Tanzu Kubernetes Grid サービス によってプロビジョニングされた Tanzu Kubernetes クラスタを削除するには、kubectl を使用します。

kubectl を使用して Tanzu Kubernetes クラスタを削除すると、Kubernetes ガベージ コレクションによってすべての依存リソースが削除されます。
注: vSphere Client または vCenter Server CLI を使用して Tanzu Kubernetes クラスタの削除を試みないでください。

手順

  1. スーパーバイザー クラスタ で認証します。
  2. 削除する Tanzu Kubernetes がプロビジョニングされている vSphere 名前空間 にコンテキストを変更します。
    kubectl config use-context CLUSTER-NAMESPACE
    例:
    kubectl config use-context tkgs-ns-1
    
  3. 名前空間内にある Tanzu Kubernetes クラスタを一覧表示します。
    kubectl get clusters
    例:
    kubectl get clusters
    NAME             PHASE
    tkgs-cluster-1   provisioned
  4. 次の構文を使用して Tanzu Kubernetes クラスタを削除します。
    kubectl delete tanzukubernetescluster --namespace CLUSTER-NAMESPACE CLUSTER-NAME
    例:
    kubectl delete tanzukubernetescluster --namespace tkgs-ns-1 tkgs-cluster-1
    予期される結果:
    tanzukubernetescluster.run.tanzu.vmware.com "tkgs-cluster-1" deleted
  5. クラスタが削除されたことを確認します。
    kubectl get clusters
    例:
    kubectl get clusters
    No resources found in tkgs-ns-1 namespace.
  6. kubeconfig ファイルからクラスタのコンテキストを削除します。
    kubectl config delete-context CONTEXT
    例:
    kubectl config get-contexts
    CURRENT   NAME             CLUSTER         AUTHINFO                                        NAMESPACE
              192.0.2.1        192.0.2.1       wcp:192.0.2.1:administrator@vsphere.local
              tkgs-cluster-1   192.0.2.6       wcp:192.0.2.6:administrator@vsphere.local
    *         tkgs-ns-1        192.0.2.7       wcp:192.0.2.7:administrator@vsphere.local       tkgs-ns-1
    
    kubectl config delete-context tkgs-cluster-1
    deleted context tkgs-cluster-1 from $HOME/.kube/config
    
    kubectl config get-contexts
    CURRENT   NAME             CLUSTER         AUTHINFO                                        NAMESPACE
              192.0.2.1        192.0.2.1       wcp:192.0.2.1:administrator@vsphere.local
    *         tkgs-ns-1        192.0.2.7       wcp:192.0.2.7:administrator@vsphere.local       tkgs-ns-1