スナップショットには、スナップショット作成時の仮想マシンの状態とデータが保存されます。仮想マシンのスナップショットを作成すると、特定の状態の仮想マシンのイメージがコピーおよび保存されます。スナップショットは、繰り返し同じ状態の仮想マシンに戻る必要があるが、複数の仮想マシンを作成したくないという場合に便利です。

仮想マシンのスナップショットを複数作成して、線形処理でリストアする位置を作成できます。複数のスナップショットによって、さまざまなワーク プロセスに対応した多くの状態を保存できます。スナップショットは個々の仮想マシンで操作されます。チームの各メンバーの仮想マシン スナップショットを作成するなど、複数の仮想マシンのスナップショットを作成する場合は、各チーム メンバーの仮想マシンについて別々のスナップショットを作成する必要があります。

スナップショットは、未知の障害または有害な効果が発生する可能性のあるソフトウェアをテストするための、短期的なソリューションとして便利です。たとえば、線形処理、アップデート パッケージをインストールするような反復処理、または異なるバージョンのプログラムをインストールするような分岐処理において、スナップショットをリストア ポイントとして使用できます。スナップショットを使用すると、同一のベースラインから各インストールが開始します。

スナップショットがあれば、仮想マシンを変更する前に、ベースラインを保存できます。

vSphere Client では、仮想マシン スナップショットおよびスナップショット ツリーを作成および管理するための操作方法を提供します。これらの操作により、スナップショットの作成、スナップショット階層にあるスナップショットを元に戻す処理、スナップショットの削除などを行うことができます。後で仮想マシンの状態を元に戻すことができるように、特定の時点の仮想マシン状態を保存するスナップショット ツリーを作成することができます。スナップショット ツリーの各分岐には、最大で 32 のスナップショットを保存できます。

スナップショットには、次の情報が含まれます。

  • 仮想マシンの設定。スナップショット作成後に追加または変更されたディスクを含む、仮想マシン ディレクトリ。
  • 電源状態。仮想マシンは、パワーオン状態、パワーオフ状態、またはサスペンド状態にすることができます。
  • ディスク状態。すべての仮想マシンの仮想ディスクの状態。
  • (任意) メモリ状態。仮想マシンのメモリの内容。

スナップショットの階層

vSphere Client には、スナップショットのツリー階層が、1 つ以上の分岐付きで表示されます。階層内のスナップショットは、親と子の関係を持ちます。線形プロセスでは、各スナップショットに親スナップショットと子スナップショットが 1 つずつ存在します。ただし、最後に作成したスナップショットには親スナップショットのみ存在します。親スナップショットにはそれぞれ、複数の子スナップショットを作成できます。最新の親スナップショットに戻ったり、スナップショット ツリー内の任意の親スナップショットまたは子スナップショットに戻ったり、そのスナップショットからさらに別のスナップショットを作成することができます。スナップショットを元に戻し、別のスナップショットを作成するたびに、分岐(子スナップショット)が作成されます。

親スナップショット
最初に作成する仮想マシンのスナップショットは、ベース親スナップショットです。親スナップショットは仮想マシンの現在の状態を保存した、最新のバージョンです。スナップショットを作成すると、仮想マシンに接続された各ディスクについて差分ディスク ファイルが作成され、オプションでメモリ ファイルが作成されます。差分ディスク ファイルとメモリ ファイルは、基本となる .vmdk ファイルと一緒に保存されます。親スナップショットは、常にスナップショット マネージャの [現在点] アイコンのすぐ上に表示されるスナップショットです。スナップショットを元に戻した場合、そのスナップショットは現在の状態( [現在点])の親になります。
注: 最近作成したスナップショットが親スナップショットになるとは限りません。
子スナップショット
親スナップショットの後に作成された、仮想マシンのスナップショットです。子スナップショットには、接続している各仮想ディスクの差分ファイルが含まれています。仮想ディスクの現在の状態(現在点)から参照するメモリ ファイルが含まれている場合もあります。各子スナップショットの差分ファイルは、親ディスクに到達するまで、過去の各子スナップショットとマージされます。子ディスクは、あとで、将来の子ディスク用の親ディスクになることができます。

