vCenter Server 6.7 Update 3r | 2022 年 6 月 14 日 | ISO ビルド 19832974

vCenter Server Appliance 6.7 Update 3r | 2022 年 6 月 14 日 | ISO ビルド 19832974

各リリース ノートで、追加および更新された機能をご確認ください。

リリース ノートの概要

本リリース ノートには、次のトピックが含まれています。

新機能

vCenter Server 6.7 の以前のリリース

vCenter Server の新機能、解決された問題、および既知の問題については、各リリースのリリース ノートに記載されています。vCenter Server 6.7 の以前のリリースのリリース ノートは以下のとおりです。

利用可能な言語、互換性、インストールおよびアップグレード、オープン ソース コンポーネント、製品サポートに関する注意事項については、『VMware vCenter Sever 6.7 Update 1 リリース ノート』を参照してください。

本リリースのアップグレードに関する注意点

vCenter Server 6.7 Update 3r へのアップグレードをサポートする vCenter Server バージョンの詳細については、VMware のナレッジベースの記事 KB67077 を参照してください。

本リリースに含まれるパッチ

vCenter Server 6.7 Update 3r では、次のパッチを提供します。

注:vCenter Server 6.7 Update 3p では、vCenter Server for Windows および Platform Services Controller for Windows の JRE コンポーネントをアップデートするためのセキュリティ パッチは提供していません。代わりに VMware Customer Connect から VMware-VIM-all-6.7.0-19832974.iso ファイルをダウンロードする必要があります。詳細については、「vCenter Server for Windows インストーラのダウンロード」を参照してください。

VMware vCenter Server Appliance 6.7 Update 3r のフル パッチ

VMware のソフトウェアの修正、セキュリティ修正のほか、JRE や tcServer などのサードパーティ製品の修正を含む vCenter Server Appliance の製品パッチです。

このパッチは、vCenter Server Appliance および Platform Services Controller アプライアンスに適用されます。

vCenter Server Appliance および Platform Services Controller アプライアンス用

ダウンロード ファイル名 VMware-vCenter-Server-Appliance-6.7.0.53000-19832974-patch-FP.iso
ビルド 19832974
ダウンロード サイズ 1993.1 MB
md5sum 3bee5a20bdf195766c808a766e3c0d3b
sha256checksum 18e256509a4ffe2f8df2990dacd68146789abba26b7c28a469655b91ff11faad

ダウンロードとインストール

VMware Customer Connect で VMware vCenter Server 6.7 Update 3r パッチを見つけるには、[製品の選択] ドロップダウン メニューから [vCenter Server] を選択し、[バージョンの選択] ドロップダウン メニューから [6.7.0] を選択し、[検索] をクリックします。

  1. VMware-vCenter-Server-Appliance-6.7.0.53000-19832974-patch-FP.iso ファイルを vCenter Server Appliance の CD または DVD ドライブに接続します。
  2. スーパー管理者権限(root など)を持つユーザーとしてアプライアンス シェルにログインし、次のコマンドを実行します。
    • ISO をステージングするには:
      software-packages stage --iso
    • ステージングしたコンテンツを表示するには:
      software-packages list --staged
    • ステージングした rpms をインストールするには:
      software-packages install --staged

vCenter Server Appliance シェルの使用方法の詳細については、VMware ナレッジベースの記事 KB2100508 を参照してください。

vCenter Server Appliance へのパッチ適用については、アプライアンス シェルを使用した vCenter Server Appliance へのパッチ適用を参照してください。

パッチのステージングについては、Stage Patches to vCenter Server Appliance を参照してください。

パッチのインストールについては、vCenter Server Appliance パッチのインストールを参照してください。

このパッチで解決された問題については、解決した問題を参照してください。

Photon OS のアップデートについては、「VMware vCenter Server Appliance Photon OS Security Patches」を参照してください。 

アプライアンス管理インターフェイスを使用したパッチ適用については、アプライアンス管理インターフェイスを使用した vCenter Server Appliance へのパッチ適用を参照してください。
 

解決した問題

解決された問題には、次のトピックが含まれます。

セキュリティの問題
  • vCenter Server 6.7 Update 3r では、次のセキュリティ アップデートが提供されます。
    • OpenSSL ライブラリはバージョン openssl-1.0.2zd にアップデートされました。
    • Oracle (Sun) JRE および JDK パッケージはバージョン 1.8.0.331 にアップデートされました。
    • Eclipse Jetty はバージョン 9.4.45.v20220203 にアップデートされました。
    • Expat XML パーサーはバージョン 2.4.7 にアップデートされました。
    • libxml2 ライブラリはバージョン 2.9.13 にアップデートされました。
    • cURL はバージョン 7.81.0 にアップデートされました。
    • Apache Struts はバージョン 2.5.30 にアップデートされました。
    • Apache Tomcat はバージョン 8.5.75 にアップデートされました。
インストール、アップグレード、および移行の問題
  • バージョン 8.4 以前の vSphere Replication アプライアンスのデプロイ時、[OVF テンプレートのデプロイ] ウィザードで vService のバインドに関するエラーが表示される

    vSphere Client を使用してバージョン 8.4 以前の vSphere Replication アプライアンスをデプロイすると、[OVF テンプレートのデプロイ] ウィザードの vService のバインドのステップで Page Unresponsive エラーが表示されることがあります。デプロイは停止して最終的に失敗します。

