クラスタ内にある ESXi ホストを修正すると、特定のクラスタ設定のせいで修正が失敗することがあります。修正を確実に成功させるように、クラスタ設定を構成する必要があります。

vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS)、vSphere High Availability (HA)、および vSphere Fault Tolerance (FT) が有効なクラスタ内の ESXi ホストをアップデートする場合、vSphere Distributed Power Management (DPM)、HA アドミッション コントロール、および FT をクラスタ全体に対して一時的に無効にできます。アップデートの完了後、vSphere Lifecycle Manager がこれらの機能を再起動します。

DRS

アップデートの際、修正中にホストをメンテナンス モードにすることが要求される場合があります。ホストがメンテナンス モードのときには、仮想マシンは実行できません。可用性を確保するために、クラスタに対して DRS を有効にすることができます。また、vSphere vMotion 用に構成することもできます。この場合、ホストがメンテナンス モードになる前に、vCenter Server によって仮想マシンがクラスタ内の別の ESXi ホストに移行されます。

クラスタ内のホスト間で vSphere vMotion の互換性を確保するために、Enhanced vMotion Compatibility (EVC) を有効にすることができます。実際の CPU が異なる場合でも、クラスタ内のすべてのホストが同じ CPU 機能セットを仮想マシンに確実に提供します。EVC は、互換性のない CPU に起因する移行の失敗を防ぎます。EVC は、ホストの CPU が互換性要件を満たしているクラスタでのみ有効にできます。EVC の詳細と、EVC クラスタ内のホストが満たす必要のある要件の詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』ドキュメントを参照してください。

DPM

ホストに実行中の仮想マシンがない場合、DPM がホストをスタンバイ モードに切り替えて vSphere Lifecycle Manager の操作を妨げる可能性があります。したがって、すべての vSphere Lifecycle Manager 操作が正常に完了したことを確認するために、これらの操作中に DPM を無効にするように vSphere Lifecycle Manager を構成することができます。修正を正常に実行するには、vSphere Lifecycle Manager で DPM を無効にする必要があります。修正タスクが完了すると、vSphere Lifecycle Manager DPM がリストアされます。

DPM がすでにホストをスタンバイ モードに切り替えている場合は、vSphere Lifecycle Manager はホストをパワーオンしてからコンプライアンス チェックおよび修正を実行します。また、ベースラインを使用して管理するクラスタでも、vSphere Lifecycle Manager はステージングの前にホストをパワーオンします。それぞれのタスクが完了したあと、vSphere Lifecycle Manager は DPM と HA のアドミッション コントロールをオンにし、必要に応じて DPM がホストをスタンバイ モードに切り替えます。vSphere Lifecycle Manager は、パワーオフ状態のホストを修正しません。

ホストがスタンバイ モードで、かつ、何らかの理由で DPM が手動で無効になっている場合、vSphere Lifecycle Manager はこれらのホストを修正またはパワーオンしません。

HA アドミッション コントロール

クラスタ内で、vSphere vMotion を続行するために HA アドミッション コントロールを一時的に無効にする必要があります。このアクションにより、修正するホスト上でのマシンのダウンタイムを防ぐことができます。修正中に HA アドミッション コントロールを無効にするように vSphere Lifecycle Manager を構成することもできます。クラスタ全体の修正が完了したあと、vSphere Lifecycle Manager は HA のアドミッション コントロールの設定をリストアします。vSphere Lifecycle Manager は、修正前に HA のアドミッション コントロールを無効にしますが、コンプライアンス チェックの前には無効にしません。また、ベースラインを使用して管理するクラスタの場合、vSphere Lifecycle Manager は、ステージングの前に HA アドミッション コントロールを無効にします。

単一の vSphere Lifecycle Manager イメージを使用する 2 ノード クラスタを修正する前に HA アドミッション コントロールを無効にすると、クラスタは実質的に高可用性に関するすべての保証を失います。これは、2 台のホストのうち 1 台がメンテナンス モードになると、vCenter Server が仮想マシンをそのホストにフェイルオーバーできなくなり、HA フェイルオーバーが正常に実行されなくなるためです。HA アドミッション コントロールの詳細については、vSphere の可用性 のドキュメントを参照してください。

Fault Tolerance

クラスタ内のホスト上にあるいずれかの仮想マシンに対して FT がオンになっている場合、FT を一時的にオフしてから、クラスタで vSphere Lifecycle Manager の操作を実行する必要があります。ホスト上のいずれかの仮想マシンで FT がオンになっている場合、vSphere Lifecycle Manager はそのホストを修正しません。クラスタ内にあるすべてのホストを同じアップデートで修正し、修正後に FT を再び有効にできるようにしなければなりません。プライマリ仮想マシンとセカンダリ仮想マシンは、それぞれを ESXi のバージョンとパッチ レベルが異なるホスト上に配置することはできません。