独自のインストールまたはアップグレード スクリプトを使用して、標準の ESXi インストーラ ISO イメージをカスタマイズできます。このカスタマイズを行うと、カスタマイズしたインストーラ ISO イメージを起動するときに、スクリプトを使用して無人インストールまたは無人アップグレードを実行できるようになります。

インストール スクリプトおよびアップグレード スクリプトについて および boot.cfg ファイルについて も参照してください。

前提条件

  • Linux マシン
  • ESXi ISO イメージ VMware-VMvisor-Installer-7.x.x-XXXXXX.x86_64.iso。ここで、7.x.x はインストールする ESXi のバージョンであり、 XXXXXX はインストーラ ISO イメージのビルド番号です。
  • カスタムのインストールまたはアップグレード スクリプト、KS_CUST.CFG キックスタート ファイル

手順

  1. VMware Web サイトから ESXi ISO イメージをダウンロードします。
  2. ISO イメージをフォルダにマウントします。
    mount -o loop VMware-VMvisor-Installer-7.x.x-XXXXXX.x86_64.iso /esxi_cdrom_mount

    XXXXXX には、インストールまたはアップグレード後のバージョンの ESXi ビルド番号を指定します。

  3. esxi_cdrom の内容を別のフォルダにコピーします。
    cp -r /esxi_cdrom_mount/* /esxi_cdrom
  4. キックスタート ファイルを /esxi_cdrom にコピーします。
    cp KS_CUST.CFG /esxi_cdrom
  5. (オプション) kernelopt オプションを使用してインストールまたはアップグレード スクリプトの場所を指定するように、boot.cfg ファイルを変更します。
    スクリプトのパスを入力するには、大文字を使用する必要があります。例:
    kernelopt=runweasel ks=cdrom:/KS_CUST.CFG
    UEFI ブートの場合、 /efi/boot/ にある boot.cfg ファイルを変更する必要があります。
    インストールまたはアップグレードは、インストール中またはアップグレード中にキックスタート ファイルを指定する必要なく、完全に自動化されています。
  6. mkisofs または genisoimage コマンドを使用して、ISO イメージを再作成します。
    コマンド 構文
    mkisofs mkisofs -relaxed-filenames -J -R -o custom_esxi.iso -b ISOLINUX.BIN -c BOOT.CAT -no-emul-boot -boot-load-size 4 -boot-info-table -eltorito-alt-boot -eltorito-platform efi -b EFIBOOT.IMG -no-emul-boot /esxi_cdrom
    genisoimage genisoimage -relaxed-filenames -J -R -o custom_esxi.iso -b ISOLINUX.BIN -c BOOT.CAT -no-emul-boot -boot-load-size 4 -boot-info-table -eltorito-alt-boot -e EFIBOOT.IMG -no-emul-boot /esxi_cdrom

    この ISO インストーラのイメージは、通常の起動または UEFI セキュア ブートに使用できます。ただし、vSphere Lifecycle Manager はこのような ISO イメージのチェックサムを検証できないため、vSphere Lifecycle Manager ワークフローを使用したアップグレードに使用することはできません。

結果

ISO イメージにカスタムのインストールまたはアップグレード スクリプトが含まれます。

次のタスク

この ISO イメージを使用して ESXi をインストールします。