VMware では vCenter Server アプライアンスの GUI 版および CLI 版インストーラを含む vCenter Server アプライアンスの ISO イメージを提供しています。

vCenter Server インストーラに含まれる GUI および CLI 用の実行可能ファイルでは、次のタスクを実行できます。
  • vCenter Server アプライアンスをデプロイする
  • vCenter Server アプライアンスをアップグレードする
  • 外部 Platform Services Controller を含む古いバージョンの vCenter Server と現在のバージョンの vCenter Server を統合する
  • ファイルベースのバックアップから vCenter Server アプライアンスをリストアする

前提条件

手順

  1. VMware Web サイト (https://my.vmware.com/web/vmware/downloads) から vCenter Server アプライアンスの ISO イメージをダウンロードします。
    VMware-VCSA-all-version_number-build_number.iso
    vCenter Server は、VMware vCloud Suite および VMware vSphere の一部であり、データセンターおよびクラウド インフラストラクチャの下に表示されています。
  2. md5sum が正しいことを確認します。
    MD5 チェックサムの使用方法については、VMware Web サイトのトピックをご覧ください( http://www.vmware.com/download/md5.html
  3. アプライアンスのデプロイ、アップグレード、移行、またはリストアを実行するクライアント マシンに ISO イメージをマウントします。
    注: Windows 用の MagicISO Maker など、8 階層を超えるディレクトリ レベルに対応していない ISO マウント ソフトウェアはサポートされません。

    Linux OS および Mac OS の場合、Archive Manager はサポートされません。

    Mac OS の場合は、DiskImageMounter を使用できます。
    Ubuntu 14.04 の場合は、Disk Image Mounter を使用できます。
    SUSE 12 OS の場合は、ターミナルを使用できます。
    $ sudo mkdir mount_dir
    $ sudo mount -o loop VMware-vCSA-all-version_number-build_number.iso mount_dir
    
    重要: MacOS Catalina のセキュリティ面が変更されたため、コンピュータのセキュリティ設定を変更して、vCenter Server のデプロイを完了する必要があります。セキュリティ設定を変更せずに MacOS Catalina でインストーラを実行すると、vCenter Server インストーラが次のエラーを報告します: ovftool cannot be opened because the developer cannot be verified。詳細については、ナレッジベースの記事 KB 79416 を参照してください。

次のタスク

readme.txt ファイルを開き、vCenter Server アプライアンスの ISO イメージ内にあるその他のファイルとディレクトリに関する情報を確認します。