スナップショット ツリーに複数の分岐がある場合、親スナップショットと子スナップショットの関係は変更できます。親スナップショットには複数の子スナップショットを作成できます。スナップショットの多くは子スナップショットが存在しません。

注意: 個々の子ディスクやスナップショットの構成ファイルを手動で操作しないでください。スナップショット ツリーに問題が発生し、データの損失につながる可能性があるためです。この制限には、 vmkfstools コマンドを使用した、ディスクのサイズ変更とベース親ディスクの変更が含まれます。

スナップショットの動作

スナップショットを作成すると、特定の時点でのディスク状態を保存できます。これは、添付されている各仮想ディスクまたは仮想 RDM についての一連の差分ディスクが作成されることによって実現され、オプションでメモリ ファイルを作成してメモリと電源状態を保存することもできます。スナップショットの作成により、スナップショット マネージャに、仮想マシンの状態と設定を表すスナップショット オブジェクトが作成されます。

各スナップショットでは、差分ディスク ファイル (.vmdk) が追加で作成されます。スナップショットの作成時、スナップショット メカニズムにより、ゲスト OS による .vmdk ベース ファイルへの書き込みが防止され、代わりに、すべての書き込みが差分ディスク ファイルに対して行われます。差分ディスクは、仮想ディスクの現在の状態と、以前スナップショットを作成した時点の状態の違いを示します。複数のスナップショットが存在する場合、差分ディスクは各スナップショット間の違いを示すことがあります。ゲスト OS が仮想ディスクのすべてのブロックに書き込みを行うと、差分ディスク ファイルは短期間に肥大化し、仮想ディスク全体と同程度のサイズになることがあります。

スナップショット ファイル

スナップショットを作成する場合は、仮想マシン設定および仮想ディスクの状態を取得します。メモリ スナップショットを作成する場合、仮想マシンのメモリ状態も取得します。これらの状態は、仮想マシンのベース ファイルにあるファイルに保存されます。

スナップショット ファイル

スナップショットは、サポートされているストレージ デバイスに保存されているファイルで構成されます。スナップショットの作成操作により、vmdk-delta.vmdk.vmsd、および.vmsn の各ファイルが作成されます。デフォルトでは、最初のディスクとすべての差分ディスクは基本の .vmdk ファイルと一緒に保存されています。.vmsd および .vmsn ファイルは仮想マシンのディレクトリに保存されています。

差分ディスク ファイル
ゲスト OS による書き込みが可能な .vmdk ファイル。差分ディスクは、仮想ディスクの現在の状態と、以前スナップショットを作成した時点の状態の違いを表します。スナップショットを作成すると、その時点の仮想ディスクの状態が保持され、ゲスト OS によるスナップショットへの書き込みは停止されます。これを利用して、差分ディスクまたは子ディスクが作成されます。

差分ディスクには、2 つのファイルが含まれます。1 つはサイズの小さい記述子ファイルであり、構造や子と親の関係情報など、仮想ディスクに関する情報が含まれます。もう 1 つは、raw データが格納された対応するファイルです。

差分ディスクを構成するファイルは、子ディスクまたは redo ログと呼ばれます。
フラット ファイル
基本ディスクを構成する 2 つのファイルの 1 つである -flat.vmdk ファイル。フラット ディスクには、基本ディスクの生データが含まれています。このファイルは、データストア ブラウザでは個別のファイルとして表示されません。
データベース ファイル
仮想マシンのスナップショット情報を格納する .vmsd ファイル。このファイルは、スナップショット マネージャにとっての第一の情報ソースです。このファイルには、スナップショット間、および各スナップショットの子ディスク間の関係を定義する行エントリが含まれています。
メモリ ファイル
仮想マシンのアクティブな状態を格納する .vmsn ファイル。仮想マシンのメモリ状態を取得すると、パワーオン状態の仮想マシンの状態に戻すことができます。メモリなしのスナップショットでは、パワーオフ状態の仮想マシンの状態にのみ戻せます。メモリ スナップショットの方が、メモリなしのスナップショットより作成に時間がかかります。ESXi ホストによるメモリのディスクへの書き込みにかかる時間は、仮想マシンで使用されるように構成されているメモリの量によって異なります。

