vSphere with Tanzu の構成と管理』には、vSphere Client を使用して vSphere with Tanzu を構成および管理する方法が記載されています。また、kubectl を使用して vSphere with Tanzu で実行されている名前空間に接続し、指定した名前空間で Kubernetes ワークロードを実行する方法についても説明します。

vSphere with Tanzu の構成と管理』では、プラットフォーム アーキテクチャの概要や、vSphere with Tanzu に固有の要件を満たすストレージ、コンピューティング、およびネットワークの設定に関する考慮事項とベスト プラクティスを示します。また、既存の vSphere クラスタで vSphere with Tanzu を有効にする手順、名前空間を作成および管理する手順、VMware Tanzu™ Kubernetes Grid™ サービス を使用して作成された Tanzu Kubernetes クラスタを監視する手順を示します。

この情報には、kubectl を使用した vSphere with Tanzu Kubernetes 制御プレーンとのセッションの確立、サンプル アプリケーションの実行、VMware Tanzu™ Kubernetes Grid™ サービス を使用した Tanzu Kubernetes クラスタの作成に関するガイドラインも示されます。

VMware では、多様性の受け入れを尊重しています。お客様、パートナー企業、社内コミュニティとともにこの原則を推進することを目的として、多様性に配慮した言葉遣いでコンテンツを作成します。

対象読者

vSphere with Tanzu の構成と管理』は、vSphere で vSphere with Tanzu を有効にし、名前空間を設定して DevOps チームに提供するほか、vSphere で Kubernetes ワークロードを管理および監視する vSphere 管理者を対象としています。vSphere with Tanzu を使用する vSphere 管理者には、コンテナおよび Kubernetes に関する基本的な知識が必要です。

この情報は、vSphere with Tanzu 制御プレーンとのセッションを確立し、Kubernetes ワークロードを実行するほか、VMware Tanzu™ Kubernetes Grid™ サービス を使用して Kubernetes クラスタをデプロイする DevOps エンジニアも対象としています。