vSphere ClientVMware Host Client、または esxcli system syslog コマンドを使用して syslog サービスを構成できます。

esxcli system syslog コマンドや他の ESXCLI コマンドの使用方法の詳細については、『ESXCLI スタート ガイド』を参照してください。各リモート ホストの仕様で指定されたポート向けに ESXi のファイアウォールを開く方法の詳細については、を参照してください。

手順

  1. vSphere Client インベントリで、ホストに移動して参照します。
  2. [構成] をクリックします。
  3. [システム] メニューの [システムの詳細設定] をクリックします。
  4. [編集] をクリックします。
  5. syslog でフィルタリングします。
  6. ログ作成をグローバルに設定し、さまざまな詳細設定を構成するには、ESXi Syslog のオプションを参照してください。
  7. (オプション) 任意のログで、デフォルトのログ サイズとログ ローテーションを上書きします。
    1. カスタマイズするログの名前をクリックします。
    2. ローテーション数とログ サイズを入力します。
  8. [OK] をクリックします。

結果

Syslog オプションの変更が有効になります。
注: vSphere Client または VMware Host Client を使用して定義された Syslog パラメータの設定は、すぐに有効になります。ただし、ESXCLI を使用して定義されたほとんどの設定を有効にするには、追加のコマンドを実行する必要があります。詳細については、 ESXi Syslog のオプションを参照してください。