[スナップショットの作成] 操作により、.vmdk-delta.vmdkvmsd、および vmsn の各ファイルが作成されます。

ファイル 説明
vmname-number.vmdk および vmname-number-delta.vmdk スナップショット ファイルでは、仮想ディスクの現在の状態と、以前スナップショットを作成した時点の状態の違いを表すことができます。

ファイル名には、S1vm-000001.vmdkという構文が使用されます。S1vm は仮想マシンの名前を表し、000001 はディレクトリにすでに存在しているファイルに基づいた 6 桁の数字を表します。この数字では、仮想マシンに添付されたディスク数は考慮されません。

vmname.vmsd 仮想マシンのスナップショット情報を格納するデータベースであり、スナップショット マネージャの第一の情報ソースです。
vmname.Snapshotnumber.vmsn スナップショットの作成時の仮想マシンのメモリ状態。ファイル名には、S1vm.snapshot1.vmsnという構文が使用されます。S1vm は仮想マシン名を表し、snapshot1 は最初のスナップショットを表します。
注: .vmsn ファイルは、メモリを選択するかどうかに関係なく、スナップショットを作成するたびに作成されます。メモリなしの場合の .vmsn ファイルは、メモリありの場合より小さくなります。

スナップショットの制限事項

スナップショットは、仮想マシンのパフォーマンスに影響を与える場合があります。また、スナップショットでは、一部のディスク タイプ、またはバスの共有が設定された仮想マシンはサポートされません。スナップショットは、特定の時点における仮想マシンの状態を取得するための短期的なソリューションとしては便利ですが、長期的な仮想マシンのバックアップには適しません。

  • VMware では、Raw ディスク、RDM 物理モード ディスク、または iSCSI イニシエータをゲストで使用するゲスト OS のスナップショットはサポートしていません。
  • 独立ディスク搭載の仮想マシンのスナップショットを作成する場合は、事前に仮想マシンをパワーオフする必要があります。独立ディスクを搭載したパワーオン状態の仮想マシンは、メモリ スナップショットをサポートできません。
  • 静止スナップショットには、VMware Tools のインストールとゲスト OS のサポートが必要です。
  • スナップショットは、PCI vSphere DirectPath I/O デバイスではサポートされません。
  • VMware では、バスの共有が設定された仮想マシンのスナップショットはサポートしていません。バスの共有が必要な場合は、代替案として、ゲスト OS でバックアップ ソフトウェアを実行することを検討してください。現在、仮想マシンにスナップショットがあるためにバスの共有が構成できない場合は、スナップショットを削除 (統合) してください。
  • スナップショットは、ディスクの特定の時点におけるイメージを提供し、バックアップ ソリューションで使用することも可能ですが、バックアップやリカバリに適した方法として用意されているわけではありません。仮想マシンを含むファイルが失われると、そのスナップショット ファイルも失われます。さらに、大量のスナップショットは管理が難しく、ディスク容量を大量に使用します。また、ハードウェア障害が発生した場合には保護されません。
  • スナップショットは、仮想マシンのパフォーマンスを低下させる可能性があります。パフォーマンスがどの程度低下するかは、スナップショットまたはスナップショット ツリーの保存期間、ツリーの深度、およびスナップショット作成以降に仮想マシンとそのゲスト OS が変更された頻度に基づいて異なります。さらに、仮想マシンがパワーオン状態になるまでにかかる時間が長くなる場合があります。本番環境の仮想マシンを常時スナップショットから実行することは避けてください。
  • 仮想マシンに 2 TB を超える大きさの仮想ハード ディスクがある場合、スナップショットの操作は完了までの時間が大幅に長くなります。

VMware Host Client での仮想マシンのスナップショットの作成

仮想マシンのスナップショットを 1 つ以上作成して、スナップショット作成時の仮想マシンの設定状態、ディスク状態、およびメモリ状態を取得できます。スナップショットを作成する場合は、仮想マシンのファイルを静止したり、仮想マシン ディスクをスナップショットから除外することもできます。仮想マシンの電源がオン、オフ、サスペンドのいずれの場合でもスナップショットを作成できます。サスペンド状態の仮想マシンのスナップショットを作成するには、サスペンド処理が終了するまで待ってから、スナップショットを作成します。

