vSphere Lifecycle Manager イメージを使用して、クラスタ内の ESXi ホストに対してファームウェアの更新を実行できます。1 回の操作でホストのソフトウェアとファームウェアの両方が更新されます。

以前の vSphere リリースでは、システム管理のベースラインを使用して、vSAN クラスタに対してファームウェアの更新を実行することができました。vSAN 以外のクラスタの場合、ファームウェアの更新は手動で行う必要がありました。

vSphere Lifecycle Manager を使用すると、単一イメージで管理するすべてのクラスタでファームウェアを簡単に更新することができます。ベースラインを使用して管理しているクラスタでは、ファームウェアの更新は使用できません。

単一のイメージで管理するクラスタ内のホストにファームウェアの更新を適用するには、特別なタイプのアドオンであるファームウェアおよびドライバのアドオンをイメージに含め、そのイメージをすべてのホストに適用するようにクラスタを修正する必要があります。ファームウェアとドライバのアドオンは、ベンダーが提供するアドオンであり、ファームウェアの更新パッケージをカプセル化するコンポーネントが含まれています。ファームウェアとドライバのアドオンには、必要なドライバが含まれていることがあります。

ベンダー アドオンとは異なり、ファームウェアとドライバのアドオンは、公式の VMware オンライン デポを通じて配布されることも、my.vmware.com から入手可能なオフライン バンドルとして配布されることもありません。特定のハードウェア ベンダーのファームウェアの更新は、ハードウェア サポート マネージャと呼ばれるソフトウェア モジュールを通じてアクセスする、ベンダーの特別なデポで入手できます。ハードウェア サポート マネージャは、それ自体を vCenter Server 拡張機能として登録するプラグインです。各ハードウェア ベンダーは、vSphere と統合される個別のハードウェア サポート マネージャを提供し、管理します。単一のイメージを使用して管理するクラスタごとに、クラスタにファームウェアの更新を提供するハードウェア サポート マネージャを選択します。クラスタで使用するハードウェア サポート マネージャを決定すると、使用可能なファームウェアの更新のリストがハードウェア サポート マネージャによって表示されます。ファームウェア アドオンを選択してイメージに含めると、そのアドオンによってコンポーネントが追加または削除され、指定したイメージが変更される可能性があります。ファームウェア アドオンは、ホストにインストールされるファームウェアのバージョンも定義します。修正時、vSphere Lifecycle Manager はホストにイメージを適用し、選択したハードウェア サポート マネージャに対して、イメージで指定されたファームウェア アドオンに従ってホストのファームウェアを更新するように要求します。

ハードウェア サポート マネージャを選択し、イメージにファームウェア アドオンを含めると、コンプライアンス チェックの際に vSphere Lifecycle Manager はクラスタのファームウェア コンプライアンスも判断します。そのため、不適切な誤差を簡単に検出して修正することができます。また、ハードウェア サポート マネージャには、ホスト ハードウェア上のファームウェアのバージョンを取得する役割もあり、場合によっては、更新されたファームウェアのバージョンに適したドライバを特定します。

vSAN クラスタの場合、ハードウェア サポート マネージャはクラスタ内のホストを検査して、現在の I/O デバイス コントローラとファームウェアを判断します。クラスタのハードウェア互換性チェックでは、vSphere Lifecycle ManagervSAN ハードウェア互換性リスト (vSAN HCL) を基準にすることにより、イメージ内のファームウェアにクラスタ内のハードウェアとの互換性があるかどうかをチェックします。ハードウェア互換性チェックにより、vSphere Lifecycle Manager がクラスタを修正してすべてのホストにイメージを適用するときに、ホスト上のファームウェアとドライバが vSAN で問題なく使用できるかどうかが認定されます。

DPU デバイスでのファームウェアの更新

DPU ベースの環境では、サーバ ベンダーに統合ハードウェア サポート マネージャがある場合にのみ、vSphere Lifecycle Manager 修正操作を使用してホストの DPU デバイス上のファームウェアを更新できます。ハードウェア サポート マネージャを提供しないサーバの場合、ファームウェアの更新は手動で行います。

ハードウェア サポート マネージャのデプロイ

ハードウェア サポート マネージャ プラグインのデプロイ方法および管理は、OEM ごとに異なります。

主要な OEM の中には、ハードウェア サポート マネージャ プラグインを開発して提供しているものがあります。例:
  • Dell

    Dell が提供するハードウェア サポート マネージャは、アプライアンスとしてデプロイされるホスト管理ソリューション OpenManage Integration for VMware vCenter (OMIVV) の一部です。

  • HPE

    HPE が提供するハードウェア サポート マネージャは、アプライアンスとしてデプロイされる管理ツール(iLO Amplifier および OneView)の一部です。

  • Lenovo

    Lenovo が提供するハードウェア サポート マネージャは、アプライアンスとしてデプロイされるサーバ管理ソリューション Lenovo xClarity Integrator for VMware vCenter の一部です。

  • Hitachi

    Hitachi によって提供されているハードウェア サポート マネージャである Hitachi Unified Compute Platform Advisor は、Hitachi のすべてのコンバージド システム、ハイパーコンバージド システムおよび統合システム向けのインフラストラクチャ自動化および管理ソフトウェアで、アプライアンスとしてデプロイされます。

VMware 認定のすべてのハードウェア サポート マネージャの完全なリストについては、VMware 互換性ガイド ( https://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php?deviceCategory=hsm) を参照してください。

ハードウェア サポート マネージャのデプロイと設定

いずれのハードウェア ベンダーでも、ハードウェア サポート マネージャ アプライアンスは十分なメモリ、ストレージ、および処理リソースのあるホストにデプロイする必要があります。通常、ハードウェア サポートマネージャ アプライアンスは、OVF または OVA テンプレートとして配布されます。これらは、任意の vCenter Server サーバ上の任意のホストにデプロイできます。

