VMware Host Client で、ブラウザ コンソールまたは VMware Remote Console (VMRC) を使用して、仮想マシンにアクセスし、その仮想マシンに対してさまざまなタスクを実行できます。

ブラウザ コンソールの使用

注: ESXi の 6.0 より前のバージョンでは、ブラウザ コンソールがサポートされません。ブラウザ コンソールにアクセスするには VMRC を使用する必要があります。

ブラウザ コンソールを使用すると、他のソフトウェアをインストールせずにゲスト OS にアクセスできます。ローカル ハードウェアの接続など、別のコンソール機能を使用するには、VMware Remote Console をインストールします。

注: 現在、ブラウザ コンソールでは、英語、日本語、およびドイツ語のキーボード レイアウトのみがサポートされます。コンソールを開く前に、使用するキーボード レイアウトを選択する必要があります。

VMware Remote Console の使用

VMware Remote Console は、リモート ホスト上の仮想マシンへのアクセスを可能にし、VMware vSphere 向けに、オペレーティング システムの設定や仮想マシン コンソールの監視など、コンソールおよびデバイスの操作を行います。仮想マシンのゲスト OS の再起動とシャットダウン、仮想マシンの再起動とサスペンド、VMware Tools 更新の構成、仮想マシンおよび他のデバイスの構成と管理など、さまざまなタスクを仮想マシンに対して実行できます。VMRCでは、RAM、CPU コア、ディスクといった仮想マシンの設定を変更することもできます。VMware Workstation™、VMware Fusion™、VMware Player™ は VMRC クライアントとして機能するため、これらのいずれかがシステムにインストールされている場合は、VMRC をダウンロードしてインストールする必要がありません。

コンソールのすべての機能を使用するには、VMRC をダウンロードしてインストールします。

VMware Host Clientでの VMware Remote Console アプリケーションのインストール

VMware Remote Console (VMRC) は、クライアント デバイスに接続し、リモート ホストで仮想マシン コンソールを起動できる、スタンドアローン コンソール アプリケーションです。

手順

  1. VMware Host Clientインベントリ内で [仮想マシン] をクリックします。
    ホスト上で利用可能な仮想マシンのリストが表示されます。
  2. リストから仮想マシンを選択します。
  3. [コンソール] ツールバー アイコンをクリックし、[VMRC のダウンロード] オプションを選択します。

VMware Host Client での仮想マシンのリモート コンソールの起動

VMware Remote Console を使用して、VMware Host Client で仮想マシンにアクセスできます。1 つ以上のコンソールを起動して、複数のリモート仮想マシンに一度にアクセスすることができます。

前提条件

ローカル システムに VMware Remote Console がインストールされていることを確認します。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で [仮想マシン] をクリックし、リストから仮想マシンを選択します。
  2. [コンソール] をクリックし、ドロップダウン メニューから [リモート コンソールの起動] を選択します。
    選択した仮想マシンのスタンドアローン アプリケーションとして VMware Remote Console が開きます。

VMware Host Clientでの仮想マシン コンソールの表示

VMware Host Clientでは、仮想マシンのコンソールを起動することで、仮想マシンのデスクトップにアクセスできます。このコンソールから、オペレーティング システム設定の構成、アプリケーションの実行、パフォーマンスの監視などのタスクを仮想マシン内で実行できます。

手順

  1. VMware Host Clientインベントリ内で [仮想マシン] をクリックします。
  2. リストから、パワーオン状態の仮想マシンを選択します。
  3. [コンソール] ツール バー アイコンをクリックし、コンソールを開く場所をポップアップ ウィンドウ、新しいウィンドウ、新しいタブのいずれかに指定します。