ストレッチ クラスタなどの特定の vSAN 構成には、監視ホストが必要です。監視ホストとして専用の物理 ESXi ホストを使用するのではなく、vSAN 監視アプライアンスをデプロイできます。アプライアンスは、ESXi を実行する事前構成された仮想マシンで、OVA ファイルとして配布されます。

汎用 ESXi ホストとは異なり、監視アプライアンスは仮想マシンを実行しません。監視アプライアンスは vSAN 監視として機能することのみを目的としています。

vSAN 監視アプライアンスをデプロイおよび構成するためのワークフローには、次のプロセスが含まれます。

vSAN 監視アプライアンスをデプロイする場合は、vSAN ストレッチ クラスタでサポートされている監視アプライアンスのサイズを構成する必要があります。以下のいずれかのオプションを選択します。
  • 「極小」は、最大 750 個のコンポーネント(10 台以下の仮想マシン)をサポートします。
  • 「中」は、最大 21,833 個のコンポーネント(500 台の仮想マシン)をサポートします。共有監視として、「中」の監視アプライアンスは最大 21,000 個のコンポーネントと 21 台までの vSAN 2 ノード クラスタをサポートします。
  • 「大」は、最大 64,000 個のコンポーネント(500 台を超える仮想マシン)をサポートします。共有監視として、「大」の監視アプライアンスは最大 24,000 個のコンポーネントと 24 台までの vSAN 2 ノード クラスタをサポートします。
  • 「特大」は、最大 64,000 個のコンポーネント(500 台を超える仮想マシン)をサポートします。共有監視として、「特大」の監視アプライアンスは最大 64,000 個のコンポーネントと最大 64 台の 2 ノード vSAN クラスタをサポートします。
注: この概算値は、標準の仮想マシン構成を基準にしています。仮想マシンを構成するコンポーネントの数は、仮想ディスクの数、ポリシー設定、スナップショットの要件などによって異なります。vSAN 2 ノード クラスタの監視アプライアンスのサイジングの詳細については、『 vSAN 2 ノード ガイド』を参照してください。

また、vSAN 監視アプライアンス用のデータストアを選択する必要があります。監視アプライアンスには、vSAN ストレッチ クラスタのデータストアとは異なるデータストアを使用する必要があります。

  1. VMware Web サイトからアプライアンスをダウンロードします。
  2. アプライアンスを vSAN ホストまたはクラスタにデプロイします。詳細については、vSphere の仮想マシン管理ドキュメントの「OVF テンプレートのデプロイ」を参照してください。
  3. 監視アプライアンス上に vSAN ネットワークを構成します。
  4. 監視アプライアンス上に管理ネットワークを構成します。
  5. アプライアンスを監視 ESXi ホストとして vCenter Server に追加します。必ずホスト上に vSAN VMkernel インターフェイスを構成してください。

監視アプライアンスの vSAN ネットワークの設定

vSAN 監視アプライアンスには、2 つの事前構成済みのネットワーク アダプタが含まれます。アプライアンスが vSAN ネットワークに接続できるようにするには、2 番目のアダプタの構成を変更する必要があります。

手順

  1. 監視ホストを含む仮想アプライアンスに移動します。
  2. アプライアンスを右クリックして、[設定の編集] を選択します。
  3. [仮想ハードウェア] タブで、2 番目のネットワーク アダプタを展開します。
  4. ドロップダウン メニューから vSAN ポート グループを選択し、[OK] をクリックします。

監視アプライアンスでの管理ネットワークの構成

ネットワーク上で接続できるように、監視アプライアンスを構成します。

デフォルトでは、ネットワークに DHCP サーバが含まれている場合、アプライアンスはネットワーク パラメータを自動的に取得できます。含まれていない場合は、適切な設定を構成する必要があります。

手順

  1. 監視アプライアンスをパワーオンして、そのコンソールを開きます。
    アプライアンスが ESXi ホストであるため、ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス (DCUI) が表示されます。
  2. F2 キーを押して、[ネットワーク アダプタ] ページに移動します。
  3. [ネットワーク アダプタ] ページで、転送用に少なくとも 1 つの vmnic が選択されていることを確認します。
  4. 管理ネットワーク用の IPv4 パラメータを構成します。
    1. [IPv4 構成] セクションに移動し、デフォルトの DHCP 設定を [固定] に変更します。
    2. 次の設定を入力します。
      • IP アドレス
      • サブネット マスク
      • デフォルト ゲートウェイ
  5. DNS パラメータを構成します。
    • プライマリ DNS サーバ
    • 代替 DNS サーバ
    • ホスト名

