VMware vSphere は、仮想化用ソフトウェア コンポーネント スイートです。これには、ESXivCenter Server、および vSphere 環境でさまざまな機能を実現するその他のソフトウェア コンポーネントが含まれます。

VMware vSphere には、次のソフトウェア コンポーネントが含まれています。

ESXi
ハイパーバイザーは仮想マシンを実行します。各仮想マシンには、物理マシンのすべての機能をまとめて実行する、一連の構成ファイルおよびディスク ファイルがあります。

ユーザーは、ESXi を介して仮想マシンの実行、オペレーティング システムのインストール、アプリケーションの実行、仮想マシンの構成を行います。構成には、ストレージ デバイスなど仮想マシンのリソースの指定も含まれます。

サーバは、ブートストラッピング、管理、および仮想マシンを管理するその他のサービスを提供します。

vCenter Server
ネットワークで接続されている VMware ESXi ホストの統合管理機能を提供するサービス。 vCenter Server は仮想マシンおよび ESXi ホストに対するアクションを指示します。

vCenter Server は、事前構成された仮想マシンで自動的に実行するようにインストールされています。vCenter Server サービスはバックグラウンドで継続的に実行されます。接続している vSphere Client がない場合や、インストール先のコンピュータにログオンしているユーザーがいない場合でも、監視アクティビティと管理アクティビティは実行されます。管理対象のすべてのホストにネットワーク経由でアクセする必要があります。

vCenter Server は、vCenter Server および vCenter Server コンポーネントを実行するために最適化された事前構成済みの仮想マシンとしてデプロイされます。vCenter ServerESXi ホスト 6.5 以降にデプロイできます。

vCenter Server および vCenter Server コンポーネントの実行の前提となるすべてのサービスが vCenter Server のインストールにバンドルされています。すべての vCenter Server サービスは VMware Service Lifecycle Manager サービスの子プロセスとして実行されます。この設定についての詳細は、『vCenter Server のインストールとセットアップ』ドキュメントを参照してください。

vCenter Single Sign-On
vCenter Server 管理インフラストラクチャの一部となるサービス。vCenter Single Sign-On 認証サービスは、さまざまな vSphere ソフトウェア コンポーネントに相互通信を許可することで、VMware クラウド インフラストラクチャ プラットフォームのセキュリティを高めます。vCenter Single Sign-On 認証サービスはセキュアなトークン交換メカニズムを使用します。Active Directory などのディレクトリ サービスを使用して各コンポーネントがユーザーを個別に認証する必要はありません。

vCenter Single Sign-On をインストールすると、次のコンポーネントがデプロイされます。

STS (Security Token Service)
STS 証明書を使用すると、vCenter Single Sign-On を介してログインしたユーザーは、vCenter Single Sign-On がサポートする任意の vCenter サービスを認証できます。STS サービスは、Security Assertion Markup Language (SAML) トークンを発行します。これらのセキュリティ トークンは、各 vCenter Single Sign-on ID ソース内のユーザーの ID を表します。
管理サーバ
管理サーバが配置されている場合、vCenter Single Sign-On の管理者権限を持つユーザーは vCenter Single Sign-On サービスを設定し、 vSphere Client からユーザーとグループを管理できます。初期の状態では administrator@vsphere.local のユーザーだけにこの権限があります。
vCenter Lookup Service
vCenter Lookup Service には vSphere インフラストラクチャに関するトポロジ情報が含まれており、vSphere コンポーネントが安全に相互接続できます。Simple Install を使用していない場合、他の vSphere コンポーネントをインストールすると Lookup Service URL を求められます。たとえば、Inventory Service および vCenter Server インストーラは Lookup Service の URL を要求し、その後で Lookup Service に接続して vCenter Single Sign-On を検索します。インストール後、Inventory Service および vCenter Server システムが vCenter Lookup Service に登録され、 vSphere Client などの別の vSphere コンポーネントから検索できるようになります。
VMware Directory Service

vsphere.local ドメインに関連付けられたディレクトリ サービスです。このサービスは、LDAP ディレクトリをポート 389 で使用できるようにするマルチテナントのピアレプリケート ディレクトリ サービスです。マルチサイト モードの場合に、1 つの VMware Directory Service インスタンスで VMware Directory Service のコンテンツを更新すると、他のすべての vCenter Single Sign-On ノードに関連付けられた VMware Directory Service インスタンスが自動的に更新されます。

vCenter Server のプラグイン
vCenter Server に追加機能を提供するアプリケーション。通常、プラグインはサーバ コンポーネントとクライアント コンポーネントで構成されます。プラグイン サーバがインストールされると、 vCenter Server に登録され、 vSphere Client がプラグイン クライアントをダウンロードできるようになります。 vSphere Client にプラグインがインストールされると、追加された機能に関連するビュー、タブ、ツールバー ボタン、メニュー アイテムが追加されて、インターフェイスが変わることがあります。

プラグインは認証や権限管理などの vCenter Server の中核機能を利用しますが、独自のタイプのイベント、タスク、メタデータ、および権限を持つ場合があります。

一部の vCenter Server 機能はプラグインとして実装されており、vSphere Client プラグイン マネージャで管理できます。こういった機能には、vCenter ストレージの監視、vCenter ハードウェア ステータス、および vCenter サービス ステータスなどがあります。

vCenter Server データベース
vCenter Server 環境で管理する各仮想マシン、ホスト、およびユーザーのステータスを保持する恒久的ストレージ。 vCenter Server データベースは、 vCenter Server システムに対してリモートでも、ローカルでもかまいません。

データベースは、vCenter Server のインストール中にインストールおよび構成されます。

vCenter Server システムやそれに関連する vSphere Client を使用せずに、VMware Host Client を使用して直接 ESXi ホストにアクセスする場合は、vCenter Server データベースを使用しません。

tcServer
vCenter Server の多くの機能は、tcServer を必要とする Web サービスとして実装されます。tcServer は、 vCenter Server インストールの一部として vCenter Server マシン上にインストールされます。

tcServer が実行されている必要がある機能には、[lCIM] または [ハードウェア ステータス] タブ、パフォーマンス チャート、WebAccess、ストレージ ポリシーベースのサービス、および vCenter サービス ステータスなどがあります。

vCenter Server エージェント
各管理対象ホスト上で、 vCenter Server から受け取ったアクションを収集、通信、実行するソフトウェアです。 vCenter Server エージェントは、 vCenter Server インベントリにホストがはじめて追加されたときにインストールされます。
ホスト エージェント
各管理対象ホスト上で、 vSphere Client から受け取ったアクションを収集、通信、実行するソフトウェアです。 ESXi のインストール時に、その一部としてインストールされます。