スナップショットの作成時に、仮想マシンでほかのアクティビティが実行されていると、そのスナップショットに戻すときに、そのアクティビティがスナップショット プロセスに影響を与える可能性があります。ストレージの観点から言うと、スナップショットを作成するのに最も適したタイミングは、I/O の負荷があまり大きくないときです。サービスの観点から言うと、仮想マシン内のアプリケーションがほかのコンピュータと通信していないときにスナップショットを作成するのが最適です。仮想マシンがほかのコンピュータと通信しているとき、特に本番環境にある場合、問題が起こる可能性が高くなります。たとえば、仮想マシンがネットワーク上のサーバからファイルをダウンロードしているときにスナップショットを作成する場合、仮想マシンはファイルのダウンロードを継続し、サーバに進捗状況を通知します。そのスナップショットに戻すと、仮想マシンとサーバ間の通信は混乱し、ファイルの転送は失敗します。実行しているタスクによっては、メモリ スナップショットを作成したり、仮想マシンのファイル システムを静止したりできます。

メモリ スナップショット
スナップショット作成のデフォルトの設定です。仮想マシンのメモリの状態を取得する場合、スナップショットは仮想マシンのライブ状態を維持します。メモリ スナップショットでは、稼働中のソフトウェアをアップグレードするときなど、ある特定の時点でのスナップショットが作成されます。メモリ スナップショットを作成しておけば、アップグレードが予想どおりに完了しなかったとき、またはソフトウェアが期待に沿うものでなかったときに、仮想マシンを元の状態に戻すことができます。

メモリ状態の取得時に仮想マシンのファイルを静止させる必要はありません。メモリの状態を取得しない場合、スナップショットは仮想マシンのライブ状態を保存せず、ディスクは、静止しないかぎりクラッシュ時の整合性を保ちます。

仮想マシンのメモリ状態をキャプチャするスナップショットは、完了するまでに時間がかかります。ネットワークによっては、瞬間的に中断が生じる場合もあります。

静止スナップショット
仮想マシンを静止する場合、VMware Tools によって仮想システム内のファイル システムが静止されます。静止操作により、スナップショット ディスクはゲスト ファイル システムの一貫した状態を表します。静止操作によって、仮想マシン上で実行中のプロセス(特にリストア操作中、ディスク上に格納される情報を変更する場合があるプロセス)の状態が一時停止または変更されます。静止スナップショットは、自動バックアップや定期バックアップに適しています。たとえば、仮想マシンのアクティビティを把握していなくとも、最新の復元用バックアップが欲しいという場合に、ファイルを静止することができます。

仮想マシンがパワーオフ状態の場合、または VMware Tools を使用できない場合は、Quiesce パラメータは使用できません。大容量ディスクがある仮想マシンを静止させることはできません。

IDE ディスクまたは SATA ディスクが存在する仮想マシンでは、アプリケーションの整合性を保つ静止はサポートされていません。

重要: 唯一の、または長期的なバックアップ ソリューションとしてスナップショットを使用しないでください。
注: ダイナミック ディスク(Microsoft 固有のディスク タイプ)のスナップショットを作成すると、スナップショット テクノロジーによってファイル システムは静止状態が保持されますが、アプリケーションの静止状態は保持されません。

