 0x80 0x00000016 6/17/2019 Intel Xeon E7-8800/4800-v3 Series
      Broadwell H 0x40671 0x22 0x00000022 11/12/2019 Intel Core i7-5700EQ
      Intel Xeon E3-1200-v4 Series
      Avoton 0x406d8 0x01 0x0000012d 9/16/2019 Intel Atom C2300 Series
      Intel Atom C2500 Series
      Intel Atom C2700 Series
      Broadwell EP/EX 0x406f1 0xef 0x0b000038 6/18/2019 Intel Xeon E7-8800/4800-v4 Series
      Intel Xeon E5-4600-v4 Series
      Intel Xeon E5-2600-v4 Series
      Intel Xeon E5-1600-v4 Series
      Skylake SP 0x50654 0xb7 0x02006a08 6/16/2020 Intel Xeon Platinum 8100 Series
      Intel Xeon Gold 6100/5100、Silver 4100、Bronze 3100 Series
      Intel Xeon D-2100 Series
      Intel Xeon D-1600 Series
      Intel Xeon W-3100 Series
      Intel Xeon W-2100 Series
      Cascade Lake B-0 0x50656 0xbf 0x04003003 6/18/2020 Intel Xeon Platinum 9200/8200 Series
      Intel Xeon Gold 6200/5200
      Intel Xeon Silver 4200/Bronze 3200
      Intel Xeon W-3200
      Cascade Lake 0x50657 0xbf 0x05003003 6/18/2020 Intel Xeon Platinum 9200/8200 Series
      Intel Xeon Gold 6200/5200
      Intel Xeon Silver 4200/Bronze 3200
      Intel Xeon W-3200
      Cooper Lake 0x5065b 0xbf 0x0700001f 9/17/2020 Intel Xeon Platinum 8300 Series
      Intel Xeon Gold 6300/5300
      Broadwell DE 0x50662 0x10 0x0000001c 6/17/2019 Intel Xeon D-1500 Series
      Broadwell DE 0x50663 0x10 0x07000019 6/17/2019 Intel Xeon D-1500 Series
      Broadwell DE 0x50664 0x10 0x0f000017 6/17/2019 Intel Xeon D-1500 Series
      Broadwell NS 0x50665 0x10 0x0e00000f 6/17/2019 Intel Xeon D-1600 Series
      Skylake H/S 0x506e3 0x36 0x000000e2 7/14/2020 Intel Xeon E3-1500-v5 Series
      Intel Xeon E3-1200-v5 Series
      Denverton 0x506f1 0x01 0x00000032 3/7/2020 Intel Atom C3000 Series
      Snow Ridge 0x80665 0x01 0x0b000007 2/25/2020 Intel Atom P5000 Series
      Kaby Lake H/S/X 0x906e9 0x2a 0x000000de 5/26/2020 Intel Xeon E3-1200-v6 Series
      Intel Xeon E3-1500-v6 Series
      Coffee Lake 0x906ea 0x22 0x000000de 5/25/2020 Intel Xeon E-2100 Series
      Intel Xeon E-2200 Series(4 コアまたは 6 コア)
      Coffee Lake 0x906eb 0x02 0x000000de 5/25/2020 Intel Xeon E-2100 Series
      Coffee Lake 0x906ec 0x22 0x000000de 6/3/2020 Intel Xeon E-2100 Series
      Coffee Lake Refresh 0x906ed 0x22 0x000000de 5/24/2020 Intel Xeon E-2200 Series(8 コア)

以前のバージョンからの既知の問題

以前からの既知の問題のリストを表示するには、ここをクリックします。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon