Tanzu Kubernetes クラスタをプロビジョニング、操作、および維持できるようにするには、kubectl のデフォルトのテキスト エディタを指定します。

目的

Tanzu Kubernetes クラスタをプロビジョニングした後も、クラスタを維持する必要があります。一般的なメンテナンス タスクでは、Kubernetes バージョンのアップグレードとクラスタ ノードのスケーリングを行います。このようなタスクを実行するには、クラスタ マニフェストを更新します。

プロビジョニングされたクラスタのマニフェストを更新する最も便利な方法は、kubectl edit コマンドを使用することです。このコマンドを実行すると、選択したテキスト エディタで Kubernetes マニフェストが開きます。変更を保存すると、Kubernetes によって変更が自動的に適用されて、クラスタが更新されます。

kubectl edit コマンドを使用するには、KUBE_EDITOR 環境変数を作成し、変数の値として優先するテキスト エディタを指定します。また、行った変更をコミット(保存)したときに kubectl が認識できるように、監視フラグ (-w) を値に追加します。

Windows

Windows の場合は、KUBE_EDITOR という名前のシステム環境変数を作成して、値を優先テキスト エディタのパスに設定します。この値に監視フラグ (-w) を追加します。

たとえば、次の環境変数は、kubectl のデフォルトのテキスト エディタとして Visual Studio Code を設定し、変更を保存したときに Kubernetes が認識できるように監視フラグを追加します。

KUBE_EDITOR=code -w

Mac OS

Mac OS の場合は、KUBE_EDITOR という名前の環境変数を作成して、値を優先テキスト エディタのパスに設定します。行った変更をコミット(保存)したときに kubectl が認識できるように、監視フラグ (-w) を値に追加します。

たとえば、次のように .bash_profile に追加すると、kubectl のデフォルトのテキスト エディタとして Sublime が設定され、変更を保存したときに kubectl が認識できるように監視フラグが追加されます。

export KUBE_EDITOR="/Applications/Sublime.app/Contents/SharedSupport/bin/subl-w"

Linux

Linux(Ubuntu など)では、通常、デフォルトのコマンドライン EDITOR は Vim です。この場合、kubectl edit コマンドを使用するための追加のアクションは不要です。別のエディタを使用する場合は、KUBE_EDITOR という名前の環境変数を作成して、値を優先テキスト エディタのパスに設定します。