前提条件

  • ディスク モードが異なる複数のディスクを持つ仮想マシンのメモリのスナップショットを作成している場合、仮想マシンがパワーオフ状態であることを確認します。たとえば、独立型ディスクが必要になる特別な構成の場合、スナップショットを作成する前に仮想マシンをパワーオフする必要があります。
  • 仮想マシンのメモリ状態を取得するには、仮想マシンがパワーオン状態であることを確認します。
  • 仮想マシン ファイルを静止するには、仮想マシンがパワーオン状態であり、VMware Tools がインストールされていることを確認します。
  • 仮想マシン上で 仮想マシン.スナップショット管理.スナップショットの作成の権限があることを確認します。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で [仮想マシン] をクリックします。
  2. リスト内の仮想マシンを右クリックし、[スナップショット] > [スナップショットの作成] の順に選択します。
  3. スナップショットの名前を入力します。
  4. (オプション) スナップショットの説明を入力します。
  5. (オプション) 仮想マシンのメモリを取得する場合は、[仮想マシンのメモリのスナップショット] チェック ボックスを選択します。
  6. (オプション) [仮想マシンのメモリのスナップショット] を選択解除し、[静止ゲスト ファイル システム(VMware Tools のインストールが必要)] チェック ボックスを選択してゲスト OS 上で実行中のプロセスを停止すると、スナップショットの作成時にファイル システムの内容を既知の整合性のある状態にすることができます。
    仮想マシンがパワーオン状態であり、仮想マシンのメモリを取得する必要がない場合にのみ、仮想マシン ファイルを静止してください。
  7. [スナップショットの作成] をクリックします。

VMware Host Client での最新のスナップショットへの復帰

仮想マシンを元の状態に戻す、またはスナップショット階層内の別のスナップショットに戻すには、スナップショットをリストアします。

スナップショットをリストアすると、仮想マシンのメモリ、設定、および仮想マシン ディスクの状態がスナップショット作成時の状態に戻ります。仮想マシンの起動時に、仮想マシンをサスペンド状態、パワーオン状態、パワーオフ状態のいずれかにするには、その状態でスナップショットを作成する必要があります。

スナップショットは、次の方法でリストアできます。
[最新のスナップショットに戻す]
[現在の場所] の位置から階層内で 1 つ上のレベルに親スナップショットをリストアします。 [最新のスナップショットに戻す] を使用すると、仮想マシンの現在の状態の親スナップショットが起動します。
[戻す]
スナップショット ツリー内の任意のスナップショットをリストアし、そのスナップショットを、仮想マシンの現在の状態の親スナップショットにすることができます。このポイント以降でスナップショットを作成すると、スナップショット ツリーに新しい分岐が作成されます。

スナップショットをリストアすると、次のような影響が及ぼされます。

  • 現在のディスクおよびメモリの状態は破棄され、仮想マシンは、親スナップショットのディスクおよびメモリの状態に戻ります。
  • 既存のスナップショットは移動されません。これらのスナップショットはいつでもリストアできます。
  • スナップショットにメモリ状態が含まれている場合、仮想マシンはスナップショットを作成したときの電源状態と同じ状態になります。
    表 1. スナップショットをリストアした後の仮想マシンの電源状態
    親スナップショット作成時の仮想マシンの状態 リストア後の仮想マシンの状態
    パワーオン状態 (メモリを含む) 親スナップショットに戻り、仮想マシンはパワーオンになって、実行されます。
    パワーオン状態 (メモリは含まない) 親スナップショットに戻り、仮想マシンはパワーオフになります。
    パワーオフ状態 (メモリは含まない) 親スナップショットに戻り、仮想マシンはパワーオフになります。

特定のタイプのワークロードを実行している仮想マシンの場合、スナップショットから復帰して操作がレジュームされるまで数分かかる場合があります。

注: vApp にある仮想マシンの vApp メタデータは、仮想マシン構成のスナップショットのセマンティックに従っていません。このため、スナップショット作成後に削除、変更、または定義された vApp プロパティは、仮想マシンがそのスナップショット、またはそれ以前のスナップショットに戻されてもそのまま (削除、変更、または定義されたまま) となります。

前提条件

その仮想マシンに対する仮想マシン.スナップショット管理.スナップショットに戻す権限を持っていることを確認します。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で [仮想マシン] をクリックします。
  2. リストの仮想マシンを右クリックし、[スナップショット] > [スナップショットのリストア] の順に選択します。
    注: スナップショットに保存しない限り、仮想マシンの現在の状態は失われます。
  3. [リストア] をクリックして、仮想マシンを最新のスナップショットに戻します。

VMware Host Client での、スナップショットの削除

スナップショット マネージャを使用して、1 つのスナップショットを削除するか、ツリー内のすべてのスナップショットを削除できます。スナップショットを削除すると、そのスナップショットはスナップショット マネージャから消去されます。スナップショット ファイルは、統合されてスナップショット ディスクに書き込まれ、仮想マシンのベース ディスクにマージされます。

