新しい空のクラスタ オブジェクトを作成するには、vSphere Client でクイックスタート ワークフローを使用します。

vSphere 7.0 以降では、作成したクラスタでは、 vSphere Lifecycle Manager イメージを使用してホストの更新とアップグレードを行うことができます。

vSphere Lifecycle Manager イメージは、基盤となるホスト ハードウェアに関して、vSphere ソフトウェア、ドライバ ソフトウェア、および必要なファームウェアを組み合わせたものです。クラスタで使用されるイメージは、クラスタ内の ESXi ホストで実行する完全なソフトウェア セットを定義します。このようなソフトウェアには、ESXi バージョンや追加の VMware 提供ソフトウェアのほか、ファームウェアやドライバなどのベンダー ソフトウェアがあります。

クラスタの作成時に定義したイメージがすぐにホストに適用されるわけではありません。クラスタのイメージを設定しない場合、クラスタはベースラインおよびベースライン グループを使用します。vSphere 7.0 Update 2 以降では、クラスタの作成時にリファレンス ホストを選択し、そのホストのイメージを、新規作成するクラスタのイメージとして使用できます。イメージとベースラインを使用してクラスタ内のホストを管理する方法の詳細については、『ホストとクラスタのライフサイクルの管理』ドキュメントを参照してください。

前提条件

  • データセンターまたはデータセンター内のフォルダがインベントリ内に存在することを確認します。
  • ホストの ESXi バージョンおよびパッチ レベルが同じであることを確認します。
  • ホストの root ユーザー アカウントのユーザー名およびパスワードを取得します。
  • ホストに手動の vSAN 設定またはネットワーク設定がないことを確認します。
  • 単一イメージで管理するクラスタを作成するには、『ホストとクラスタのライフサイクルの管理』ドキュメントで要件と制限についての情報を確認します。

必要な権限:

  • ホスト.インベントリ.クラスタの作成

手順

  1. vSphere Client のホーム画面で、[ホーム] > [ホストおよびクラスタ] に移動します。
  2. データセンターの選択。
  3. データセンターを右クリックし、[新規クラスタ] を選択します。
  4. クラスタの名前を入力します。
  5. DRS、vSphere HA、または vSAN クラスタの機能を選択します。
    オプション 説明
    クラスタで DRS を使用するには、次の手順を実行します。
    1. スイッチを右にスライドして、DRS サービスを有効にします。
    2. (オプション) 左側にある情報アイコンをクリックして、DRS サービスの [デフォルト設定] を表示します。デフォルト値は、次のとおりです。
      • 自動化レベル:移行の完全自動化
      • しきい値:3
    このクラスタで vSphere HA を使用するには、次の手順を実行します。
    1. スイッチを右にスライドして、vSphere HA サービスを有効にします。
    2. (オプション) 左側にある情報アイコンをクリックして、vSphere HA サービスの [デフォルト設定] を表示します。次のデフォルト値が表示されます。
      ホストの監視: 有効化
      アドミッション コントロール: 有効化
      仮想マシンの監視: 無効
    クラスタで vSAN を使用するには、次の手順を実行します。
    • スイッチを右にスライドして、vSAN サービスを有効にします。

    vSAN の詳細については、『vSAN のプランニングとデプロイ』ドキュメントの「vSAN クラスタの作成」を参照してください。

    後でワークフローのデフォルト値をオーバーライドできます。
  6. (オプション) 単一イメージで管理するクラスタを作成するには、[単一のイメージを使用してクラスタ内のすべてのホストを管理します] チェック ボックスを選択します。
    単一のイメージを使用して管理するクラスタの作成の詳細については、『 ホストとクラスタのライフサイクルの管理』ドキュメントを参照してください。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. クラスタの詳細を確認し、[終了] をクリックします。
    vCenter Server インベントリにクラスタが表示されます。 [設定] タブに [クイックスタート] サービスが表示されます。
  9. (オプション) クラスタの名前を変更し、クラスタ サービスを有効または無効にするには、[クラスタの基本] カードで [編集] をクリックします。

結果

vCenter Server インベントリ内に空のクラスタが作成されました。

次のタスク

クラスタにホストを追加します。