VMware Tools は、サービスとモジュールのセットです。VMware 製品でさまざまな機能を利用できるようにして、ゲスト OS の管理性を向上させ、ユーザーとのシームレスなやり取りを可能にします。

VMware Tools には次のような機能があります。

  • ホスト OS からゲスト OS にメッセージを渡します。
  • vCenter Server やその他の VMware 製品の一部としてゲスト OS をカスタマイズします。
  • ゲスト OS の処理を自動化するスクリプトを実行します。これらのスクリプトは、仮想マシンの電源状態が変化すると実行されます。
  • ゲスト OS の時刻をホスト OS の時刻と同期します。

VMware Tools Lifecycle Management は、VMware Tools のインストールとアップグレードを簡単に拡張性の高い方法で行えるようにします。複数の機能強化、ドライバ関連の強化、新しいゲスト OS のサポートが含まれています。

最新バージョンの VMware Tools を実行するか、Linux OS のディストリビューションで提供される open-vm-tools を使用する必要があります。ゲスト OS は VMware Tools なしでも実行できますが、最新の機能やアップデートを利用するには、ゲスト OS で最新バージョンの VMware Tools を常に実行する必要があります。

仮想マシンをパワーオンするたびに VMware Tools のアップグレードの有無を自動で確認して適用するように、仮想マシンを構成できます。

仮想マシンで VMware Tools の自動アップグレードを有効にする方法については、『vSphere 仮想マシン管理ガイド』を参照してください。

VMware Tools のインストール

ゲスト OS は VMware Tools をインストールせずに使用できますが、VMware Tools をインストールすると、多数の VMware 機能を利用することができます。VMware Tools は、使用しているゲスト OS のパフォーマンスを強化します。

VMware Tools のインストールは新しい仮想マシンの作成プロセスの一部です。更新が利用できるようになったら、VMware Tools をアップグレードすることが重要です。仮想マシンの作成に関する詳細は、『VMware Tools ユーザー ガイド』を参照してください。

VMware Tools のインストーラは ISO イメージ ファイルです。ゲスト OS では、ISO イメージ ファイルが CD-ROM のように認識されます。Windows、Linux、Solaris、FreeBSD、および NetWare などのゲスト OS のタイプごとに ISO イメージ ファイルがあります。VMware Tools をインストールまたはアップグレードする場合、仮想マシンの第 1 仮想 CD-ROM ディスク ドライブがゲスト OS の VMware Tools ISO ファイルに一時的に接続されます。

Windows 仮想マシン、Linux 仮想マシン、Mac OS X 仮想マシン、Solaris 仮想マシン、NetWare 仮想マシン、または FreeBSD 仮想マシンでの VMware Tools のインストールまたはアップグレードについての詳細は、『VMware Tools ユーザー ガイド』を参照してください。

VMware Host Client からの VMware Tools のインストール

VMware Tools は、仮想マシンのオペレーティング システムにインストールされる一連のユーティリティです。VMware Tools を使用すると、仮想マシンのパフォーマンスおよび管理が強化されます。

VMware Host Client を使用することにより、1 つまたは複数の仮想マシンの VMware Tools をインストールできます。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で [仮想マシン] をクリックします。
  2. リストから仮想マシンを選択します。
    VMware Tools をインストールするには、仮想マシンがパワーオンになっている必要があります。
  3. [アクション] をクリックし、ドロップダウン メニューから [ゲスト OS] を選択し、[VMware Tools のインストール] を選択します。

VMware Tools のアップグレード

VMware Tools は、手動でアップグレードするか、新しいバージョンを確認してインストールするように仮想マシンを設定することもできます。

ゲスト OS は、仮想マシンをパワーオンしたときに VMware Tools のバージョンを確認します。新しいバージョンが利用できる場合は、仮想マシンのステータス バーにメッセージが表示されます。

vSphere 仮想マシンの場合、インストールされている VMware Tools のバージョンが古い場合、ステータス バーに次のメッセージが表示されます。
新しいバージョンの VMware Tools がこの仮想マシンで利用可能です。

Windows 仮想マシンでは、アップグレードが利用可能な場合は通知するように VMware Tools を設定できます。この通知オプションを有効にした場合、VMware Tools のアップグレードが利用可能になると、Windows タスクバーの VMware Tools アイコンに黄色い注意アイコンが付けられます。

VMware Tools のアップグレードは、VMware Tools を最初にインストールしたときと同じ手順でインストールできます。VMware Tools のアップグレードとは、新しいバージョンをインストールするということです。

Windows および Linux ゲスト OS の場合、VMware Tools を自動的にアップグレードするように Windows の仮想マシンを構成できます。Windows ゲスト OS の場合、仮想マシンをパワーオンするとバージョン チェックが実行されますが、自動アップグレードは、仮想マシンをパワーオフまたは再起動したときに実行されます。アップグレードの進行中、ステータス バーには VMware Tools をインストールしています... というメッセージが表示されます。手順は次のとおりです。

