vSphere の IPv6 サポートを使用して、大きいアドレス スペース、拡張マルチキャスティング、簡略化された経路設定などを持つ lPv6 ネットワークでホストを機能させることができます。

ESXi6.0 以降のリリースでは、IPv6 はデフォルトで有効になっています。

手順

  1. vSphere Clientで、ホストに移動します。
  2. [構成] タブの [ネットワーク] を展開し、 [TCP/IP 設定] を選択します 。
  3. [編集] をクリックします。
  4. トグル ボタンを使用して、 IPv6 サポートを有効または無効にします。
  5. [OK] をクリックします。
  6. ホストを再起動して、IPv6 サポートへの変更内容を適用します。

次のタスク

管理ネットワークなど、ホストの VMkernel アダプタの IPv6 設定を構成します。ESXiホストでの IPv6 の設定を参照してください。