vSAN Health Service を使用して、vSAN クラスタの健全性を監視します。

vSAN 健全性チェックを使用して、クラスタ コンポーネントのステータスの監視、問題の診断、および問題のトラブルシューティングを行うことができます。健全性チェックでは、ハードウェア互換性、ネットワーク構成と操作、高度な vSAN 構成オプション、ストレージ デバイスの健全性、および仮想マシン オブジェクトがカバーされます。

vSAN 健全性チェックは複数のカテゴリに分類されます。各カテゴリには、個々の健全性チェックが含まれます。

表 1. vSAN 健全性チェックのカテゴリ
健全性チェックのカテゴリ 説明
ハードウェア互換性 サポートされているハードウェア、ソフトウェア、およびドライバが使用されていることを確認するためにクラスタ コンポーネントを監視します。
パフォーマンス サービス vSAN パフォーマンス サービスの健全性を監視します。
ネットワーク vSAN ネットワークの健全性を監視します。
物理ディスク vSAN クラスタ内の物理デバイスの健全性を監視します。
データ vSAN データの健全性を監視します。
クラスタ vSAN クラスタの健全性を監視します。
容量使用率 vSAN クラスタの容量を監視します。
オンライン健全性 vSAN クラスタの健全性を監視し、VMware の分析バックエンド システムに送信して、詳細分析を行います。オンラインの健全性チェックを使用するには、カスタマ エクスペリエンス改善プログラムに参加する必要があります。
vSAN ビルドに関する推奨事項 vSphere Lifecycle Manager の vSAN ビルドの推奨事項を監視します。
vSAN iSCSI ターゲット サービス ネットワーク構成とランタイム ステータスを含む iSCSI ターゲット サービスを監視します。
暗号化 vSAN 暗号化の健全性を監視します。
ストレッチ クラスタ ストレッチ クラスタの健全性を監視します(該当する場合)。「監視アプライアンスの vSphere 7.0 以降へのアップグレード (注意付き)」の詳細については、KB76948を参照してください。
ハイパーコンバージド クラスタ構成のコンプライアンス ホストのステータスと、クイックスタート ワークフローを使用して行った設定を監視します。

vSAN では、各健全性チェックを定期的に再テストし、結果を更新しています。健全性チェックを実行して、結果をすぐに更新するには、[再テスト] ボタンをクリックします。

カスタマ エクスペリエンス改善プログラムに参加している場合は、健全性チェックを実行して、詳細分析のためにそのデータを VMware に送信できます。[オンライン健全性の再テスト] ボタンをクリックします。

vSAN 健全性チェックの詳細については、『VMware Virtual SAN Health Check Plugin Guide』を参照してください。

単一ホスト上の vSAN 健全性の監視

ESXi Host Client は、単一の ESXi ホストを管理するブラウザベースのインターフェイスです。これによって、 vCenter Server を利用できない場合にホストを管理できます。この Host Client では、ホスト レベルで vSAN を管理および監視するための複数のタブが用意されています。
  • [vSAN] タブには、vSAN の基本構成が表示されます。
  • [ホスト] タブには、vSAN クラスタに参加しているホストが表示されます。
  • [健全性] タブには、ホストレベルの健全性チェックが表示されます。