監視トラフィック用のネットワーク インターフェイスの構成

2 ノード構成の vSAN クラスタやストレッチ クラスタで、データ トラフィックと監視トラフィックを分離することができます。

vSAN のデータ トラフィックは、低遅延で高いバンド幅のリンクを必要とします。監視トラフィックの場合、高遅延、低バンド幅、かつルーティング可能なリンクを使用できます。データ トラフィックを監視トラフィックから分離するために、vSAN の監視トラフィック専用の VMkernel ネットワーク アダプタを構成できます。

vSAN ストレッチ クラスタで vSAN データ トラフィックを配信するために、直接ネットワーク交差接続のサポートを追加できます。監視トラフィック用に、別のネットワーク接続を構成できます。クラスタの各データ ホストで、管理 VMkernel ネットワーク アダプタを構成して、ここでも監視トラフィックを伝送できるようにします。監視ホスト上に監視トラフィック タイプを構成しないでください。

注: ネットワーク アドレス変換 (NAT) は、 vSAN データ ホストと監視ホスト間ではサポートされていません。

前提条件

  • データ サイトから監視トラフィックへの接続に、1,000 vSAN コンポーネントあたり 2 Mbps の最小バンド幅があることを確認します。
  • 以下の遅延についての要件を確認します。
    • 2 ノード構成の vSAN クラスタでは、RTT を 500 ミリ秒未満にする必要があります。
    • サイトあたりのホスト数が 11 台未満のストレッチ クラスタでは、RTT を 200 ミリ秒未満にする必要があります。
    • サイトあたりのホスト数が 11 台以上のストレッチ クラスタでは、RTT を 100 ミリ秒未満にする必要があります。
  • vSAN データ接続が、次の要件を満たしていることを確認します。
    • 2 ノード構成の vSAN クラスタで直接接続されているホストの場合、ホスト間で 10 Gbps の直接接続を使用します。ハイブリッド クラスタでは、ホスト間で 1 Gbps クロス接続も使用できます。
    • スイッチ インフラストラクチャに接続されたホストの場合、10 Gbps の共有の接続(オール フラッシュ クラスタには必須)か、1 Gbps の専用の接続を使用します。
  • データ トラフィックと監視トラフィックで同じ IP バージョンが使用されていることを確認します。

手順

  1. ESXi ホストへの SSH 接続を開きます。
  2. esxcli network ip interface list コマンドを使用して、管理トラフィックに使用する VMkernel ネットワーク アダプタを決定します。
    例:
    esxcli network  ip interface list
    [vmk0]
       Name: vmk0
       MAC Address: e4:11:5b:11:8c:16
       Enabled: true
       Portset: vSwitch0
       Portgroup: [Management Network]
       Netstack Instance: defaultTcpipStack
       VDS Name: N/A
       VDS UUID: N/A
       VDS Port: N/A
       VDS Connection: -1
       Opaque Network ID: N/A
       Opaque Network Type: N/A
       External ID: N/A
       MTU: 1500
       TSO MSS: 65535
       Port ID: 33554437
    
    [vmk1]
       Name: vmk1
       MAC Address: 00:50:56:6a:3a:74
       Enabled: true
       Portset: vSwitch1
       Portgroup: [vsandata]
       Netstack Instance: defaultTcpipStack
      VDS Name: N/A
       VDS UUID: N/A
       VDS Port: N/A
       VDS Connection: -1
       Opaque Network ID: N/A
       Opaque Network Type: N/A
       External ID: N/A
       MTU: 9000
       TSO MSS: 65535
       Port ID: 50331660
    
    注: 後方互換性のため、マルチキャスト情報が含まれます。 vSAN 6.6 以降のリリースでは、マルチキャストは必要ありません。
  3. esxcli vsan network ip add コマンドを使用して、監視トラフィックをサポートするように管理 VMkernel ネットワーク アダプタを構成します。
    esxcli vsan network ip add -i vmkx -T witness 
  4. esxcli vsan network list コマンドを使用して、新しいネットワーク構成を確認します。
    例:
    esxcli vsan network list
    Interface
       VmkNic Name: [vmk0]
       IP Protocol: IP
       Interface UUID: 8cf3ec57-c9ea-148b-56e1-a0369f56dcc0
       Agent Group Multicast Address: 224.2.3.4
       Agent Group IPv6 Multicast Address: ff19::2:3:4
       Agent Group Multicast Port: 23451
       Master Group Multicast Address: 224.1.2.3
       Master Group IPv6 Multicast Address: ff19::1:2:3
       Master Group Multicast Port: 12345
       Host Unicast Channel Bound Port: 12321
       Multicast TTL: 5
       Traffic Type: [witness]
    
    Interface
       VmkNic Name: [vmk1]
       IP Protocol: IP
       Interface UUID: 6df3ec57-4fb6-5722-da3d-a0369f56dcc0
       Agent Group Multicast Address: 224.2.3.4
       Agent Group IPv6 Multicast Address: ff19::2:3:4
       Agent Group Multicast Port: 23451
       Master Group Multicast Address: 224.1.2.3
       Master Group IPv6 Multicast Address: ff19::1:2:3
       Master Group Multicast Port: 12345
       Host Unicast Channel Bound Port: 12321
       Multicast TTL: 5
       Traffic Type: [vsan]
    

結果

vSphere Client で、vSAN トラフィック用に管理 VMkernel ネットワーク インターフェイスが選択されていません。vSphere Client でインターフェイスを再度有効にしないでください。