スナップショットを削除しても、仮想マシンや別のスナップショットは変更されません。スナップショットを削除すると、スナップショットと前回のディスク状態との差分が統合され、削除されたスナップショットに関する情報が含まれている差分ディスクのすべてのデータが親ディスクに書き込まれます。ベース親スナップショットを削除すると、すべての変更内容は、ベース仮想マシン ディスクにマージされます。

スナップショットを削除するには、大量の情報を読み取り、ディスクに書き込む必要があります。そのプロセスにより、統合が完了するまで、仮想マシンのパフォーマンスが低下する可能性があります。スナップショットを統合すると冗長ディスクが削除されます。これにより、仮想マシンのパフォーマンスが向上し、ストレージ容量を節約できます。スナップショットの削除とスナップショット ファイルの統合にかかる時間は、最後にスナップショットを作成してからゲスト OS が仮想ディスクに書き込むデータの量によって異なります。必要な時間は、統合中に仮想マシンが書き込むデータの量に比例します (仮想マシンがパワーオン状態の場合)。

ディスクの統合に失敗すると、仮想マシンのパフォーマンスが低下する可能性があります。リストを表示して、統合操作を別途実行する必要がある仮想マシンがあるかどうかを確認できます。複数の仮想マシンの統合状態を表示して判別し、統合操作を別途実行する方法については、vSphere の仮想マシン管理を参照してください。

[削除]
スナップショット ツリーから 1 つの親スナップショットまたは子スナップショットを削除するには、 [削除] オプションを使用します。 [削除] オプションでは、スナップショットの状態と以前のディスク状態との差分が親スナップショットに書き込まれます。
注: 1 つのスナップショットを削除する場合、仮想マシンの現在の状態は保持され、その他のスナップショットに影響はありません。
[削除] オプションを使用して、破損したスナップショットとそのファイルを、親スナップショットにマージせずに、スナップショット ツリーの破棄された分岐から削除することもできます。
[すべて削除]
スナップショット マネージャからすべてのスナップショットを削除するには、 [すべて削除] オプションを使用します。 [すべて削除] オプションでは、スナップショットと前回の差分ディスクの状態との差分が統合されてベース親ディスクに書き込まれ、ベース仮想マシン ディスクにマージされます。

アップデートやインストールに失敗した場合などに、スナップショット ファイルが親スナップショットとマージされないようにするには、まず [リストア] コマンドを使用して、前回のスナップショットにリストアします。この操作により、スナップショットの差分ディスクが無効にされ、メモリ ファイルが削除されます。続いて、[削除] オプションを使用して、スナップショットとそれに関連するファイルを削除します。

必要なスナップショットを誤って削除しないように注意してください。削除したスナップショットをリストアすることはできません。たとえば、a、b、c の複数のブラウザをインストールする必要があり、各ブラウザのインストール後に仮想マシンの状態を取得するとします。最初のスナップショット (またはベース スナップショット) にはブラウザ a を含む仮想マシンが取得され、2 番目のスナップショットにはブラウザ b が取得されます。ブラウザ a を含むベース スナップショットをリストアし、ブラウザ c を含む 3 番目のスナップショットを取得し、ブラウザ b を含むスナップショットを削除した場合、ブラウザ b を含む仮想マシンの状態に戻ることはできません。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で [仮想マシン] をクリックします。
  2. リストの仮想マシンを右クリックし、[スナップショット] > [スナップショットの管理] の順に選択します。
  3. 削除するスナップショットをクリックし、[スナップショットの削除] をクリックします。
  4. (オプション) [スナップショットの削除] ダイアログ ボックスで [すべての子スナップショットを削除します。] チェック ボックスを有効にして、選択したスナップショットと、そのすべての子スナップショットを削除します。
  5. [削除] をクリックし、削除することを確認します。
  6. [閉じる] をクリックしてスナップショット マネージャから移動します。