注:

Windows ゲスト OS 上で VMware Tools をアップグレードすると、WDDM グラフィックス ドライバが自動的にインストールされます。WDDM グラフィックス ドライバにより、ゲスト OS の電源設定でスリープ モードを使用して、スリープ オプションを調整できます。たとえば、スリープ モード設定の [コンピュータがスリープ状態になる時間を変更] では、一定時間が経過するとゲスト OS が自動的にスリープ モードになるように設定できます。また、しばらくアイドル状態であった後でも自動的にスリープ モードに切り替わらないように設定することも可能です。

vSphere 仮想マシンの場合、次に挙げるプロセスを使用して、同時に複数の仮想マシンをアップグレードできます。

次のプロセスのいずれかを使用して、同時に複数の仮想マシンをアップグレードできます。

  • vCenter Server にログインして、ホストまたはクラスタを選択し、VMware Tools のアップグレードを実行する仮想マシンを[仮想マシン] タブで指定します。
  • 仮想マシンの組織的なアップグレードをフォルダ レベルまたはデータセンター レベルで実行するには、vSphere Lifecycle Manager を使用します。

VMware 製品の一部の機能には、該当のリリースで提供される VMware Tools のインストールまたは該当のバージョンへのアップグレードが必要なものがあります。必須ではありませんが、VMware は VMware Tools を最新のバージョンにアップグレードすることを推奨しています。VMware Tools の新しいバージョンは、特定の ESXi ホストのバージョンと互換性があります。不必要なアップグレードを行わないように、新しいバージョンが提供する機能が環境に必要かどうかを確認してください。「仮想マシンの互換性の設定で使用できるハードウェア機能」を参照してください。VMware は、最新バージョンの VMware Tools をインストールすることをお勧めしています。

VMware 製品の一部の機能には、該当のリリースで提供される VMware Tools のインストールまたは該当のバージョンへのアップグレードが必要なものがあります。VMware Tools の最新バージョンへのアップグレードは、常に必要なわけではありません。VMware Tools の新しいバージョンは、特定のホストのバージョンと互換性があります。不必要なアップグレードを行わないように、新しいバージョンが提供する機能が環境に必要かどうかを確認してください。

表 1. 仮想マシンの互換性のオプション
互換性 説明
ESXi 8.0 以降 この仮想マシン(ハードウェア バージョン 20)は、ESXi 8.0 以降と互換性があります。
ESXi 7.0 Update 3 以降 この仮想マシン(ハードウェア バージョン 19)は、ESXi 7.0 Update 3 および ESXi 8.0 と互換性があります。
ESXi 7.0 Update 2 以降 この仮想マシン(ハードウェア バージョン 19)は、ESXi 7.0 Update 2、ESXi 7.0 Update 3、および ESXi 8.0 と互換性があります。
ESXi 7.0 Update 1 以降 この仮想マシン(ハードウェア バージョン 18)は、ESXi 7.0 Update 1、ESXi 7.0 Update 2、ESXi 7.0 Update 3、および ESXi 8.0 と互換性があります。
ESXi 7.0 以降 この仮想マシン(ハードウェア バージョン 17)は、ESXi 7.0、ESXi 7.0 Update 1、ESXi 7.0 Update 2、ESXi 7.0 Update 3、および ESXi 8.0 と互換性があります。
ESXi 6.7 Update 2 以降 この仮想マシン(ハードウェア バージョン 15)は、ESXi 6.7 Update 2、ESXi 6.7 Update 3、ESXi 7.0、ESXi 7.0 Update 1、ESXi 7.0 Update 2、ESXi 7.0 Update 3、および ESXi 8.0 と互換性があります。
ESXi 6.7 以降 この仮想マシン(ハードウェア バージョン 14)は、ESXi 6.7、ESXi 6.7 Update 2、ESXi 6.7 Update 3、ESXi 7.0、ESXi 7.0 Update 1、ESXi 7.0 Update 2、ESXi 7.0 Update 3、および ESXi 8.0 と互換性があります。
ESXi 6.5 以降 この仮想マシン(ハードウェア バージョン 13)は、ESXi 6.5、ESXi 6.7、ESXi 6.7 Update 2、ESXi 6.7 Update 3、ESXi 7.0、ESXi 7.0 Update 1、ESXi 7.0 Update 2、ESXi 7.0 Update 3、および ESXi 8.0 と互換性があります。

詳細については、http://www.vmware.com/resources/compatibility の VMware 互換性ガイドを参照してください。

VMware Host Client での VMware Tools のアップグレード

仮想マシンの VMware Tools を VMware Host Client を使用してアップグレードできます。

前提条件

仮想マシンをオンにします。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で [仮想マシン] をクリックします。
  2. リストから仮想マシンを選択します。
  3. [アクション] をクリックし、ドロップダウン メニューから [ゲスト OS] を選択し、[VMware Tools のアップグレード] を選択します。