アプライアンスをデプロイしたら、アプライアンス仮想マシンをパワーオンし、アプライアンスを vCenter Server の拡張機能として登録する必要があります。管理者としてアプライアンスにログインしなければならない場合があります。各ハードウェア サポート マネージャは、1 つのシステムに登録することも、複数の vCenter Server システムに登録することも可能です。

ハードウェア サポート マネージャ アプライアンスをデプロイした後に、vSphere ClientvCenter Server プラグインのユーザー インターフェイスが使用可能になることがありますが、ハードウェア サポート マネージャに独自のユーザー インターフェイスがある場合があります。たとえば、OMIVV、iLO Amplifier、Lenovo xClarity Integrator for VMware vCenter にはすべて vCenter Server プラグイン ユーザー インターフェイスが備わっていて、それぞれのハードウェア サポート マネージャを構成して使用するのに役立ちます。

各ハードウェア サポート マネージャには、実際のファームウェア パッケージを管理し、ファームウェア アドオンの選択を可能にする独自のメカニズムがあります。

ハードウェア サポート マネージャと vSphere Lifecycle Manager を正常に統合するには、ハードウェア サポート マネージャに特定の設定が必要になる場合があります。たとえば、OMIVV では、最初に接続プロファイルを作成する必要があります。その後、クラスタ プロファイルを作成し、クラスタに関連付けてから、Dell のファームウェア アドオンをそのクラスタのイメージに追加する必要があります。

ハードウェア サポート マネージャのデプロイ、設定、および管理の詳細については、それぞれの OEM が提供するドキュメントを参照してください。

ファームウェア アップデートのためのイメージの使用

vSphere Lifecycle Manager を使用すると、単一のイメージを使用して管理するクラスタに含まれる ESXi ホスト上でファームウェア ライフサイクルを管理できます。

前提条件

  • ベンダーが提供するハードウェア サポート マネージャをデプロイし、vCenter Server 拡張機能として登録します。ハードウェア サポート マネージャのデプロイおよび管理の詳細については、それぞれの OEM のドキュメントを参照してください。
  • Dell から提供されたハードウェア サポート マネージャを使用する場合は、クラスタ プロファイルを作成して、クラスタに関連付けます。詳細については、OpenManage Integration for VMware vCenter (OMIVV) のドキュメントを参照してください。
  • クラスタ内のすべてのホストが同一ベンダーのものであることを確認します。
  • 適切な権限があることを確認します。イメージを使用するための vSphere Lifecycle Manager の権限を参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、単一のイメージを使用して管理するクラスタに移動します。
  2. [更新] タブで [ホスト] > [イメージ] の順に選択します。
  3. [イメージ] カードで [編集] ボタンをクリックします。
  4. [イメージの編集] カードで、[ファームウェアとドライバのアドオン][選択] をクリックします。
    [ファームウェアとドライバのアドオン] ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. [ファームウェアとドライバのアドオン] ダイアログ ボックスのドロップダウン メニューで、ハードウェア サポート マネージャを選択します。
    選択したハードウェア サポート マネージャは、クラスタ内のホストと同じハードウェア ベンダー製である必要があります。そうでない場合は、コンプライアンス チェック中に、ハードウェア サポート マネージャから、選択したファームウェアとドライバのアドオンが別のベンダー製のホストと互換性がないと報告されます。ファームウェアの修正に失敗します。
    使用可能なすべてのファームウェア アドオンのリストが表示されます。
  6. リストからファームウェア アドオンを選択します。
    右側に情報パネルが表示されます。パネルには、サポートされている ESXi バージョンと、選択したアドオンに必要なドライバが含まれているかどうかに関する情報が表示されます。
  7. [選択] をクリックします。
    選択したファームウェアおよびドライバのアドオンがイメージに含まれます。
  8. [イメージ] カードで、イメージを検証して保存します。
    イメージが保存されると、クラスタに対して、新しいイメージを基準とするコンプライアンス チェックがトリガされます。
  9. [イメージのコンプライアンス] カードで、クラスタと各ホストに対するコンプライアンス チェックの結果を確認します。
  10. クラスタ内のいずれかのホストに、新しいイメージ ファームウェアに準拠していないファームウェアがある場合は、それぞれのホストまたはクラスタを修正します。
    1. (オプション) [イメージのコンプライアンス] カードで修正の事前チェックを実行して、修正が正常に完了していることを確認します。
      • クラスタ内のすべてのホストに事前チェックを実行するには、[事前チェックの実行] ボタンをクリックします。
      • 1 台のホストに事前チェックを実行するには、ホストの縦の省略符号アイコンをクリックして、[事前チェックの実行] を選択します。
    2. [イメージのコンプライアンス] カードで、修正を開始します。
      • クラスタ内のすべてのホストを修正するには、[すべて修正] ボタンをクリックします。

        クラスタの修正中に 1 台のホストの修正に失敗すると、クラスタの修正は途中で終了します。

      • 1 台のホストを修正するには、ホストの縦の省略符号アイコンをクリックして、[修正] を選択します。
    クラスタのイメージをセットアップした直後に、修正を開始する必要はありません。ただし、クラスタのイメージを基準としてホストを修正した場合を除き、ホストには何もインストールされていません。ホストのファームウェアが実際に更新されるのは、修正が正常に完了した後のみです。環境内のオブジェクトは、必要に応じていつでも修正できます。

結果

クラスタ内のホストのファームウェアは、イメージのファームウェア アドオンで指定されているファームウェア バージョンに更新されます。