スナップショットの削除

スナップショットを削除すると、そのスナップショットはスナップショット マネージャから消去されます。スナップショット ファイルは、統合されてスナップショット ディスクに書き込まれ、仮想マシンのベース ディスクにマージされます。

スナップショットを削除しても、仮想マシンや別のスナップショットは変更されません。スナップショットを削除すると、スナップショットと前回のディスク状態との差分が統合され、削除されたスナップショットに関する情報が含まれている差分ディスクのすべてのデータが親ディスクに書き込まれます。ベース親スナップショットを削除すると、すべての変更内容は、ベース仮想マシン ディスクにマージされます。

スナップショットを削除するには、大量の情報を読み取り、ディスクに書き込む必要があります。そのプロセスにより、統合が完了するまで、仮想マシンのパフォーマンスが低下する可能性があります。スナップショットを統合すると冗長ディスクが削除されます。これにより、仮想マシンのパフォーマンスが向上し、ストレージ容量を節約できます。スナップショットの削除とスナップショット ファイルの統合にかかる時間は、最後にスナップショットを作成してからゲスト OS が仮想ディスクに書き込むデータの量によって異なります。必要な時間は、統合中に仮想マシンが書き込むデータの量に比例します (仮想マシンがパワーオン状態の場合)。

ディスクの統合に失敗すると、仮想マシンのパフォーマンスが低下する可能性があります。リストを表示して、統合操作を別途実行する必要がある仮想マシンがあるかどうかを確認できます。複数の仮想マシンの統合状態を表示して判別し、統合操作を別途実行する方法については、vSphere の仮想マシン管理 を参照してください。

[削除]
スナップショット ツリーから 1 つの親スナップショットまたは子スナップショットを削除するには、 [削除] オプションを使用します。 [削除] オプションでは、スナップショットの状態と以前のディスク状態との差分が親スナップショットに書き込まれます。
注: 1 つのスナップショットを削除する場合、仮想マシンの現在の状態は保持され、その他のスナップショットに影響はありません。
[削除] オプションを使用して、破損したスナップショットとそのファイルを、親スナップショットにマージせずに、スナップショット ツリーの破棄された分岐から削除することもできます。
[すべて削除]
スナップショット マネージャからすべてのスナップショットを削除するには、 [すべて削除] オプションを使用します。 [すべて削除] オプションでは、スナップショットと前回の差分ディスクの状態との差分が統合されてベース親ディスクに書き込まれ、ベース仮想マシン ディスクにマージされます。

アップデートやインストールに失敗した場合などに、スナップショット ファイルが親スナップショットとマージされないようにするには、まず [リストア] コマンドを使用して、前回のスナップショットにリストアします。この操作により、スナップショットの差分ディスクが無効にされ、メモリ ファイルが削除されます。続いて、[削除] オプションを使用して、スナップショットとそれに関連するファイルを削除します。

VMware Host Client でスナップショット マネージャを使用する理由

仮想マシンのすべてのスナップショットを表示し、スナップショット マネージャを使用してそれらのスナップショットを管理することができます。

スナップショットを作成した後で、仮想マシンを右クリックし、[スナップショットに戻す] をクリックすると、その仮想マシンをスナップショットの状態にいつでも戻すことができます。

一連のスナップショットがある場合は、スナップショット マネージャを使用して、任意の親スナップショットまたは子スナップショットをリストアできます。リストアされたスナップショットから作成される子スナップショットにより、スナップショット ツリーの分岐が作成されます。ツリーからスナップショットを削除するには、スナップショット マネージャを使用します。

表 2. スナップショット マネージャ
オプション 説明

スナップショット ツリー

仮想マシンのすべてのスナップショットが表示されます。

[現在地点] アイコン

[現在点] アイコンは、仮想マシンの現在のアクティブな状態を表します。

[リストア][削除]、および [編集] の各アクションは、[現在点] 状態では無効になります。

[取得][リストア][削除][編集]

スナップショットのオプション。

詳細

スナップショットの名前と説明、スナップショットの作成日を表示します。コンソールには、スナップショット作成時の仮想マシンの電源状態が表示されます。スナップショットを選択していない場合、[名前]、[説明]、[作成] テキスト ボックスは空です。