ESXi のネットワーク機能では、同一ホスト上の仮想マシン間、異なるホスト上の仮想マシン間、他の仮想マシンおよび物理マシン間の通信が可能になります。

このネットワーク機能では、ESXi ホストの管理も可能で、VMkernel サービス(NFS、iSCSI、vSphere vMotion など)と物理ネットワーク間の通信も可能になります。仮想マシンのネットワークを構成するときは、アダプタ タイプ、ネットワーク接続、および仮想マシンをパワーオンしたときにネットワークに接続するかどうかを選択、または変更します。

ネットワーク アダプタの基本

仮想マシンを構成するときに、ネットワーク アダプタ (NIC) を追加し、アダプタ タイプを指定できます。

ネットワーク アダプタ タイプ

ネットワーク アダプタのタイプは、次の要因を条件として利用可能になります。

  • 仮想マシンの互換性。これは、仮想マシンを作成したホスト、または最近仮想マシンを更新したホストに依存します。
  • 仮想マシンの互換性が、現在のホストの最新バージョンに更新されているかどうか。
  • ゲスト OS。

現在サポートされている NIC は、オンプレミス環境と VMware Cloud on AWS とで異なります。オンプレミス環境では、次の NIC タイプがサポートされています。

E1000E
Intel 82574 ギガビット イーサネット NIC のエミュレート バージョンです。E1000E は、Windows 8 および Windows Server 2012 のデフォルト アダプタです。
E1000
Intel 82545EM ギガビット イーサネット NIC のエミュレート バージョンです。Windows XP 以降および Linux バージョン 2.4.19 以降を含む、ほとんどの新しいゲスト OS で利用可能なドライバを備えています。
Flexible
仮想マシンの起動時には Vlance アダプタとして認識されますが、初期化され、Vlance アダプタまたは VMXNET アダプタとして機能します (初期化するドライバによる)。VMware Tools がインストールされていると、VMXNET ドライバは Vlance アダプタを高パフォーマンスの VMXNET アダプタに変更します。
Vlance
AMD 79C970 PCnet32 LANCE NIC のエミュレート バージョンです。32 ビット レガシー ゲスト OS で利用可能なドライバを備えた旧型の 10 Mbps NIC です。このネットワーク アダプタで構成された仮想マシンは、すぐにそのネットワークを使用できます。
VMXNET
仮想マシンのパフォーマンス向けに最適化されています。物理的にこれに対応するものはありません。オペレーティング システム ベンダーはこのカード用の組み込みドライバを提供していないため、VMware Tools をインストールして、VMXNET ネットワーク アダプタを利用するためのドライバを取得する必要があります。
VMXNET 2 (拡張)
VMXNET アダプタを基盤としていますが、最近のネットワークで一般的に使用される高パフォーマンス機能 (ジャンボ フレームやハードウェア オフロードなど) を提供します。VMXNET 2 (拡張) は、ESX/ ESXi 3.5 以降にある一部のゲスト OS でのみ使用可能です。
VMXNET 3
パフォーマンス向上のために設計された、準仮想化 NIC です。VMXNET 3 は VMXNET 2 で使用可能なすべての機能を提供し、さらに、マルチキュー サポート (Windows では Receive Side Scaling とも呼ばれる)、IPv6 オフロード、および MSI/MSI-X 割り込み配信などのいくつかの新機能も提供します。VMXNET 3 は VMXNET または VMXNET 2 を基盤にしていません。
PVRDMA

OFED Verbs API を介して仮想マシン間のリモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) をサポートする準仮想化 NIC。すべての仮想マシンに PVRDMA デバイスが必要で、分散スイッチに接続されている必要があります。PVRDMA は VMware vSphere vMotion およびスナップショット テクノロジーをサポートします。ハードウェア バージョン 13 およびゲスト OS の Linux カーネル 4.6 以降の仮想マシンで利用可能です。

仮想マシンへの PVRDMA ネットワーク アダプタの割り当てについては、『vSphere のネットワーク』ドキュメントを参照してください。

SR-IOV パススルー
SR-IOV をサポートする物理 NIC の仮想機能 (VF) の表現。仮想マシンと物理アダプタは、VMkernel を中継せずにデータを交換します。このアダプタ タイプは、遅延によって障害が発生したり、必要な CPU リソースが増加したりする可能性のある仮想マシンに適しています。

SR-IOV パススルーは、ESXi 6.0 以降の場合に Red Hat Enterprise Linux 6 以降および Windows Server 2008 R2 SP2 のゲスト OS で使用できます。オペレーティング システム リリースには特定の NIC のデフォルトの VF ドライバが装備されている場合がありますが、それ以外では NIC またはホストのベンダーが指定した場所からドライバをダウンロードし、インストールする必要があります。