    本リリースで、この問題は修正されました。

  • MAC OS で vCenter Server Appliance の GUI インストーラを開くことができない

    MAC OS で vCenter Server Appliance の GUI インストーラを開こうとすると、次のようなエラーが表示されます:インストーラが破損しているため開くことができません。ディスク イメージをイジェクトしてください。または開発者を検証できないため、ovftool を開くことができません

    回避策:VMware のナレッジベースの記事 KB79416 を参照してください。

その他の問題
  • VMware Skyline Health の画面に、システムの健全性情報ではなくエラーが表示される

    vSphere Client で、vSAN または vSphere クラスタで [監視] > [Skyline Health] の順に移動すると、以下のようなエラーが表示されます:vSphere 健全性情報をクエリできません。詳細については、vSphere Client ログを確認してください。この問題は、特定の環境で、Skyline Health が vCenter Server システムおよび ESXi ホストからのデータ収集に必要な API を検出できないことが原因で発生します。
    分析サービス ログには、次のようなエラーが記録されます。
    Error while getting the data providers list from: com.vmware.ph.phservice.provider.appliance.ApplianceDataProvidersConnection java.lang.IllegalStateException: Unable to locate VAPI URI.

    本リリースで、この問題は修正されました。

vSphere HA および Fault Tolerance の問題
  • ゲスト OS で障害が発生しても、仮想マシンの監視で仮想マシンの vSphere Fault Tolerance が想定どおりにリセットされない

    vCenter Server システムで仮想マシンの監視を有効にしていても、ゲスト OS に障害が発生したときに、Fault Domain Manager で仮想マシンの vSphere Fault Tolerance がリセットされないことがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。今回の修正で、ゲスト OS で障害が発生したときには、仮想マシン監視によって vSphere FT がリセットされます。 

  • vCenter Server High Availability レプリケーションが同期していないというアラームがレプリケーションに表示される

    Auto Deploy と vCenter HA の両方が有効になっている環境では、vSphere Client に、レプリケーションが同期されていない vCenter HA を示す誤ったアラームが表示されることがあります。組み込みの Platform Services Controller で vCenter HA 環境を設定すると、vCenter HA によってレプリケーションが実行され、パッシブ ノードとアクティブ ノードの同期が確保されます。vCenter HA では、証明書失効リスト (CRL) ファイルの上書きなど、特定の Auto Deploy のプロシージャが誤って解釈され、誤ったアラームがトリガされることがあります。

    本リリースで、この問題は修正されました。

仮想マシンの管理の問題
  • VMware vSphere Storage DRS で大量の移行がスケジュール設定されることがある

    特定の環境で、明確な理由なしに、vSphere Storage DRS ロード バランサによってスケジュール設定された一連のストレージ移行が発生することがあります。

    回避策:本リリースで、この問題は修正されました。ESXi 6.7.x の以前のバージョンでは、ストレージの自動化レベルを手動に設定することで、ロード バランサで移行の推奨事項が生成されている場合でも、自動実行を回避することができます。

  • 仮想化ベースのセキュリティ (VBS) を使用している Windows 仮想マシンで、移行または起動/再開時にブルー スクリーンが表示されて失敗する

    CVE-2018-12207 (MCEPSC) の軽減策の使用中にのみ、VBS が有効になっている仮想マシンの Windows OS が、vSphere vMotion を使用した移行や仮想マシンの起動/再開などの操作中に、ブルー スクリーンを表示して停止することがあります。 

    本リリースで、この問題は修正されました。

既知の問題

既知の問題には、次のトピックが含まれます。

Auto Deploy の問題
  • vSphere Auto Deploy の PowerCLI コマンドレットでエラーが発生することがある

    vCenter Server 6.7 Update 3r で、VMware.DeployAutomation モジュールからのコマンドレットが「sessionId がありません」または「vimSessionKey パラメータが見つかりません」などのエラー メッセージを表示することがあります。

    回避策:PowerCLI パッケージを 12.6 にアップデートします。

以前のバージョンの既知の問題

以前からの既知の問題のリストを表示するには、ここをクリックします。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon