すべての VMCA 署名付き証明書を新しい VMCA 署名付き証明書に置き換えることができます。この操作は証明書の更新と呼ばれます。vSphere Clientから、選択した証明書または環境内のすべての証明書を更新できます。

前提条件

証明書を管理する場合、ローカル ドメイン(デフォルトでは administrator@vsphere.local)の管理者のパスワードを入力する必要があります。vCenter Serverシステムの証明書を更新する場合、vCenter Server システムの管理者権限のあるユーザーの vCenter Single Sign-On 認証情報も入力する必要があります。

手順

  1. vSphere Client を使用して vCenter Server にログインします。
  2. administrator@vsphere.local または vCenter Single Sign-On 管理者グループの別のメンバーのユーザー名とパスワードを指定します。
    インストール時に異なるドメインを指定した場合は、administrator@ mydomain としてログインします。
  3. [証明書の管理] ユーザー インターフェイスに移動します。
    1. [ホーム] メニューから [管理] を選択します。
    2. [証明書] で、[証明書の管理] をクリックします。
  4. vCenter Server の認証情報の入力を求めるメッセージが表示されたら、この情報を入力します。
  5. ローカル システムの VMCA 署名付きマシン SSL 証明書を更新します。
    1. [マシン SSL 証明書] を選択します。
    2. [アクション] > [更新] の順にクリックします。
    3. [更新] をクリックします。
      vCenter Server サービスは自動的に再起動します。サービスを再起動するとユーザー インターフェイス セッションが終了するため、再度ログインする必要があります。