クラスタまたはホストの修正中に、仮想マシンの状態をホスト メモリに保持し、修正が完了した後にメモリからリストアすることができます。仮想マシンをメモリにサスペンドし、Quick Boot 機能を使用すると、アップグレード時間が大幅に短縮され、システムの起動時間が最小になり、システムおよびサービスのダウンタイムが減少します。

vSphere Lifecycle Manager を使用したアップグレード操作中は、修正中のホストから別のホストに仮想マシンを移行すると、かなりの時間がかかります。修正後、vSphere Lifecycle Manager は、仮想マシンをアップグレードされたホストに移行して戻します。

vSphere 7.0 Update 2 以降では、仮想マシンの移行、パワーオフ、またはディスクへのサスペンドを行う代わりに、メモリにサスペンドするように vSphere Lifecycle Manager を構成できます。

メモリへのサスペンド機能は、パッチ(ホット パッチ、Express Patch など)でのみ使用できます。メモリへのサスペンド オプションをアップグレード操作(ESXi ホストをバージョン 7.0 Update 2 から 7.0 Update 3 にアップグレードする場合など)に使用することはできません。

仮想マシンのメモリへのサスペンド

メモリへのサスペンドは vSphere Lifecycle Manager イメージを使用して管理するクラスタに対してのみ使用可能なオプションです。この機能は Quick Boot 設定と連携して修正プロセスを最適化し、仮想マシンのダウンタイムを最小限に抑えます。

vSphere Lifecycle Manager を有効にすると、vSphere Lifecycle Manager ホストの修正設定を構成するときに、仮想マシンをメモリにサスペンドできます。修正の事前チェック中および修正中に、vSphere Lifecycle Manager は、[メモリのサスペンド] オプションが、修正中のホストまたはクラスタに実際に適用可能であることを確認します。何らかの理由でメモリへのサスペンドを適用できない場合、vSphere Lifecycle Manager はエラーを報告し、修正が続行されないようにします。

メモリへのサスペンド操作中、仮想マシンは、しばらくの間サスペンド状態のままになります。このため、仮想マシンをメモリにサスペンドすると、それらの仮想マシンで実行されているワークロードに影響を与える可能性があります。この影響は、ディスクへのサスペンド操作が仮想マシンおよびワークロードに与える影響と同様のものです。

注意: ベスト プラクティスとして、メモリへのサスペンド オプションを有効にした状態で修正を開始するときは、必ず事前に、重要なワークロードを持つ仮想マシンのスナップショットを作成します。
vSphere Lifecycle Manager は、メモリにホスト上のすべての仮想マシンをサスペンドしない場合があります。その場合でも、 vSphere Lifecycle Manager は、ホストの修正を続行できます。次のような例外があります。
  • vSphere ESX Agent Manager (EAM) 仮想マシン

    vSphere Lifecycle Manager は、他のすべての仮想マシンがサスペンドされた後に EAM 仮想マシンをパワーオフします。同様に vSphere Lifecycle Manager は、他の仮想マシンがメモリからレジュームされる前に EAM 仮想マシンをパワーオンします。EAM 仮想マシンがパワーオンされるまで、サスペンド状態の仮想マシンはレジュームされません。

  • vSphere クラスタ サービス仮想マシン

    vSphere Lifecycle Manager は、最初に vSphere クラスタ サービス仮想マシンを別のホストに移行してから、ホスト上の残りの仮想マシンをメモリにサスペンドします。

同様に vSphere Lifecycle Manager は、一部の VMware 製品およびソリューションの管理仮想アプライアンスをメモリにサスペンドしません。ただし、次の製品またはソリューションの仮想マシンがホスト上で実行されている場合は、メモリへのサスペンドの事前チェックが失敗し、 vSphere Lifecycle Manager は該当するホストの修正を続行しません。
  • vCenter Server
  • vSAN 監視仮想マシン
  • vSphere with Tanzu
  • NSX-T Data Center
  • VMware HCX
  • vSphere Replication
  • Site Recovery Manager
  • VMware vRealize 製品
注: [メモリのサスペンド] オプションが有効の場合、サードパーティ仮想マシンは修正中にサスペンドされます。

Quick Boot

Quick Boot の設定は、vSphere Lifecycle Manager イメージと vSphere Lifecycle Manager ベースラインを使用して管理するクラスタで使用できます。Quick Boot を使用すると、ホストのパッチ適用およびアップグレード操作が最適化されます。Quick Boot を使用すると、vSphere Lifecycle Manager でパッチおよびアップグレード操作を実行するホストの修正時間を短縮することができます。パッチおよびアップグレード操作は、ホストのハードウェアに影響しません。Quick Boot 機能が有効になっている場合、vSphere Lifecycle Manager はハードウェアの再起動(BIOS または UEFI ファームウェアの再起動)をスキップします。その結果、ESXi ホストがメンテナンス モードに費やす時間が短縮され、修正中の障害のリスクが最小化されます。

仮想マシンをホストのメモリにサスペンドするように vSphere Lifecycle Manager を構成するには、Quick Boot を有効にする必要があります。ただし、[メモリのサスペンド] オプションを使用しない場合でも、Quick Boot を有効にすることは可能です。

Quick Boot は、一部のハードウェア プラットフォームおよびドライバでサポートされています。Quick Boot は、TPM またはパススルー デバイスを使用する ESXi ホストではサポートされていません。Quick Boot 設定に関するホストの互換性の詳細については、次のナレッジベースの記事を参照してください:https://kb.vmware.com/s/article/52477

メモリへのサスペンドを使用するための要件

[メモリのサスペンド] オプションを適用できなくなる要因はいくつかあります。メモリへのサスペンドは次の条件が満たされている場合に機能します。
  • ホストがメモリへのサスペンド機能をサポートしている。
  • クラスタで Quick Boot が有効になっていて、修正中のホストが Quick Boot をサポートしている。
  • 修正にファームウェアのアップグレードが含まれていない。
  • ホストと仮想マシンが特定の要件を満たしている。
    ホスト要件 仮想マシンの要件
    • ホストに十分な空きメモリがある。
    • ホストに十分な空き低メモリがある。
    • ホストに、再起動後に各 NUMA ノードが開始するのに十分な空きメモリがある。
    • ホストに使用可能な予約が十分にある。
    • ホストが、スワップされた仮想マシン ページまたは圧縮された仮想マシン ページを使用していない。
    • 仮想マシンにパススルー デバイスがない。
    • 仮想マシンの遅延感度が高に設定されている。
    • 仮想マシンがフォルト トレランスでない。
    • 仮想マシンが暗号化されていない。
    • 仮想マシンが永続的なメモリを使用していない。
    • 仮想マシンに仮想 SGX デバイスまたは SEV デバイスがない。
    • 仮想マシンのサスペンド機能が無効になっていない。
    • 仮想マシンが、インスタント クローン操作中に凍結されたソース仮想マシンではない。

メモリへのサスペンドと vSphere の高可用性 (HA)

修正中に仮想マシンをメモリにサスペンドするように vSphere Lifecycle Manager を構成すると、仮想マシンまたはホスト レベルで障害が発生した場合に、vSphere HA はサスペンド状態の仮想マシンを保護します。vSphere HA の詳細オプションを設定することで、メモリにサスペンドされた仮想マシンのタイムアウト値を設定できます。メモリにサスペンドされた仮想マシンが指定した時間に応答しなかった場合、vSphere HA は、元のホストまたは別のホスト上の仮想マシンをパワーオンします。
  • 修正中にクラスタの vSphere HA を無効にしたり、再構成したりすると、vSphere HA はサスペンド状態の仮想マシンを保護できなくなります。vSphere HA 構成を変更する前に、クラスタ内のホストがメンテナンス モードになっておらず、サスペンドされた仮想マシンがパワーオン状態であることを確認します。
  • [メモリのサスペンド] オプションを使用するように vSphere Lifecycle Manager を構成した後に vSphere HA の das.failoverDelayForSuspendToMemoryVmsSecs 詳細オプションを変更した場合、新しく指定されたタイムアウト値が仮想マシンに適用されない場合があります。das.failoverDelayForSuspendToMemoryVmsSecs オプションのデフォルト値を変更する必要がある場合は、修正を開始する前にデフォルト値の変更を行い、新しい値が有効になるようにしてください。
  • メモリへのサスペンド操作が失敗した場合、vSphere HA は、指定したタイムアウト値が経過した後に、最適なフェイルオーバー ホストを決定します。フェイルオーバー ホストは、元のホストになることも、別のホストになることもあります。
  • クラスタ内のすべての ESXi ホストでサーバ時刻を同期する必要があります。ホストが同期されていない場合、vSphere HA には、指定したタイムアウト期間が反映されず、フェイルオーバーの開始時間が前後にずれる可能性があります。

vSphere HA の使用方法と構成方法については、vSphere の可用性のドキュメントを参照してください。