vCenter Single Sign-Onで Windows セッション認証 (SSPI) を使用できます。SSPI を使用するには、vCenter Serverを Active Directory ドメインに参加させる必要があります。

前提条件

  • Active Directory ドメインへのvCenter Serverの参加。Active Directory ドメインへの vCenter Serverの追加を参照してください。
  • ドメインが正常に設定されていることを確認します。詳細については、VMware ナレッジベースの記事 (http://kb.vmware.com/kb/2064250) を参照してください。
  • 拡張認証プラグインがインストールされていることを確認します。vCenter Server のインストールとセットアップを参照してください。
注: Active Directory フェデレーション サービスでフェデレーション認証を使用するように vCenter Serverを設定した場合、拡張認証プラグインは、 vCenter Server が ID プロバイダである構成(Active Directory over LDAP、統合 Windows 認証、OpenLDAP 構成)にのみ適用されます。

手順

  1. vSphere Clientの [ログイン] ページに移動します。
  2. [Windows セッション認証を使用する] チェック ボックスを選択します。
  3. Active Directory のユーザー名とパスワードを使用してログインします。
    • Active Directory ドメインがデフォルトの ID ソースである場合は、jlee などのユーザー名でログインします。
    • そうでない場合は、jlee@example.com のようにドメイン名を含めます。