SR-IOV パススルー ネットワーク アダプタを仮想マシンに割り当てる方法の詳細については、『vSphere のネットワーク』 ドキュメントを参照してください。

ネットワーク アダプタの互換性に関する考慮事項については、http://www.vmware.com/resources/compatibilityの 『VMware 互換性ガイド』 を参照してください。

レガシー ネットワーク アダプタと ESXi の仮想ハードウェア バージョン

すべてのレガシー仮想マシンのデフォルトのネットワーク アダプタ タイプは、アダプタの使用可否、ゲスト OS との互換性、および仮想マシンが作成された仮想ハードウェアのバージョンに応じて変わります。

仮想ハードウェア バージョンを使用する仮想マシンをアップグレードしない場合、アダプタの設定は変更されません。最新の仮想ハードウェアを活用できるよう仮想マシンをアップグレードすると、デフォルトのアダプタ設定が変更されてゲスト OS およびアップグレードされたホスト ハードウェアと互換性を持つようになる場合があります。

サポートされているゲスト OS で使用可能な、vSphere ESXi の特定のバージョン向けのネットワーク アダプタを確認するには、『VMware 互換性ガイド』(http://www.vmware.com/resources/compatibility) を参照してください。

ネットワーク アダプタおよびレガシー仮想マシン

レガシー仮想マシンは、使用中の製品でサポートされる仮想マシンですが、その製品にとって最新の仮想マシンではありません。すべてのレガシー仮想マシンのデフォルトのネットワーク アダプタ タイプは、アダプタの使用可否、ゲスト OS との互換性、および仮想マシンが作成された仮想ハードウェアのバージョンに応じて変わります。

仮想マシンをアップグレードして ESXi ホストの新しいアップグレード バージョンと対応させなければ、アダプタ設定は変わりません。最新の仮想ハードウェアを活用できるよう仮想マシンをアップグレードすると、デフォルトのアダプタ設定が変更されてゲスト OS およびアップグレードされたホスト ハードウェアと互換性を持つようになる場合があります。

サポートされているゲスト OS で使用可能な、vSphere ESXi の特定のバージョン向けのネットワーク アダプタを確認するには、『VMware 互換性ガイド』(http://www.vmware.com/resources/compatibility) を参照してください。

VMware Host Clientでの、仮想ネットワーク アダプタの構成の変更

仮想マシンの仮想ネットワーク アダプタについて、パワーオン接続設定、MAC アドレス、およびネットワーク接続を変更できます。

前提条件

必要な権限:

  • 仮想マシン.構成.デバイス設定の変更(MAC アドレスおよびネットワークの編集用)。
  • 仮想マシン.相互作用.デバイス接続[接続] および [パワーオン時に接続] の変更用)。
  • ネットワーク.ネットワークの割り当て

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で [仮想マシン] をクリックします。
  2. リスト内の仮想マシンを右クリックし、ポップアップ メニューから [設定の編集] を選択します。
  3. [仮想ハードウェア] タブをクリックし、ハードウェア リストから該当するネットワーク アダプタ (NIC) を選択します。
  4. (オプション) 仮想マシンのパワーオンの状態で仮想 NIC を接続する場合は、[パワーオン時に接続] を選択します。
  5. (オプション) [アダプタ タイプ] ドロップダウン メニューからアダプタ タイプを選択します。
  6. MAC アドレス構成のオプションを選択します。
    オプション 説明
    自動

    vSphere により、MAC アドレスが自動的に割り当てられます。

    手動

    使用する MAC アドレスを入力します。

  7. [[保存]] をクリックします。

VMware Host Client での、仮想マシンへのネットワーク アダプタの追加

ネットワーク アダプタ (NIC) を仮想マシンに追加する場合は、アダプタ タイプやネットワーク接続を選択し、仮想マシンのパワーオン時にデバイスを接続するかどうかを選択する必要があります。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で [仮想マシン] をクリックします。
  2. リスト内の仮想マシンを右クリックし、ポップアップ メニューから [設定の編集] を選択します。
  3. [仮想ハードウェア] タブをクリックし、[ネットワーク アダプタの追加] をクリックします。
  4. ネットワーク接続パネルで、特定のラベルが付いたネットワークまたはレガシー ネットワークを選択します。
  5. (オプション) 仮想マシンのパワーオン時に仮想 NIC を接続するように構成するには、[パワーオン時に接続] を選択します。
  6. [[保存]] をクリックします。